スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

モデルはみな拒食症なのか

投稿日:

ナオミ・キャンベルは、二〇〇一年五月にイギリスで受けたインタビューでダイエットの意味を定義し直した。ダイエットなんてしたこともないわ。私、何もしなくてもスリムなのよ。ただ、何を食べるかには気をつけなきゃいけないし、食べすぎちゃいけないけど。二〇〇〇年一一月、ラトヴィアのデルフィ誌のインタビュアーが、カルメン・カースにこう尋ねている。ご自分のイメージがよく拒食症、という言葉と結び付けられていることは、おそらくお気づきですよね。

カルメン答えていわく多分、みんな、私がモデルとしては一番大柄なほうだってことを知らないのね。食べなければ、生きて働く力も出てこないでしょ。腹が減っては戦はできぬ。健康な食事が新陳代謝のバランスを保つってわけ。無理をすれば、あとでしっペ返しを食うわよ。ダイエットの意味がよくわかっていないモデルもいるようだ。一九九三年、アンバー・ヴァレッタはピープル誌にこう語った。痩せている娘には、好きで痩せてるわけじゃない子が多いの。たとえば、私の親友のシャロム・ハーロウも細いけど、仕方ないのよ。

ファッショニスタはちゃんと食べている

そういう女の子は大勢いるわ。私はダイエットなんかしない。食べたければチョコレート・ケーキだって食べるわよ(さて、お皿にのったチョコレート・ケーキを平らげるイメージで、アンバーへの風当たりは強まるのか、弱まるのか?)。一九九一年には、好物はケンタッキー・フライド・チキン、マクドナルド、レイズネッツ、マーズ・バー、スニッカーズ、ハーゲンダッツのディープ・チョコレート・ファッジだとピープル誌に話していたはず。

近年では、モデルや女優、ファッショニスタはちゃんと食べているのだと証明することが、多くの雑誌の使命になった感がある。ニューヨーク誌のアナ・ウィンター特集には、彼女がバンズなしのジューシーなレアのバーガー(赤身肉だけどー何てスキャンダラスな!)にかぶりついている写真が登場して話題になったのだった。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

いい加減な関税システムのおかげで

いい加減な関税システムのおかげで、輸入テキスタイルなどの材料も必ずしも到着時にチェックを受けるとは限らず、割当量が決まっていたり課税対象だったりする国の生地でもそのまま入ってきてしまうことがある、とい …

no image

アパレル・メーカーは人件費を削るしかない

一九九九年にメリーマウント大学倫理問題センターが行った調査では、スウェットショップに対して責任があるのは工場だけだと思っている消費者が六五%を占めており、小売業者にも責任があるとする人は一一%にとどま …

no image

労働者の劣悪な環境

工場側は、自宅労働者を雇うことーアメリカでは違法とする州もあるーで、監督者の厳しい目を逃れることも多い。ジョバーが女性たちに裁断した生地の束を渡して、家で縫わせるのだ。こうすれば、家賃、電気代、業務用 …

no image

ウォルマートではなくキャシー・リー自身に非難の矛先が向けられた

キャシー・リーの仕事場マンハッタンのテレビ・スタジオが集まるエリアーの目と鼻の先にあるスウェットショップで、彼女のブランドのブラウス五万枚が完成したばかり。この知らせを受けた彼女は、体調が悪いというコ …

no image

卸売業者や請負業者、バイヤーなど

卸売業者や請負業者、バイヤーなど地元で働く人々がビルの外に出てタバコを吸ったり、ビジネスの話を(大声で)したり、街角の売り子からカバブを買ったり、競合相手の様子をうかがったりしている。マンハッタンのミ …