バイク

街中をオートバイで走行する場合のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オートバイで街中走行をする場合、好き嫌いにかかわらず、進路変更をするケースが実に多い。また、進路変更は、上手に行わないと事故に直結する場合もあるので、次の注意点を守ることである。

緊急に進路変更する必要がある場合は、ウインカーでなく手で合図をし、タイミングよく行う。進路変更をすると、前方への注意が一瞬おろそかになるので、前方の交通状態をよく確認してから行うこと。街中では、進路変更したらすぐ停止、というケースも多い。

あらかじめ進路変更がわかっている場合は、バックミラーを確認し、頭を動かして、早めにラインを変更する。変更したい車線の流れが速く、なかなか移れない場合は、ウインカーを出すのはもちろん、ラインを小刻みに変更し、手で合図を送ってタイミングよく変更する。変更が終わったら、軽く会釈をしよう。

高速道路では、バックミラーを見るよりも、頭を左右に動かして自分の目で確認するほうが、より安全な運転につながるものである。前傾ホジションのオートノベイの場合は、アメリカンやトレールより、頭を動かして左右後方の確認をすることがしにくく、ついバックミラーに頼りがちだが、安全のためにも、必ず実行すべきである。

進路変更

進路変更は、加速しつつ瞬時に行うのが安全な方法であり。必ずマシンのパワーバンド内で行うこと。左端を走行するオートバイは、右に移動するとき、危険が大きくなる。そこで、バックミラーだけでなく、頭を動かして安全を確認した上で動作を開始することが必要になる。

停止する位置は、車線の端で、たとえ後続車がノーブレーキで突っ込んできても、逃げやすい位置を選ぶことだ。堂々とまん中に停止しようなどと考えていると、痛い目にあうこともあるので注意しよう。

赤信号や黄信号で停止する場合、最も注意しなければならないのは、自分が先頭で走行しているときだ。特に、夜間の走行や、2車線以上の道路でセンターライン寄りを走行しているような場合は、ブレーキペタルをこまめに踏んで、止まることを後続車に知らせ、十分にけん制してから停止する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加