ニキビ

目の下のくまやしわの改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・目の下のクマとシワ・タルミの併発

血行不良や、色素沈着によってできた目の下のクマが、加齢による老化でできるシワ・タルミによって、より一層目立つのが原因です。もとからあった日の下のクマが、シワやタルミによってさらに濃く見える症状です。こうした目の下のクマは、症状によって治療に適応するレーザーの種類も異なってきます。

目の下のクマは、シワやタルミ、シミなどを消すアンチエイジング治療と併行して治療することもできるので、希望される方は医師に相談してみてください。スキンケアクリニックでは、クマの色や程度、シワやタルミの併発はないかをきめこまかに診断し、もっとも症状に適応したレーザー治療を行っています。

ヒアルロン酸やコラーゲンが減少

・シワ・タルミによるクマ

皮フの老化によって、ヒアルロン酸やコラーゲンが減少し、ハリや弾力が失われることでシワやタルミができます。これによって目の下から目尻にかけて影ができてクマのように見えてしまいます。目の周りの小ジワやタルミが、クマのように見える症状です。

・目の下の茶色いクマ

皮フの代謝機能が正常に働いていると、薄い色がついた表皮は自然にはがれ落ちますが、代謝が衰えると色素沈着して濃い茶色のクマになってしまいます。目の下に茶色または黄色がかった茶色のクマが、ほぼ毎日出ているタイプです。原因として、紫外線・赤外線のダメージや、長年にわたりクレンジングなどで強い刺激を与え過ぎたことによりメラニン色素の量が増えるために起こります。

・目の下のクマのレーザー治療

シワやタルミの引き締めにも効果が高いブリッジ・セラピー、色素沈着にはスキンリジェネ・レーザー、アファーム・マルチプレックス、シナジー・マルチプレックスなど色と症状に最適なレーザーを組み合わせることもあります。目の下のクマの治療では、シワやタルミを引き締めることと、青、黒、茶などの色を消すことが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加