自動車

ミニクラブマンのグリーンパークとハイドパークを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型車プレミアムブランドMINIクラブマン(Clubman)の新しいデザインエディションのグリーンパーク(Green Park)とハイドパーク(Hyde Park)モデルを発売した。BMWコリアによると、今回MINIクラブマンのデザインエディションはランドノ(Londoner)が愛して都心の中の「ハイドパーク」と「グリーンパーク」の色味と画像を活用して製作された。

400年の長い時間英国ロンドン市民の憩いの場として定着しハイドパークと緑の芝生と木々に行われたグリーンパークからインスピレーションを受けた画像がループカラーとフロントボンネットなどの車両全般に反映された。

グリーンパークモデルは、クラシックな感じが引き立つペッパーホワイト(Pepper White)色の車体にスポーツのための英国の情熱を表現したブリティッシュレーシンググリーン(British Racing Green)の色をループカラーとサイドミラーに塗った。また、フロントボンネットとサイドにストライプを入れた。ハイドパークモデルは、ホットチョコレート(Hot Chocolate)色のループカラーとサイドミラー、フロントボンネットと側面のストライプを使用して高級感を強調した。

トヨタ自動車の最新クロスオーバーベンザ(VENZA

トヨタ自動車の最新クロスオーバーベンザ(VENZA)が、発売を確定した。ベンはトヨタ自動車が北米向けに開発し、2008年にデトロイトモーターショーで初めて披露したモデルである。この車両は、SUVを連想させるデザインに加えセダンのように車体の全高を低くして前後の面で感じられる低く安定した画像が特徴である。

また、ゆったりとした室内空間などでセダンとSUVどこにも属さない新しいセグメントを備えたものと評価されている。 今回発売されたモデルは、外観デザインを中心に大幅に部分変更(フェイスリフト)された2013年型モデルで6気筒(V6)3.5リットルエンジンの4輪駆動(AWD)と4気筒2.7リッターエンジンの前輪駆動2種類披露した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加