スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

投稿日:

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキックできるプライマリー方式。急ブレーキでトップのまま停止してもそのままで始動ができる。これでもかからない場合はプラグがかぶる、すなわちガソリンで湿って状態になっていることが多い。そんなときはスロットルをいっばいに開ける。キャブから空気を大量に吸わせることによりプラグの湿りをとってやるわけだ。

とくに街中で、しかも混雑しているときにエンストしたら、気ばかりあせってなかなスタートしない。セルモーターがついていれば、などと思っても、その場ではどうにもらない。他のクルマからは白い目で見られるし、ふんだりけったりだ。こういったときは、あわてないことが最も大切。あわてているとますますかからなくなるもの。

プラグがベタベタに濡れていなければ

また、転倒したマシンを起こすのは大変な作業だが、こればかりはイヤだからやらないというわけにはいかない。もし倒れたら、起こす方法はふたつ。そのひとつはオーソドックスなもので、マシンの倒れた方向からハンドルとシート下のグリップを持ち、抱きかかえるように引き上げるやり方。腰を入れて両足をふんばって起こしてやるのだが、このときはマシンと体を離さないことが大切だ。

ガソリンでプラグがベタベタに濡れていなければ、これでたいていはスタートできるはずだが、それでもダメならプラグをはずしてウエスで拭いてやる。いずれにしろエンストしてもあわてないことが最も大切なこと。早くかけようとあせればあせるほどかからないものだ。エンストしたらオートバイを道のわきに寄せて、そこでエンジンをかけるという心がまえを持ちたい。そこでエンジンをかけて再スタートしても、信号の多い市街地では、エンストせずに走ったのとさほど到着時間に差はないはずだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …

no image

バイクのディスクブレーキの制動力の向上

最近は水に弱い、といわれたディスクブレーキのなき所を解消させて、モトクロッサーやオフロード系マシンにも積極的にディスクブレーキが使用されるようになった。しかし、いくらブレーキ性能がアップしても、それを …

no image

バイクのシフトアップのコツ

シフトアップの方法は、まず、開けたアクセルを瞬時に戻すと同時に、クラッチを切り、ギヤを2速に入れ、クラッチを離して、再びアクセルを開ける。実際の足の動作は、クラッチを切る瞬間に行うことが重要であり、ア …

no image

バイクでもキャンピングは可能

いろいろなことを経験するといったことから、できる限りキャンピングでのツーリングをすすめたい。年をとってから何泊ものキャンプ生活はとても厳しく、できるものではないし、思い出をより深めるためにもキャンプは …

no image

バイクのコーナー進入時の注意するポイント

コーナリングに夢中になって近くばかりを見ていると上下感覚を失いがちだ。防止策は、走っているときにできるだけ遠方を見ることだ。それにコーナーとコーナーの間の直線部分では、少しでもいいから遠い山や建物など …