スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

モデルはみな拒食症なのか

投稿日:

ナオミ・キャンベルは、二〇〇一年五月にイギリスで受けたインタビューでダイエットの意味を定義し直した。ダイエットなんてしたこともないわ。私、何もしなくてもスリムなのよ。ただ、何を食べるかには気をつけなきゃいけないし、食べすぎちゃいけないけど。二〇〇〇年一一月、ラトヴィアのデルフィ誌のインタビュアーが、カルメン・カースにこう尋ねている。ご自分のイメージがよく拒食症、という言葉と結び付けられていることは、おそらくお気づきですよね。

カルメン答えていわく多分、みんな、私がモデルとしては一番大柄なほうだってことを知らないのね。食べなければ、生きて働く力も出てこないでしょ。腹が減っては戦はできぬ。健康な食事が新陳代謝のバランスを保つってわけ。無理をすれば、あとでしっペ返しを食うわよ。ダイエットの意味がよくわかっていないモデルもいるようだ。一九九三年、アンバー・ヴァレッタはピープル誌にこう語った。痩せている娘には、好きで痩せてるわけじゃない子が多いの。たとえば、私の親友のシャロム・ハーロウも細いけど、仕方ないのよ。

ファッショニスタはちゃんと食べている

そういう女の子は大勢いるわ。私はダイエットなんかしない。食べたければチョコレート・ケーキだって食べるわよ(さて、お皿にのったチョコレート・ケーキを平らげるイメージで、アンバーへの風当たりは強まるのか、弱まるのか?)。一九九一年には、好物はケンタッキー・フライド・チキン、マクドナルド、レイズネッツ、マーズ・バー、スニッカーズ、ハーゲンダッツのディープ・チョコレート・ファッジだとピープル誌に話していたはず。

近年では、モデルや女優、ファッショニスタはちゃんと食べているのだと証明することが、多くの雑誌の使命になった感がある。ニューヨーク誌のアナ・ウィンター特集には、彼女がバンズなしのジューシーなレアのバーガー(赤身肉だけどー何てスキャンダラスな!)にかぶりついている写真が登場して話題になったのだった。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ニューヨークタイムズの特集で一年以上前に起こった事件を認めた

元ハーパース・バザー編集長ケイト・ベッツは、ひと悶着あった末に、ニューヨーク・タイムズ二〇〇二年三月某日の特集で、一年以上前に起こった事件を認めた。キースターは、写真がより正常に見えるように、ウェスト …

no image

マネキンと同じスタイルの女性がいたら痩せすぎ?

多くの摂食障害患者組織が、現代のマネキンと同じプロポーションの女性がいたら痩せすぎで生理も止まってしまうはずだと言っている。もちろん、ニーマン・マーカスのスレンダーなマネキンのそばを通ったからといって …

no image

ファッションメディアや広告、企業による影響

消費者は、トレンドを生み出しては衰退させていくファッション・メディアや広告、企業に躍らされているのです。こう語るのは、カリフォルニア大学リヴァーサイド校の教授として社会学と民族学の教鞭を執る博士。最近 …

no image

ドライクリーニングの環境への影響

「アーカイプス・オブ・エンパイアロンメンタル・ヘルス」誌によれば、一九九〇年代初期パーク汚染された水を飲んだマサチューセッツ住民の場合、白血病のリスクが通常の二倍から八倍、勝跳癌も四倍になったという。 …

no image

サイズがぴったりの服や体がきれいに見える服

ウーライト・ファッション・フォーラムがアンケート調査では、ショッピングで最も難しいのは、サイズがぴったりの服や体がきれいに見える服を見つけることだと回答した女性が半数生っている。だが、問題は、私たちの …