スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

水商売のお姉さんたちを上品だと感心する男達

投稿日:

男たちは、ワンレン・ボディコン・ジャラジャラの水商売のお姉さんたちを、上品だと感心している。思うに、男にとっての女の上品と、女から見た女の上品は、質が違うらしい。男にとって、金のかかった身なり、金のかかったへアとボディが上品と思えるらしい。

男性週刊誌のグラビアでよく、街で見かけたお嬢様とか、お嬢様女子大生の愛車自慢といった特集が組まれている。そのたびに思うのだが、彼女らの何とケバいことか。そのまま夜のお勤めに出しても何もおかしくない。たいがいは、ロングへアーに、ボディコンミニ。爪が長くて、アクセサリーをジャラジャる。

とこが女は、違う。女にとって、上品な女とは、男に瀬を売らない女性のことである。当世流行りのオジョーサマと、水商売の女性の身なりが似ているのは、ここに原因がある。彼女らは、男に娼を売るのが商売だからだ。男の歓心を買うための、男好みの上品さ。そうして、男から金をまきあげてゆく。それが、彼女らの共通点であるといえよう。

水商売のお姉さんたちが買ってる

お嬢様養成女性ファッション誌がある。のぞくと、高価な服ばかり。0Lにはとても買えそうもない輸入物のブランド品ばかり誰が、こんな雑誌を買うのだろうと、ずっと不思議に思っていた。水商売のお姉さんたちが買ってると聞かされ、納得したしだい。

女に美貌ばかり求める男は、育ちが悪い。コンプレックスを虚栄で固めたような性格にきまっている。結婚相手を見ると、その人がわかるということがよくある。へんな男とすごい美女が結婚した場合、この男の株が上がることが多いが、いい男とすごい美女が結婚した場合、彼の値打ちは下がる。これが、世の中の見方のおもしろいところである。

玉の興とは、美女が美貌を武器にのし上がってゆくイメージを私は抱いていた。育ちのいい人間は、鷹揚である。恵まれて育っているので、小さなことは気にしなそれに比べ、成り上がり者は、とかく美女を嫁や愛人にもちたがる。見栄張ることが生きがいの成り上がり者にとって、連れて歩く女は美しくなくてはいけないのだろう。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

恋のワクチンは世の中にあふれ出ている愛の歌

恋ワクチンとは、世の中にあふれ出ている恋愛ドラマ、愛の歌である。彼女らはこれらを通して擬似恋愛体験をする。つまり、それが恋ワクチンなのだ。ワクチンを体内に注入したために、自分はもう、恋を体験したかのよ …

no image

小綺麗な男が増えている

昔はまだ、オシャレをする男の子は、スカーフ野郎と、陰で笑われる存在だった。ところが、今や、もはや笑っている場合ではない。若い男の子は、みな、小ぎれいにアイロンのかかった衣服をまとい、髪をさわやかにブロ …

no image

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラ …

no image

彼女の持ち物をほめるのは簡単ではない

女性の気を引くためにブランドを研究していて、「そのジャケット、アナスイだね」とか「そのバッグ、本物のフェラガモだね」とかやっている男がいる。ご苦労なことだが、そんな男は、女性からすれば「それがどうした …

no image

女に相手にされない男の復讐劇 

先日、久々に、あら、いい男と思える素敵な男性に会ったのだが、聞くところによると、美人の同い年の奥さんがいて、職場に年下のかわいい愛人がいるとのこと、とある女性は語る。いい男に、女は、集中するのである。 …