スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

ミステリアスな人はモテる

投稿日:

心理学者のバーリン博士は、女性心理を研究しつくしたうえで「男性が女性に好かれるための三つの要素」を発見した。バーリン博士が「美的モデル」と名づける男性は、以下の「三要素」をそなえた男性である。複雑さ(女性が理解しにくい部分がある)新奇性(女性に「今までに会ったことがないタイプ」と思わせる)不調和(女性に「私にはないものを持っている」と思わせる)。これらの要素の共通点を一つあげると、それは「ミステリアス」ということになる。

しかし、バーリン博士は、「そうか、やっばりミステリアスが強いのか」と納得した男たちに対して、「過ぎたるはおよばざるがごとし」という警告を発することも忘れていない。バーリン博士の研究によれば、この「三要素」の程度は、低→中→高のレベルに移行するにつれて、好感度との相関においてはっきりとした放物線を描く。

マンガのヒーローでいえば『北斗の拳」のケンシロウ、小説のヒーローでいえば、岩窟王のモンテクリストといったところか。いずれも、暗い影と深い悲しみがあり、その大胆な行動の思惑が女性には理解しがたい男であるが、三要素が「低」の場合と「高」の場合では、同程度に好感度も「低」なのである。

中のレベルのミステリアス

おすすめしたいのは、「中」のレベルのミステリアスである。具体的には、大人としての良識とか人間としての思慮をきちんと持っていながら、女性から見た複雑さと新命さと不調和を「ほとほとに」持った男とでも言うべきだろうか。

「ミステリアス度」が過ぎたところで女性ファンのハートをとらえたのが、『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター博士だろう。あのベストセラーの多くの女性読者は、レクター博士とクラリス捜査官の「愛」に「美女と野獣」的な納得をしたものだ。だが、これはあくまでも小説のヒーローについての話であって、現実にレクター博士と同じような食人鬼がいたら、どんなに「ミステリアス」好きの女性でも悲鳴を上げて逃げ出すことは火を見るより明らかである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

大人同士のクリスマスプレゼントの交換

本来、恋愛とは、対等でフェアな人格同士の魂のぶっかり合いであると。金で買われた、その金が安すぎる、云々は、恋愛から最も遠くかけ離れた次元の問題である。すごくステキな男性でも、その奥さんを見たとたん、が …

no image

ぴったりした白ズボンが嫌い

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出して …

no image

意中の彼女を振り向かせる方法

意中の彼女を振り向かせるために男がまず考えるべきは、「彼女を喜ばせる」ということであると言っていいだろう。では、「彼女が喜ぶこと」はどうやって見つければいいのか?その答えは、すぐそこにある。人間という …

no image

いつも明るい彼女にあえて元気がないと言う

某県で、政庁をあげてのゴルフ賭博が発覚した。結果、数十人の公務員が書類送検と警戒免職の憂き目となった。本来ならば、公務員たる者は、四角四面の人格を演じていなければならない。その真面目な顔こそが、彼らの …

no image

結婚しているのに恋心を抱いてしまう

結婚しているのにちっとも落ち着きがなく、すぐに恋心を抱いてしまう、とある人は語る。彼とともに青春を過ごし、結婚したくてしたくてたまらない人と一緒になった私ですが、じつはプロポーズされたときはすでに心は …