ニキビ

目の下のクマの治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで美容外科では、この目の下のタルミに対しては切開して脂肪を除去してから縫合するという外科手術による治療が行われてきましたが、最近では、シワやタルミ治療のレーザーで切開手術なしで改善することができるようになりました。目の下のクマは、顔全体の印象を老けさせて見せるだけでなく、不健康な印象を与えることも少なくありません。

ニキビとは直接関係ありませんが、美容や若返り効果の高い治療として話題になっている目の下のクマや黒ずみの治療についてです。目の周囲は顔の中でも皮フが薄いために、老化の症状があらわれやすい部位です。皮フが老化してくると、目尻のカラスの足跡や上まぶたのタルミ、下まぶたのちりめんジワやタルミ、クマや黒ずみなどがあらわれます。

目の下のクマの治療には、身体への侵襲が大きく、ダウンタイムが必要な治療が一般的には行われています。具体的には、麻酔が必要な外科的(メスや注射針を使って)切除や脱脂を行う場合や糸を使って皮膚を吊り上げる治療、物理的なピーリングで皮膚の表面を削る治療などです。しかし、レーザー治療なら外科的なダメージはなく、青、黒、茶などの色素沈着も改善することができます。

目の下の青いクマ目の下の黒いクマなど

目の下のクマは、症状によって、目の下の青いクマ、目の下の黒いクマ、目の下の茶色いクマ、シワ・タルミによるクマなどに分けることができます。また、目の下のクマは、レーザーでタルミとともに色素沈着もきれいにすることもできます。目の下のクマや色素沈着を消すのは手軽な治療ですが、美容や若返りの効果が高いために、今後さらに注目を集めていく治療だと考えています。

また、目の下の黒いクマ目の下の青みがかったクマが悪化し、どす黒く濃くなる症状です。原因は、青いクマと同じく冷えや目の疲れ、ストレスですが、青いクマが悪化しているので、治療とともにこうした悪因子を取り除くことにも留意したほうがよいでしょう。目の下に青みがかったクマが現れ、青い血管が透けて見えることもあります。冷えや目の疲れ、ストレスなどにより血液の循環が悪くなり、目のまわりの毛細血管が血行不良になることで出てきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加