スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

メーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうか

投稿日:

残念だが、あるメーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうかは、値札をめくればわかるというものではない。わざわざ労働法違反企業に関する情報をオンラインや紙面などでチェックする消費者はそういないし、現時点では、よい労働条件下で作られたものかどうか、服を見ただけですぐわかるというふうにはいかない。

合法的な工場で作っている保証があるのなら、二〇ドルの服に一ドル余計に払ってもいいと言う人が八六%にも上っている。でも、周知のように、アンケートでは模範解答をする消費者も、実際に買物をする時は大違い。一ドル余計に払ってもいいと口で言うことと、服がどこで作られたものかを手間暇かけて確かめることとは、全くの別物なのだ。

調査結果では、私たちの社会は意識の高い消費者の集まりだと出ている。メリーマウント大学倫理問題センターが一九九九年に行った調査では、回答者の四分の三が、スウェットショップで作った服を売っていることがわかっている小売業者からは買い控えをする、と言っている。

アメリカの消費者は国産品が好きだと言うけれども

それに、アメリカの消費者は国産品が好きだと言うけれども、それはちゃんと見でいればの話であって、実際にはタグをいちいち見て買う人はほとんどいないのである。〈プライドある物づくり協議会〉が行った調査では、服の製造国を知った上で着ているという消費者はわずかに二九%だったという。

ファッション・ヴィクティムの場合、おそらく製造国を気にするケースもあるだろう(たとえば、イタリア製ジャケット、フランス製スカーフなどが欲しくて買った場合)。だが、安物だったら、ラベルなどまず読んだりしないはずだ。服を買う客の大多数は、スウェットショップ労働者にそれほど関心を抱いていない。こうした低賃金労働者の暮らしを身近に感じられないため、彼らがどんな目に遭っているのか理解できない人々が大半を占めるのだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

アメリカ経済全体の雇用は増えるが

専門家は、二〇〇八年までにアメリカ経済全体の雇用は一五%増えるが、アパレル・テキスタイル業界について言えば二三%の減少になると見ていた。これは、アパレル業界の情報源であるウェブサイト、インフォマットの …

no image

卸売業者や請負業者、バイヤーなど

卸売業者や請負業者、バイヤーなど地元で働く人々がビルの外に出てタバコを吸ったり、ビジネスの話を(大声で)したり、街角の売り子からカバブを買ったり、競合相手の様子をうかがったりしている。マンハッタンのミ …

no image

モデルはみな拒食症なのか

ナオミ・キャンベルは、二〇〇一年五月にイギリスで受けたインタビューでダイエットの意味を定義し直した。ダイエットなんてしたこともないわ。私、何もしなくてもスリムなのよ。ただ、何を食べるかには気をつけなき …

no image

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は、当然、騙された気分になった。ローパー社がアメリカの消費者を対象に行った調査では、「アメリカ製」のラベルを好ましいものと考えている人が九五%を占めることがわか …

no image

超スキニーなモデルを愚弄しながらダイエットに励む私たち

私たちは、たとえばリッキー・レイク、オプラ・ウィンフリー、リチャード・シモンズ、ジャレッド・フォグルといった減量成功者たちのビフォー・アンド・アフター話に拍手喝采する。フォグルは、サブウェイの野菜サン …