スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

メールで女性を口説くのは高い技術がいる

投稿日:

彼女のいない悲しい男たちは、その誘いに飛びついているわけだが、「一万円以内」というふうに売春行為を明示している場合はべつとして、メールで女を口説くのもそれなりの技術を要する。だいたいの男は、「仕事」「家庭の愚痴」「昔の女」の「三題話」がそのパターン。このパターンは、ネット上でダメな口説きのシンボルとされているらしい。

最近は、パソコン・ネット上に自分の掲示板を出して売りこみをかける女性が急増している。掲示板の内容は、「コミコミで一万円以内ではどうでしょう」なんていう売春系から、「最近、歯医者に通ってデンタルクリーニングをしました」とかいう意味なし系まで様々だが、つまるところ、ネット上のダイヤルQ2、にほかならない。

それでは、メールで女を口説くには、どんな文面が有効なのか?オンラインナンパの達人を自称する某氏は、こう言う。今日あった自分の出来事を書いて、それについてどう思ったかを上手に書けていると、けっこう引きがある。また、相手の女性が愚痴を言ってきても、自分の愚痴を返さないほうがいい。

一段高い技術には、こんなものもある。「メールの文章量は、毎回メリハリをつけたほうがいい。長いメールを書いたあとは、たった一行ですませる。そういう変化に、相手は刺激を感じる」意中の彼女との意思の疎通をはかるにおいて、メールは有効な伝達手段の一つだ。

その店に誘い出せるかっこうになる

やさしく聞いてあげる感じで返信して、そういえば、こんないい店があったとか書き添えれば、まんま、その店に誘い出せるかっこうになる、それが、基本線だ。ま、チャットではなく手紙の感覚でいけということだろう。

女性には、自分がつくったストーリーに相手のイメージを重ね合わせる傾向がある。手紙だけのやりとりを続ける中年紳士に夢をふくらませる「足長おじさん」のヒロインは、どんな女性の中にも潜んでいる。

面白いことに、一人で勝手にイメージをふくらませた女性は、現実の相手とのキャップに幻滅するのとは反対に、自分が育て上げたイメージを無理にでも相手の男の上に描きこもうとする。その足長おじさん効果、は、語り合うあいだは姿が見えず、声も聞こえないメールにこそ期待できるわけだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

最初嫌いなのに好きになる

そして、時こそ今は——–と、口に出してつぶやくたびに、感動で涙に襲われてしまう。のちに、恋人、長谷川泰子は中也を捨て、近代日本の知性、小林秀雄の元へ去ってしまう。中也は自らを、 …

no image

デートを徹底的にダンドリする男

スピルバーグ監督の大ヒット映画『ジュラシック・パーク』の原作には、「フラクタル理論」という数学理論が登場する。ごく簡単に言うと、いかに高度な数学で原因と結果の相関関係を究明しても、現実に起こる出来事は …

no image

スキーマ心理を巧みに使った恋愛成功術

人間は一人一人、独自の行動基準を持っている。これを心理学で「スキーマ」と呼んでいる。たとえば病人でも老人でも妊婦でもない人は、ふつうシルバーシートには座ろうとしないものだが、それは、「スキーマ」とじっ …

no image

いつも明るい彼女にあえて元気がないと言う

某県で、政庁をあげてのゴルフ賭博が発覚した。結果、数十人の公務員が書類送検と警戒免職の憂き目となった。本来ならば、公務員たる者は、四角四面の人格を演じていなければならない。その真面目な顔こそが、彼らの …

no image

恋の激情を味わいたいと思ってはいませんか?

兄と妹のようなふたり。結婚生活は、むしろそのくらいの淡々とした関係のほうが向いていると思います。激情は結婚生活を破滅に導きかねない要因であるということを経験。また、周囲のカップルを見回して気づくに至っ …