スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

投稿日:

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキックできるプライマリー方式。急ブレーキでトップのまま停止してもそのままで始動ができる。これでもかからない場合はプラグがかぶる、すなわちガソリンで湿って状態になっていることが多い。そんなときはスロットルをいっばいに開ける。キャブから空気を大量に吸わせることによりプラグの湿りをとってやるわけだ。

とくに街中で、しかも混雑しているときにエンストしたら、気ばかりあせってなかなスタートしない。セルモーターがついていれば、などと思っても、その場ではどうにもらない。他のクルマからは白い目で見られるし、ふんだりけったりだ。こういったときは、あわてないことが最も大切。あわてているとますますかからなくなるもの。

プラグがベタベタに濡れていなければ

また、転倒したマシンを起こすのは大変な作業だが、こればかりはイヤだからやらないというわけにはいかない。もし倒れたら、起こす方法はふたつ。そのひとつはオーソドックスなもので、マシンの倒れた方向からハンドルとシート下のグリップを持ち、抱きかかえるように引き上げるやり方。腰を入れて両足をふんばって起こしてやるのだが、このときはマシンと体を離さないことが大切だ。

ガソリンでプラグがベタベタに濡れていなければ、これでたいていはスタートできるはずだが、それでもダメならプラグをはずしてウエスで拭いてやる。いずれにしろエンストしてもあわてないことが最も大切なこと。早くかけようとあせればあせるほどかからないものだ。エンストしたらオートバイを道のわきに寄せて、そこでエンジンをかけるという心がまえを持ちたい。そこでエンジンをかけて再スタートしても、信号の多い市街地では、エンストせずに走ったのとさほど到着時間に差はないはずだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、そ …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

バイクウェアなどの革製品の手入れ

レザーウェア、グローブ、ブーツなどは手入れの仕方しだいでは一生もつほどになる。小まめに手入れをすれば、革というものはそれにこたえて、いつまででもライダーのために働いてくれるものなのだ。最近は、グリップ …

no image

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれ …

no image

バイクのエンジンシステムの種類やその違い

・エンジンシステムの違い 2ストロークエンジンは、クランクシャフト1回転で、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっている。クランクシャフトが1回転するたびに(ピストンが上死点に行くたびに) …