スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ママが嫌いだという2歳児

投稿日:

強情を張るFくんにお父さんとお母さんは「ここでもらしたら置いていくぞー」「どうしてお手洗いに行かないの!もらしたら置いていくからね」と強権的に言い続け、とうとうFくんは「ママ嫌いー」と心の叫びを発したそう。

「ママ嫌い」と言うようになったのは、まだオムツがとれきっていないFくんにパンツをはかせて親子三人でデパートに出かけたときだった。トイレに行きたそうにしながらも「お手洗いに行ったほうがいいんじゃないの?」というお父さん、お母さんにFくんは「まだ行かない」と言い張って行こうとしません。

二歳の年齢の子が「ママ嫌い」というのはよほどのことです。この年頃であればママは一番に大好きな人で、「ママ、ママ」とじゃれついてくるのが本来の子どもの姿です。一番大好きであるはずの人に「嫌い」と叫びたくなるなんて、子どもにとってもお母さんにとっても何と悲しいことでしょうか。

オムツではなくパンツでお出かけすることは

Fくん本人にしてみたら、オムツではなくパンツでお出かけすることはものすごく大きなチャレンジです。心の中は大きな不安でいっばいだったことでしょう。「ここでおもらししちゃいけない」と子ども心に緊張して、トイレに行きたくても行けなかったのだと思います。

寂しい思いを抱えていたのではないかと想像できます。教育やしつけだけで育てられてきて、優等生的なよい子でいるしかなかったのだと思います。親は自分で考えて、自分の意志で行動できる子になってほしいと思います。最終的には考える力がある、思考力のある子どもを育てたいと考えている親御さんは多いことでしょう。

不安と緊張の思いをわかってもらえなくて、「もらしたらここに置いていく」とまで言われてしまい、Fくんの心は不安と恐怖と寂しさでどうしょうもなかったに違いありません。それでなくとも日頃から、Fくんは自分の「こうしたい」という気持ちを汲み取ってもらうことが少なく、甘えたくても甘えられずに本当の気持ちを抑え、いつも我慢していたのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

生きるうえで欠かすことのできない大切な要素

お母さんのお腹の中から私たちはすでに成長し続けている。お腹の中での一日は一七〇〇年の進化といわれています。それは生まれてからも続きます。月齢、年齢に応じて成長し、発達し、一人前の大人へと順番・順序を経 …

no image

子どもの死因でかなり多いのは「不慮の事故」

山をのぼり始めて間もなく、「何でこんなことをさせるのかよう」とくってかかる子どももいる。このような子どもは、ちょっとした困難に出あっても、すぐに挫折してしまうでしょう。どうか、休日などには自然の中に連 …

no image

赤ちゃんの体温調節をしなければなりません

パパやママは赤ちゃんの体温を調節しなければなりません。ですから、雪の降る日や冷え込む日に、長時間赤ちゃんを撃に連れ出すことは愚かなことなのです。いくら赤ちゃんの体を毛布で包んでも、体がひどく冷え切って …

no image

子供の気力や意欲を失わせないために

子供に「塾をさほるなんてどういうこと?勉強が遅れて成績が下がってもいいの?」「髪を金髪に染めるなんて許しません。学校でも禁止されているし、ご近所にもみっともないでしょ!」このように言われ続ければ、子ど …

no image

赤ちゃんの反応がないかちゃんと観察しましょう

新生児はキューピー人形のようにかわいい姿をしています。自慢するかのように、目立って大きな頭は背丈の三分の一もあります。それに、丸い大きな目とふっくらした真ん丸いほっぺは何とも言えません。 あなたの赤ち …