スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

投稿日:

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキックできるプライマリー方式。急ブレーキでトップのまま停止してもそのままで始動ができる。これでもかからない場合はプラグがかぶる、すなわちガソリンで湿って状態になっていることが多い。そんなときはスロットルをいっばいに開ける。キャブから空気を大量に吸わせることによりプラグの湿りをとってやるわけだ。

とくに街中で、しかも混雑しているときにエンストしたら、気ばかりあせってなかなスタートしない。セルモーターがついていれば、などと思っても、その場ではどうにもらない。他のクルマからは白い目で見られるし、ふんだりけったりだ。こういったときは、あわてないことが最も大切。あわてているとますますかからなくなるもの。

プラグがベタベタに濡れていなければ

また、転倒したマシンを起こすのは大変な作業だが、こればかりはイヤだからやらないというわけにはいかない。もし倒れたら、起こす方法はふたつ。そのひとつはオーソドックスなもので、マシンの倒れた方向からハンドルとシート下のグリップを持ち、抱きかかえるように引き上げるやり方。腰を入れて両足をふんばって起こしてやるのだが、このときはマシンと体を離さないことが大切だ。

ガソリンでプラグがベタベタに濡れていなければ、これでたいていはスタートできるはずだが、それでもダメならプラグをはずしてウエスで拭いてやる。いずれにしろエンストしてもあわてないことが最も大切なこと。早くかけようとあせればあせるほどかからないものだ。エンストしたらオートバイを道のわきに寄せて、そこでエンジンをかけるという心がまえを持ちたい。そこでエンジンをかけて再スタートしても、信号の多い市街地では、エンストせずに走ったのとさほど到着時間に差はないはずだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ハイウェイには危険がいっぱい

ハイウェイには危険がいっぱい。一歩間違えば、直接、死につながる。そこのところをよく考えて、服装を完全にととのえ、マシンをじゅうぶん点検し、気がまえもシャンとしたうえで、ハイウェイに乗り込もう。国内の高 …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …

no image

バイク用つなぎは体にピッタリフィットするものを

バイク用のツナギ。レース用であれば、フルにパット類を入れ、前傾フォームが無理なく決まり体にピッタリフィットする大きさで仕立てる。ツーリング専用の場合は、下に薄手のトレーナーを着られるくらいの余裕が必要 …

no image

バイクではできるだけクラッチを切らないようにすること

コーナーで出口近くにきて、あわててクラッチをミートさせるが、今度はミッションが低かったりすると急に後輪にブレーキがかかり、スリップしたり、リーンしているボディが突然として立ち上がる現象が起きて、フロン …