ファッション

モデルはみな拒食症なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナオミ・キャンベルは、二〇〇一年五月にイギリスで受けたインタビューでダイエットの意味を定義し直した。ダイエットなんてしたこともないわ。私、何もしなくてもスリムなのよ。ただ、何を食べるかには気をつけなきゃいけないし、食べすぎちゃいけないけど。二〇〇〇年一一月、ラトヴィアのデルフィ誌のインタビュアーが、カルメン・カースにこう尋ねている。ご自分のイメージがよく拒食症、という言葉と結び付けられていることは、おそらくお気づきですよね。

カルメン答えていわく多分、みんな、私がモデルとしては一番大柄なほうだってことを知らないのね。食べなければ、生きて働く力も出てこないでしょ。腹が減っては戦はできぬ。健康な食事が新陳代謝のバランスを保つってわけ。無理をすれば、あとでしっペ返しを食うわよ。ダイエットの意味がよくわかっていないモデルもいるようだ。一九九三年、アンバー・ヴァレッタはピープル誌にこう語った。痩せている娘には、好きで痩せてるわけじゃない子が多いの。たとえば、私の親友のシャロム・ハーロウも細いけど、仕方ないのよ。

ファッショニスタはちゃんと食べている

そういう女の子は大勢いるわ。私はダイエットなんかしない。食べたければチョコレート・ケーキだって食べるわよ(さて、お皿にのったチョコレート・ケーキを平らげるイメージで、アンバーへの風当たりは強まるのか、弱まるのか?)。一九九一年には、好物はケンタッキー・フライド・チキン、マクドナルド、レイズネッツ、マーズ・バー、スニッカーズ、ハーゲンダッツのディープ・チョコレート・ファッジだとピープル誌に話していたはず。

近年では、モデルや女優、ファッショニスタはちゃんと食べているのだと証明することが、多くの雑誌の使命になった感がある。ニューヨーク誌のアナ・ウィンター特集には、彼女がバンズなしのジューシーなレアのバーガー(赤身肉だけどー何てスキャンダラスな!)にかぶりついている写真が登場して話題になったのだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加