バイク

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをかけなければならない事態になるのは、かけるべきところでブレーキをかけない場合が多い。マイペースをくずしたくないためにブレーキングが必要なところでも、まあいいや、なんて安易な気を起こさず、かならずブレーキングすべきだ。

危険なのは、急激なブレーキングによりバランスを失うこと、これにつきる。強くブレーキをかけると、ホイールはロックを起こす。するとタイヤは接地力を失い、スリップする。スリップしてもまっすぐに進んでくれればいいが、それはごくまれなこと。たいていの場合は横すべりを起こし、そのまま転倒してしまう。もし前のクルマがトラックなどの大型車両だったら、その下にもぐり込むなどということも考えられるし、最悪の場合には対向車線に飛び出してしまう。

ペダルに足がとどくまでに時間がかかる

いまニーグリップをきかせてシートにまたがっていると思ってほしい。ステップに足をけば、右足のつま先は自然にブレーキペダルの上にくる。これが自然の姿勢だ。ところが大股開きで乗ったとする。すると、これまた当たりまえながら、つま先は開いてしまい、そのままの格好ではブレーキペダルを踏むことができない。ところが、この姿勢で乗っている人が多い

股を閉じるときにバランスをくずしやすいし、ペダルに足がとどくまでタイムロスしているものだから、いきおいブレーキングは急になる。急ブレーキはいうまでもなく危険。このように股を開いて乗ることにより、つぎからつぎへと悪循環が生まれてくる。なにか飛び出してきたらどうするのだろう。万一、急にブレーキをかけなければならない事態になったときを考えてみれば、危険性はすぐ理解できる。ブレーキペダルなど忘れたかのような格好なのだ。また、ペダルに足がとどくまでに時間がかかるのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加