スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

マネキンの歴史の中での変化

投稿日:

肉感的なフィギュアを作ろうという試みがあった。一九九八年、イラストレーターのルーベン・トレドは、プッチ・インターナショナルのためにバーディという名のサイズ一八~二〇のマネキンを作っている。スリーサイズは九七、八一、一二だが、いかにもルーベンらしい白い体の人形。ルーベンの妻でファッション・デザイナーでもあるイソベル・トレドが衣装を担当し、バーディにもサイズ四と同じようなデザインの服を着せることにした。

シンシアは張子のフィギュアだが、まるで生きているようだったので、ギャバは時々彼女をオペラにまで連れて行った。マネキンは時代とともに変わり(六〇年代には、ショーケースにツイッギーっぽい体型のものが並んだ)、長い年月のうちによりリアルになっていった。七〇年代には乳首ができ、八〇年代には男性マネキンに股間の膨らみさえ見られるようになる。私たちは、ヒップなクラブやレストランにもあらゆるサイズの人が行くんだってことを、そろそろ顧客に示していい時期だと感じたのと彼女は言う。

相変わらず背が高くて捜せたマネキン

だが、世界中のウィンドウ・ディスプレイや店舗フロアで圧倒的な存在感を示しているのは、相変わらず背が高くてやせたマネキンだ。この業界もご多分に漏れず旧態依然としたところがあるので、太めのマネキンに変えていくにしても、一、三本電話をかければ済むというわけにはいかない。マネキンはヤングなら八、ジュニアなら七というスタンダード・サイズで製造されていたため、全身大きめのマネキンを追加して終わり、というふうにはいかなかった。

一九九三年、シアトルの高校生たちが、もっといろいろな体型のマネキンを置くよう、デパートのボン・マルシェに迫った。そして、若い女性向けのセクションにもっと大きなサイズのマネキンを加えると、店側に約束させたのである。ところが、一見進歩のようなこの動きは、小売業者が直面する障壁を浮き彫りにすることにもなったのであった。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

服のサイズが11のディロンの写真は批判を浴びた

サイズ一二以上の女性をターゲットに据えたファッション&ビューティ雑誌モードについて考えてみよう。発行人は最終的に、廃刊は不況のせいであって発行部数の低迷によるものではないとした。この雑誌は発行 …

no image

ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描かれている

ファッション広告も雑誌に似て、ただ私たちをイメージで取り囲むだけで痩せた理想像形成に一役買うという性格を持つ。イラスト広告でさえ、必ずと言っていいほど、ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描か …

no image

アメリカ経済全体の雇用は増えるが

専門家は、二〇〇八年までにアメリカ経済全体の雇用は一五%増えるが、アパレル・テキスタイル業界について言えば二三%の減少になると見ていた。これは、アパレル業界の情報源であるウェブサイト、インフォマットの …

no image

北マリアナ諸島最大の島サイパンに降り立ったら

観光客のほとんどは日本人で、カラオケ・バーや館屋、ビーチ・フロントの日系豪華ホテルにたむろしている。休暇中の人々はビーチでくつろいだり、海で水遊びしたり、ゴルフやシュノーケリングをしたりと、島での素敵 …

no image

卸売業者や請負業者、バイヤーなど

卸売業者や請負業者、バイヤーなど地元で働く人々がビルの外に出てタバコを吸ったり、ビジネスの話を(大声で)したり、街角の売り子からカバブを買ったり、競合相手の様子をうかがったりしている。マンハッタンのミ …