スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

投稿日:

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをかけなければならない事態になるのは、かけるべきところでブレーキをかけない場合が多い。マイペースをくずしたくないためにブレーキングが必要なところでも、まあいいや、なんて安易な気を起こさず、かならずブレーキングすべきだ。

危険なのは、急激なブレーキングによりバランスを失うこと、これにつきる。強くブレーキをかけると、ホイールはロックを起こす。するとタイヤは接地力を失い、スリップする。スリップしてもまっすぐに進んでくれればいいが、それはごくまれなこと。たいていの場合は横すべりを起こし、そのまま転倒してしまう。もし前のクルマがトラックなどの大型車両だったら、その下にもぐり込むなどということも考えられるし、最悪の場合には対向車線に飛び出してしまう。

ペダルに足がとどくまでに時間がかかる

いまニーグリップをきかせてシートにまたがっていると思ってほしい。ステップに足をけば、右足のつま先は自然にブレーキペダルの上にくる。これが自然の姿勢だ。ところが大股開きで乗ったとする。すると、これまた当たりまえながら、つま先は開いてしまい、そのままの格好ではブレーキペダルを踏むことができない。ところが、この姿勢で乗っている人が多い

股を閉じるときにバランスをくずしやすいし、ペダルに足がとどくまでタイムロスしているものだから、いきおいブレーキングは急になる。急ブレーキはいうまでもなく危険。このように股を開いて乗ることにより、つぎからつぎへと悪循環が生まれてくる。なにか飛び出してきたらどうするのだろう。万一、急にブレーキをかけなければならない事態になったときを考えてみれば、危険性はすぐ理解できる。ブレーキペダルなど忘れたかのような格好なのだ。また、ペダルに足がとどくまでに時間がかかるのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのハンドルの形状

一般に使用するバイクはどんなハンドル形状が理想的だろうか?最もオーソドックスなロードスポーツ、よりスポーツ性の高いスーパースポーツ、それにカスタムとかスペシャルとか呼ばれるセミチョッパータイプ。この3 …

no image

道路標識などに気をつけよう

路肩に立ててある道路標識に気をつけよう。道路標識は最高速度ばかりでなく、コーナーあり、警笛鳴らせ、崖くずれや落石に注意などさまざまな状況を教えてくれる。遠方の路面を見ることも大切だが、これらの標識を見 …

no image

オートバイの種類には4つのタイプ

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。 コンペテーションタイプ(競技用モデル) オフロードタイプ(トレ …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

バイクを寝かせるまでのコツ

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つ …