スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ママが嫌いだという2歳児

投稿日:

強情を張るFくんにお父さんとお母さんは「ここでもらしたら置いていくぞー」「どうしてお手洗いに行かないの!もらしたら置いていくからね」と強権的に言い続け、とうとうFくんは「ママ嫌いー」と心の叫びを発したそう。

「ママ嫌い」と言うようになったのは、まだオムツがとれきっていないFくんにパンツをはかせて親子三人でデパートに出かけたときだった。トイレに行きたそうにしながらも「お手洗いに行ったほうがいいんじゃないの?」というお父さん、お母さんにFくんは「まだ行かない」と言い張って行こうとしません。

二歳の年齢の子が「ママ嫌い」というのはよほどのことです。この年頃であればママは一番に大好きな人で、「ママ、ママ」とじゃれついてくるのが本来の子どもの姿です。一番大好きであるはずの人に「嫌い」と叫びたくなるなんて、子どもにとってもお母さんにとっても何と悲しいことでしょうか。

オムツではなくパンツでお出かけすることは

Fくん本人にしてみたら、オムツではなくパンツでお出かけすることはものすごく大きなチャレンジです。心の中は大きな不安でいっばいだったことでしょう。「ここでおもらししちゃいけない」と子ども心に緊張して、トイレに行きたくても行けなかったのだと思います。

寂しい思いを抱えていたのではないかと想像できます。教育やしつけだけで育てられてきて、優等生的なよい子でいるしかなかったのだと思います。親は自分で考えて、自分の意志で行動できる子になってほしいと思います。最終的には考える力がある、思考力のある子どもを育てたいと考えている親御さんは多いことでしょう。

不安と緊張の思いをわかってもらえなくて、「もらしたらここに置いていく」とまで言われてしまい、Fくんの心は不安と恐怖と寂しさでどうしょうもなかったに違いありません。それでなくとも日頃から、Fくんは自分の「こうしたい」という気持ちを汲み取ってもらうことが少なく、甘えたくても甘えられずに本当の気持ちを抑え、いつも我慢していたのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子育ては楽しいことと感じていますか?

誰かに甘えることができるように、人の喜ぶことをして、人の役に立つことから始めましょう。それによって人から好かれていき、好意や愛情というかたちとなって結果があなたのところに還ってきます。それがあなたの心 …

no image

思いやりのない親の人たち

「思いやる」ことのできないお母さんは、「もう大きいんでしょ」といいながら、子どもをひざからおろしてしまうでしょう。中には、子どものことを考える暇もなく、「重いね」とか「暑いね」といって、うるさそうに追 …

no image

親子のつながりや情緒的な心の結びつきが過去に不足していた場合

親子の間の情緒的な心の結びつきが過去に不足していたことがはっきりすれ努力して下さい。なお、うちの子どもは、いっさいねだることがないーといって、誇らしげにいうお母さんやお父さんがいますが、このような子ど …

no image

赤ちゃんがよく泣く、欲求が強くなるなどの兆候が出ると

生後八週目から九週目にかけて、あなたの赤ちゃんは以前より欲求が強くなり、大声で泣くことも多くなります。これは赤ちゃんにとって、身心の変化による心の緊張を表現する手段となるからです。この月齢になると、泣 …

no image

身体接触を通じて子どもに「甘え」が体験させないと

幼いころに、身体接触を通じての「甘え」が体験されないと、お母さんに対する信頼感がないのかと、こわくなるほど。一〜三歳のころにお母さんとの間に身体接触が少なかったことから問題行動が起きたことがはっきりし …