ファッション

魔女狩り現象のようなものが生まれてきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一九九八年、LAのスポーツウェア・メーカーであるカレン・ケインが、犯罪行為に連座したと言われて標的にされた。この会社は卸売価格にして年間およそ七〇〇〇万ドル分のアパレル製品を製造していたが、そのうち七五%は国内で、残りは中国とメキシコで生産していた。

過去には、キャシー・リー・スキャンダルなどの事件によってスウェットショップ問題への関心が高まった反面、魔女狩り現象のようなものも生まれてきてしまった。スウェットショップに反対する過激な活動家若干名が、キャシー・リーの一の舞を恐れるメーカーや小売業者の弱みにつけ込み、そのせいで業界のアメリカ離れがさらに加速したのである。

プランド・デザイナーであるカレンの夫、ロニー・ケイン社長は、一九九八年五月に下院で次のような証言を行っている。一九九五年七月、UNITEのオーガナイザーであるデイヴィッド・ヤングが電話をしてきて、組合の代表者たちが、カレン・ケインの請負業者である〈グッドタイム/ソング・オブ・カリフォルニア〉でピケを張るだろうと言った。労働権利関係の問題が存在すること自体は誰も否定しないが、業界筋では、そうした問題は不当に騒がれ過ぎだという声もある。

ウェットショップを使っているせいで

「彼らは店のドアを塞ぎ、顧客に迫ったのです。ケイン夫婦が経営するカレン・ケイン社がスウェットショップを使っているせいで、自分や子ども服を作っているのはたちはおまんまの食い上げだ、とか、カレン・ケインのせいで失業したんだ、ソング・オブ・カリフォルニアとの取引をやめなければカレン・ケインのビジネスをつぶしてやる、とか口々に言いながら」。

わけを尋ねてもヤングは答えず、最後通告をしたーその工場と手を切らなければ、君たちの会社が叩かれることになるぞ。考えてから返事をすると答えたケインのもとに、翌日、ビヴリー・ヒルズの自社店舗から電話があった。「ピケ隊がきて、ロニーとカレンのケイン夫妻はスウェットショップを使っていると書かれたビラを配っていたんです」とケイン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加