スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

モデルはみな拒食症なのか

投稿日:

ナオミ・キャンベルは、二〇〇一年五月にイギリスで受けたインタビューでダイエットの意味を定義し直した。ダイエットなんてしたこともないわ。私、何もしなくてもスリムなのよ。ただ、何を食べるかには気をつけなきゃいけないし、食べすぎちゃいけないけど。二〇〇〇年一一月、ラトヴィアのデルフィ誌のインタビュアーが、カルメン・カースにこう尋ねている。ご自分のイメージがよく拒食症、という言葉と結び付けられていることは、おそらくお気づきですよね。

カルメン答えていわく多分、みんな、私がモデルとしては一番大柄なほうだってことを知らないのね。食べなければ、生きて働く力も出てこないでしょ。腹が減っては戦はできぬ。健康な食事が新陳代謝のバランスを保つってわけ。無理をすれば、あとでしっペ返しを食うわよ。ダイエットの意味がよくわかっていないモデルもいるようだ。一九九三年、アンバー・ヴァレッタはピープル誌にこう語った。痩せている娘には、好きで痩せてるわけじゃない子が多いの。たとえば、私の親友のシャロム・ハーロウも細いけど、仕方ないのよ。

ファッショニスタはちゃんと食べている

そういう女の子は大勢いるわ。私はダイエットなんかしない。食べたければチョコレート・ケーキだって食べるわよ(さて、お皿にのったチョコレート・ケーキを平らげるイメージで、アンバーへの風当たりは強まるのか、弱まるのか?)。一九九一年には、好物はケンタッキー・フライド・チキン、マクドナルド、レイズネッツ、マーズ・バー、スニッカーズ、ハーゲンダッツのディープ・チョコレート・ファッジだとピープル誌に話していたはず。

近年では、モデルや女優、ファッショニスタはちゃんと食べているのだと証明することが、多くの雑誌の使命になった感がある。ニューヨーク誌のアナ・ウィンター特集には、彼女がバンズなしのジューシーなレアのバーガー(赤身肉だけどー何てスキャンダラスな!)にかぶりついている写真が登場して話題になったのだった。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

パークと癌の因果関係には否定的

オルソンはパークと癌の因果関係には否定的だ。「パークを使っていたドライ・クリーニング業者の知り合いには、癌で亡くなった人がふたりいます。映画館の経営者だったうちの親父も、やはり八代で癌になって死んでま …

no image

工場の閉鎖、解雇-製造拠点がコスタ・リカに移された

マタと同僚たちは、不審に思いながら、丸テーブルについてじっと待っていた。やがてドアが勢いよく開くと、リーバイスが雇ったケースワーカーが列を成してずんずん入ってきて、各人に包みを渡したー工場が閉鎖される …

no image

労働問題改善を唱えるケイティ・クアン

アパレル系のスウェットショップが二〇世紀における恐竜にならなかった主な理由は、製品自体にある。柔らかい生地を扱うため、製造過程をオートメ化しにくいのだ。ここ四〇年間、インフレのおかげで他分野の賃金はお …

no image

消費者は困った立場に立たされている

一九九六年の調査では、アメリカの部品や労働力を五〇%使用していれば「アメリカ製」だと考えるべきだと答えた消費者は一四%にすぎなかったのだから。自分たちの服がどこから来るのかにっいては、まだまだ学ばなけ …

no image

PWCは労働・環境面の慣習の監視役としては世界最大企業

二〇〇〇年九月、オルーク博士は、〈インディペンデント・ユニバーシティ・イニシアチブ〉の資金提供を受け、プライスウォーターハウス・クーパース社(PWC)の監査の有効性を疑問視する報告書を出している。PW …