スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

投稿日:

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをかけなければならない事態になるのは、かけるべきところでブレーキをかけない場合が多い。マイペースをくずしたくないためにブレーキングが必要なところでも、まあいいや、なんて安易な気を起こさず、かならずブレーキングすべきだ。

危険なのは、急激なブレーキングによりバランスを失うこと、これにつきる。強くブレーキをかけると、ホイールはロックを起こす。するとタイヤは接地力を失い、スリップする。スリップしてもまっすぐに進んでくれればいいが、それはごくまれなこと。たいていの場合は横すべりを起こし、そのまま転倒してしまう。もし前のクルマがトラックなどの大型車両だったら、その下にもぐり込むなどということも考えられるし、最悪の場合には対向車線に飛び出してしまう。

ペダルに足がとどくまでに時間がかかる

いまニーグリップをきかせてシートにまたがっていると思ってほしい。ステップに足をけば、右足のつま先は自然にブレーキペダルの上にくる。これが自然の姿勢だ。ところが大股開きで乗ったとする。すると、これまた当たりまえながら、つま先は開いてしまい、そのままの格好ではブレーキペダルを踏むことができない。ところが、この姿勢で乗っている人が多い

股を閉じるときにバランスをくずしやすいし、ペダルに足がとどくまでタイムロスしているものだから、いきおいブレーキングは急になる。急ブレーキはいうまでもなく危険。このように股を開いて乗ることにより、つぎからつぎへと悪循環が生まれてくる。なにか飛び出してきたらどうするのだろう。万一、急にブレーキをかけなければならない事態になったときを考えてみれば、危険性はすぐ理解できる。ブレーキペダルなど忘れたかのような格好なのだ。また、ペダルに足がとどくまでに時間がかかるのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

スーパースポーツバイクの乗り方

スーパースポーツのフートレストにのせる部分は、土踏まずが基本であり、足を移動せず、足首の移動だけで、ブレーキングやシフト動作ができることが大切だ。両ひざは、つねに力を入れて締めつける必要はなく、軽くタ …

no image

自主トレーニングはやったら休む

自主トレーニングはやったら休む。これが長く続ける秘談。回復したらまたやる。この繰り返しである。夜はできるだけ早く寝る。タバコはやらない。これは百害あって一利なし。「なあんだ、意外と平凡だな」と思われる …

no image

ソロツーリングの楽しみ方

ソロツーリングは、文字通りひとりでツーリングすることであり、自由にコースやスケジュールを組んで、気分に合った走りを楽しむことができるのが最大のメリットといえる。だれにも遠慮はいらないし、規制されること …

no image

バイクレースの世界最高峰

ロードレースは、日本をはじめ欧州、東南アジアなど、世界中で開催され、どこででも人気を集めている。世界最高峰のレースは、国際モーターサイクル協会が行う世界ロードレース選手権シリーズで、選手権では全12戦 …