スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

みなし弁済の要件合意の有効性

投稿日:2015年8月6日 更新日:

・みなし弁済の合意の有効性

和解の前後を通して全取引履歴につき法定利率で引直計算したところ過払金が発生していました。過去に返済が滞り、その後の分割返済につき貸金業者と和解したことがあります。引直計算をするにあたって和解前の取引は計算に入れられないのですか。過払金の返還請求をしたところ、貸金業者から、「和解契約は従前取引についてみなし弁済を認めることを前提とした合意なので、和解契約後の取引についてのみ法定利率で引直計算すべきだ」と主張されました。

「回答」

利息制限法を超過する利息の支払いは無効です(利息制限法1条1項)。利息制限法は、公序良俗を具体化した強行法規であり、これに反する合意・和解は、いつでも、誰からでも無効を主張できるという意味で、絶対的な無効です。利息制限法に従った計算をして残債務を確定した和解でない限り、貸金業者との和解は無効です。和解の前後を通して、引直計算をして間違いでありません。

利息制限法は強行法規

利息制限法は強行法規であり、これに反する合意は、絶対的に無効です。貸金業規制法43条1項は、貸金業者が同条同項で定められた厳格な要件を満たしたときには、例外として、政策的に「有効な利息の債務の弁済とみなす」と規定していますが、この場合においても、利息制限法の制限を超過する無効な利率の約定が有効になるわけではありません。

貸金業規制法43条1項は、利息制限法1条1項の規定を超過する利息の支払いについて、一定の場合にその支払いが有効となる旨を定めています。この規定を一般的に「みなし弁済」といいます。そこで、本件のような和解契約を締結した場合、貸金業者から、「みなし弁済の適用について当事者が合意したのであるから、過払金は発生しない」という主張がなされることがあります。

法定利率を超過した利息の支払いが有効となる(返さなくてもよい)だけのことです。法は、みなし弁済が認められる要件を、当事者間の合意によって緩和することを認めていません。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

信用情報機関とは?その役割や義務など

信用情報機関では、支払い実績などのほかに、カードの限度額や氏名、住所、電話番号などの属性情報も蓄積している。一方、カード会社や消費者金融業者は信用情報機関に問い合わせるだけでなく、カード申し込み情報や …

no image

カード発行枚数は頭打ちだがショッピング取扱高は伸びている

カードを10枚持っていた人も2〜3枚に減らしている。そのため、カード発行枚数は頭打ちとなり、これ以上は大きく伸びないと見られている。それなのに、ショッピング取扱高は順調に伸びている。それは何故かという …

no image

調査嘱託申立ては裁判所に申立書を提出して行う

原告が、銀行等の金融機関の預金口座からの引落しにより返済をしている場合や、預金口座への振込みによって貸付けを受けていた場合、原告の預金口座のあった取引金融機関に対する調査嘱託を申し立て、貸付けと返済の …

no image

架空請求などのトラブルは弁護士会に相談しよう

・弁護士(弁護士会) 最近では、少額訴訟や支払督促といった裁判手続きを使った架空請求もあり、その対応も専門的な法律知識を必要とする場合も少なくありません。弁護士を頼むと、たとえ悪質な業者であっても、借 …

no image

これ以前の取引はない取引履歴を廃棄したと主張された場合

・これ以前の取引はない、取引履歴を廃棄したと主張された場合 このような場合、どうしたらよいのでしようか。原告の主張する取引開始時にはそもそも取引がなかったから文書は存在しないと主張されました。また、文 …