スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

魔女狩り現象のようなものが生まれてきた

投稿日:

一九九八年、LAのスポーツウェア・メーカーであるカレン・ケインが、犯罪行為に連座したと言われて標的にされた。この会社は卸売価格にして年間およそ七〇〇〇万ドル分のアパレル製品を製造していたが、そのうち七五%は国内で、残りは中国とメキシコで生産していた。

過去には、キャシー・リー・スキャンダルなどの事件によってスウェットショップ問題への関心が高まった反面、魔女狩り現象のようなものも生まれてきてしまった。スウェットショップに反対する過激な活動家若干名が、キャシー・リーの一の舞を恐れるメーカーや小売業者の弱みにつけ込み、そのせいで業界のアメリカ離れがさらに加速したのである。

プランド・デザイナーであるカレンの夫、ロニー・ケイン社長は、一九九八年五月に下院で次のような証言を行っている。一九九五年七月、UNITEのオーガナイザーであるデイヴィッド・ヤングが電話をしてきて、組合の代表者たちが、カレン・ケインの請負業者である〈グッドタイム/ソング・オブ・カリフォルニア〉でピケを張るだろうと言った。労働権利関係の問題が存在すること自体は誰も否定しないが、業界筋では、そうした問題は不当に騒がれ過ぎだという声もある。

ウェットショップを使っているせいで

「彼らは店のドアを塞ぎ、顧客に迫ったのです。ケイン夫婦が経営するカレン・ケイン社がスウェットショップを使っているせいで、自分や子ども服を作っているのはたちはおまんまの食い上げだ、とか、カレン・ケインのせいで失業したんだ、ソング・オブ・カリフォルニアとの取引をやめなければカレン・ケインのビジネスをつぶしてやる、とか口々に言いながら」。

わけを尋ねてもヤングは答えず、最後通告をしたーその工場と手を切らなければ、君たちの会社が叩かれることになるぞ。考えてから返事をすると答えたケインのもとに、翌日、ビヴリー・ヒルズの自社店舗から電話があった。「ピケ隊がきて、ロニーとカレンのケイン夫妻はスウェットショップを使っていると書かれたビラを配っていたんです」とケイン。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ガリ痩せモデルの毎日の体重へのプレッシャー

モデルには、痩せたままでいなければならないというプレッシャーはあるのだろうか?もちろんだ。フットボール選手なら強さを、科学者なら頭の冴えを、アーティストなら感覚の鋭さを、それぞれ持続しなければならない …

no image

サイズがぴったりの服や体がきれいに見える服

ウーライト・ファッション・フォーラムがアンケート調査では、ショッピングで最も難しいのは、サイズがぴったりの服や体がきれいに見える服を見つけることだと回答した女性が半数生っている。だが、問題は、私たちの …

no image

テレビは太って見えるので大変

デザイナーが痩せたモデルを使うことには、理由がある。技術的なことを言えば、テレビやフィルムには実際よりも一回りか一回りサイズが大きく映ってしまうんだ。カメラのせいで、一回りか一回りは太って見えるんだな …

no image

工場の閉鎖、解雇-製造拠点がコスタ・リカに移された

マタと同僚たちは、不審に思いながら、丸テーブルについてじっと待っていた。やがてドアが勢いよく開くと、リーバイスが雇ったケースワーカーが列を成してずんずん入ってきて、各人に包みを渡したー工場が閉鎖される …

no image

救いの手を差し伸べてくるファッションという存在

自分の体について、嫌というほど意識させておいて、救いの手を差し伸べてくるファッションという存在。二〇〇一年一月、リー・クーパーはパック・イット・ジーンズ復刻版を売り出した。もともと一九七〇年代に作られ …