スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

街中をオートバイで走行する場合のポイント

投稿日:

オートバイで街中走行をする場合、好き嫌いにかかわらず、進路変更をするケースが実に多い。また、進路変更は、上手に行わないと事故に直結する場合もあるので、次の注意点を守ることである。

緊急に進路変更する必要がある場合は、ウインカーでなく手で合図をし、タイミングよく行う。進路変更をすると、前方への注意が一瞬おろそかになるので、前方の交通状態をよく確認してから行うこと。街中では、進路変更したらすぐ停止、というケースも多い。

あらかじめ進路変更がわかっている場合は、バックミラーを確認し、頭を動かして、早めにラインを変更する。変更したい車線の流れが速く、なかなか移れない場合は、ウインカーを出すのはもちろん、ラインを小刻みに変更し、手で合図を送ってタイミングよく変更する。変更が終わったら、軽く会釈をしよう。

高速道路では、バックミラーを見るよりも、頭を左右に動かして自分の目で確認するほうが、より安全な運転につながるものである。前傾ホジションのオートノベイの場合は、アメリカンやトレールより、頭を動かして左右後方の確認をすることがしにくく、ついバックミラーに頼りがちだが、安全のためにも、必ず実行すべきである。

進路変更

進路変更は、加速しつつ瞬時に行うのが安全な方法であり。必ずマシンのパワーバンド内で行うこと。左端を走行するオートバイは、右に移動するとき、危険が大きくなる。そこで、バックミラーだけでなく、頭を動かして安全を確認した上で動作を開始することが必要になる。

停止する位置は、車線の端で、たとえ後続車がノーブレーキで突っ込んできても、逃げやすい位置を選ぶことだ。堂々とまん中に停止しようなどと考えていると、痛い目にあうこともあるので注意しよう。

赤信号や黄信号で停止する場合、最も注意しなければならないのは、自分が先頭で走行しているときだ。特に、夜間の走行や、2車線以上の道路でセンターライン寄りを走行しているような場合は、ブレーキペタルをこまめに踏んで、止まることを後続車に知らせ、十分にけん制してから停止する。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …

no image

バイクのギアを常にトップに入れたい人

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者 …

no image

後方確認-ミラーが映す情報をよく見る

バイクは、道路の左寄りを走行しているため、対四輪車との混合交通が大きなウイークポイントである。後方の四輪車の動きに注意し、四輪車が接近してきたなら驚かしたり、驚かされたりする存在にならないよう気を付け …

no image

S字コーナーのラインどりについて

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやライン …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …