スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ママが嫌いだという2歳児

投稿日:

強情を張るFくんにお父さんとお母さんは「ここでもらしたら置いていくぞー」「どうしてお手洗いに行かないの!もらしたら置いていくからね」と強権的に言い続け、とうとうFくんは「ママ嫌いー」と心の叫びを発したそう。

「ママ嫌い」と言うようになったのは、まだオムツがとれきっていないFくんにパンツをはかせて親子三人でデパートに出かけたときだった。トイレに行きたそうにしながらも「お手洗いに行ったほうがいいんじゃないの?」というお父さん、お母さんにFくんは「まだ行かない」と言い張って行こうとしません。

二歳の年齢の子が「ママ嫌い」というのはよほどのことです。この年頃であればママは一番に大好きな人で、「ママ、ママ」とじゃれついてくるのが本来の子どもの姿です。一番大好きであるはずの人に「嫌い」と叫びたくなるなんて、子どもにとってもお母さんにとっても何と悲しいことでしょうか。

オムツではなくパンツでお出かけすることは

Fくん本人にしてみたら、オムツではなくパンツでお出かけすることはものすごく大きなチャレンジです。心の中は大きな不安でいっばいだったことでしょう。「ここでおもらししちゃいけない」と子ども心に緊張して、トイレに行きたくても行けなかったのだと思います。

寂しい思いを抱えていたのではないかと想像できます。教育やしつけだけで育てられてきて、優等生的なよい子でいるしかなかったのだと思います。親は自分で考えて、自分の意志で行動できる子になってほしいと思います。最終的には考える力がある、思考力のある子どもを育てたいと考えている親御さんは多いことでしょう。

不安と緊張の思いをわかってもらえなくて、「もらしたらここに置いていく」とまで言われてしまい、Fくんの心は不安と恐怖と寂しさでどうしょうもなかったに違いありません。それでなくとも日頃から、Fくんは自分の「こうしたい」という気持ちを汲み取ってもらうことが少なく、甘えたくても甘えられずに本当の気持ちを抑え、いつも我慢していたのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子ど …

no image

幼児を対象とした音楽教室で子どもの心理について理解していない

子どもに共感できなくては、本当の教育はできませんし、レッスンを強制することになってしまいます。そのような先生が少なくないのです。これでは、情操を高めることはできなし、かえって情緒の不安をおこさせてしま …

no image

子供の意欲-危険に挑戦しようとする気持ち

お母さんやお父さんは、けがをされては困るという気持から、子どもの冒険をとめるでしょうが、冒険によって生ずる小さなけがは、大きなけがを防ぐのに役立ちます。このことは二十年余りにわたって実施してきたわれわ …

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …

no image

赤ちゃんが母親に求めるもの

赤ちゃんが求めていることは、ママがそばにいて、自分を見て話しかけたり、いっしょに遊んでくれることです。赤ちゃんは見慣れない人に人見知勘しますか?赤ちゃんはあまり見かけない人には微笑んでくれませんし、泣 …