スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

三井住友銀行フィナンシャルグループなどの業界の構図

投稿日:2019年9月9日 更新日:

三井住友フィナンシャルグループは、規模では三菱・UFJ連合には負けるが、核となる三井住友カードは、持ち株会社内では三井住友銀行と同等の立場で発言力が強い。銀行との強力なタッグでカードサービスの充実に邁進している。みずほフィナンシャルグループは、関係の深いクレディセゾンとの全面提携を選択。カード発行はクレディセゾンでまとめ、UCカードは加盟店開拓やバックヤード部門を担当するといった棲み分けを明確に打ち出した。これはカード会社の合併による時間のロスを避けるためである。

NICOS買収はその典型で、一時はUFJカードとの合併を予定し、UFJニコスカードが誕生する寸前までいった。業界全体が03~04年にかけて再編・統合が加速していたその嵐の中心にいるのがUFJグループ。同グループの戦略は、既存のカード会社との関係を深めたり、買収して、会員数を増やし、その多さで銀行の口座数を増やそうとしていた。

しかし、その思惑もUFJグループの三菱東京フィナンシャルグループとの統合によって崩れ、同グループの傘下に入ることになった。その結果、三菱東京フィナンシャルグループは、数多くのカード会社と消費者金融を抱えることになったのである。

グループの金融商品の販売に活用できるメリットも

クレジットカードなら顧客の購買データが蓄積されるから、それをグループの金融商品の販売に活用できるメリットもある。そのため、各グループともクレジットカードをリテール戦略の中核に組み込もうとしており、金融グループの優劣はカード会社の体力・質が決定するとまでいわれだした。

企業向け貸出しが伸び悩むなかで、個人向け取引(リテール)に向かわざるをえない銀行が、最も頼りとするのが消費者の生活に直結したクレジットカードである。給与振込という入口とショッピング(消費)という出口を押さえることで、個人のお金の流れをトータルに捉えることができる(三井住友カード)。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

みなし弁済の要件合意の有効性

・みなし弁済の合意の有効性 和解の前後を通して全取引履歴につき法定利率で引直計算したところ過払金が発生していました。過去に返済が滞り、その後の分割返済につき貸金業者と和解したことがあります。引直計算を …

no image

架空請求などのトラブルは弁護士会に相談しよう

・弁護士(弁護士会) 最近では、少額訴訟や支払督促といった裁判手続きを使った架空請求もあり、その対応も専門的な法律知識を必要とする場合も少なくありません。弁護士を頼むと、たとえ悪質な業者であっても、借 …

no image

信販系カードは提携カードの数と種類が多いのが特色

2002年には銀行が直接発行する一部のクレジットカード(バンクカードなど)にもリボ、分割払いが認められたために、他系列とのハンディキャップは完全に解消された。これによって、欧米のように銀行が直接クレジ …

no image

全国信用情報センターは全国の33の情報センターによって構成

全国信用情報センター(消費者金融系)は、全国の33の情報センターによって構成されている全国信用情報センター連合会(全情連)の窓口機関。 全国銀行個人信用情報センター(銀行系)は、銀行、信用金庫などの金 …

no image

銀行系カードはカード業界をリード

4大メガバンクをバックに加盟店数、サービスとも充実しているグループがある。銀行系カードを取扱高別にみると、最大手がJCB、次がVISAジャパン(三井住友カード・三井住友FG)、UCカード(みずほフィナ …