スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

投稿日:

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをかけなければならない事態になるのは、かけるべきところでブレーキをかけない場合が多い。マイペースをくずしたくないためにブレーキングが必要なところでも、まあいいや、なんて安易な気を起こさず、かならずブレーキングすべきだ。

危険なのは、急激なブレーキングによりバランスを失うこと、これにつきる。強くブレーキをかけると、ホイールはロックを起こす。するとタイヤは接地力を失い、スリップする。スリップしてもまっすぐに進んでくれればいいが、それはごくまれなこと。たいていの場合は横すべりを起こし、そのまま転倒してしまう。もし前のクルマがトラックなどの大型車両だったら、その下にもぐり込むなどということも考えられるし、最悪の場合には対向車線に飛び出してしまう。

ペダルに足がとどくまでに時間がかかる

いまニーグリップをきかせてシートにまたがっていると思ってほしい。ステップに足をけば、右足のつま先は自然にブレーキペダルの上にくる。これが自然の姿勢だ。ところが大股開きで乗ったとする。すると、これまた当たりまえながら、つま先は開いてしまい、そのままの格好ではブレーキペダルを踏むことができない。ところが、この姿勢で乗っている人が多い

股を閉じるときにバランスをくずしやすいし、ペダルに足がとどくまでタイムロスしているものだから、いきおいブレーキングは急になる。急ブレーキはいうまでもなく危険。このように股を開いて乗ることにより、つぎからつぎへと悪循環が生まれてくる。なにか飛び出してきたらどうするのだろう。万一、急にブレーキをかけなければならない事態になったときを考えてみれば、危険性はすぐ理解できる。ブレーキペダルなど忘れたかのような格好なのだ。また、ペダルに足がとどくまでに時間がかかるのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのエンジンシステムの種類やその違い

・エンジンシステムの違い 2ストロークエンジンは、クランクシャフト1回転で、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっている。クランクシャフトが1回転するたびに(ピストンが上死点に行くたびに) …

no image

ライディングフォームを直すステップ

基本的なライディングフォームは、自分で絶対に直すという強い意思を持っていれば直せないことはない。走っているオートバイのライダーが、シートの中心からずれて座っているのを見かけるが、たいてい左側にねじれて …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …

no image

バイクのギアチェンジによる加速について

ツーリングなどに行って、1日中走行すれば、何十回・何百回もくり返すことになり、たいへんな労働を強いられるので、疲労度もかなりのものだ。そのため、できる限りスムーズに、そして疲れないようなライディングが …

no image

バイクの乗り降りのコツなど

オートバイは、腕力を含めた体の筋力で乗るものではなく、バランス感覚とテクニックで乗るものである。どの部分に、どの程度力を入れて走るかということは、非常に高度な問題であり、マシンの性能アップと同時に変化 …