スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

マネキンの歴史の中での変化

投稿日:

肉感的なフィギュアを作ろうという試みがあった。一九九八年、イラストレーターのルーベン・トレドは、プッチ・インターナショナルのためにバーディという名のサイズ一八~二〇のマネキンを作っている。スリーサイズは九七、八一、一二だが、いかにもルーベンらしい白い体の人形。ルーベンの妻でファッション・デザイナーでもあるイソベル・トレドが衣装を担当し、バーディにもサイズ四と同じようなデザインの服を着せることにした。

シンシアは張子のフィギュアだが、まるで生きているようだったので、ギャバは時々彼女をオペラにまで連れて行った。マネキンは時代とともに変わり(六〇年代には、ショーケースにツイッギーっぽい体型のものが並んだ)、長い年月のうちによりリアルになっていった。七〇年代には乳首ができ、八〇年代には男性マネキンに股間の膨らみさえ見られるようになる。私たちは、ヒップなクラブやレストランにもあらゆるサイズの人が行くんだってことを、そろそろ顧客に示していい時期だと感じたのと彼女は言う。

相変わらず背が高くて捜せたマネキン

だが、世界中のウィンドウ・ディスプレイや店舗フロアで圧倒的な存在感を示しているのは、相変わらず背が高くてやせたマネキンだ。この業界もご多分に漏れず旧態依然としたところがあるので、太めのマネキンに変えていくにしても、一、三本電話をかければ済むというわけにはいかない。マネキンはヤングなら八、ジュニアなら七というスタンダード・サイズで製造されていたため、全身大きめのマネキンを追加して終わり、というふうにはいかなかった。

一九九三年、シアトルの高校生たちが、もっといろいろな体型のマネキンを置くよう、デパートのボン・マルシェに迫った。そして、若い女性向けのセクションにもっと大きなサイズのマネキンを加えると、店側に約束させたのである。ところが、一見進歩のようなこの動きは、小売業者が直面する障壁を浮き彫りにすることにもなったのであった。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ファッション広告のネガティブな効果

・ファッション広告のネガティブな効果 自いビキニ姿に、ほかんとした表情。まるで両脚で尖ったPの字を描くかのように、ちょっと間抜けな感じに片方の膝を曲げ(なぜかウェイフ全盛時代によく見られたポーズだ)、 …

no image

ディズニーの工場だろうとナイキの工場だろうと

アパレル工場の監査は、財務会計士にクリップボードとチェックリストを持たせて工場に送り込めばいいというような単純なものではない。それなのに、それだけで済ませてしまっている会社が多いのだ。「衛生面や安全面 …

no image

組合の作った服は大多数の消費者にとって

自分は騙されてるんじゃないか。ただファッションの権威者の名前が貼り付けられているというだけで、デザイナー・グッズに余計にお金を支払っているんじゃないか。そんな疑問を密かに抱いたことはないだろうか? 組 …

no image

ボディイメージ理論問題にこだわりすぎだと同業者から批判

元マリ・クレールイギリス版エディターのリズ・ジョーンズはは二〇〇〇年六月号をソフィ・ダールとパメラ・アンダーソンの表紙で二種類用意し、こんな質問をぶつけた。理想の体型は?現実的な曲線美のソフィ・ダール …

no image

キュートな拒食症の女の子たちというスローガン

モデルには不思議に腹が立たないの。だって、モデルってじかに見るとホントに背も高いし手足も長いし、なんか妙な感じ。ニューヨーク・シティ在住の二五歳のライター、レベッカは面白くない様子だ。誰にムカつくって …