スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

強制は子どもを抑圧する

投稿日:

六歳になるまで、非常に少食で、体重も十四キロという子どもを治療したことがあります、というある人。お母さんが食べさせることが多かったので、著を使う技術も習得していなかったからです。そこで、一年かかって食欲を取り戻す計画を立て、学校も一年おくらせることにしました。

その子は未熟児で生まれましたので、出生直後より強制栄養(鼻から管を胃に入れて、ミルクを注ぎ込む方法)を受けました。その後、家庭においてもお母さんが熱心に飲食物を詰め込んでいたのです。そして、一歳前後には、完全な食欲不振児になっていました。私がその子どもと生活をともにしたときには、三口か四口の食べ物を食べるにも、時間が長くかかりましたし、ぼろぼろとこぼすことが多い状態でした。

焦っているお母さんは、もう一口ーといった具合に、スプーンに食べ物を盛って与えます。それを食べてくれると、もう一口ーと欲張ってしまいます。これを続けていると、子どもはだんだんと食べることに興味がなくなってしまいます。本格的な食欲不振児になってしまうのです。

「個性」や食欲の「個性」を尊重する

からだの発育の「個性」や食欲の「個性」を尊重するということは、決してむりに食べさせようとしないことです。子どもの食欲に応じて、子どもが「もうたくさん」という態度を示したならば、いさぎよく食事を終えて片づけてしまうことです。食事の量が少ない子どもは、しばしばやせています。やせているから、食欲がさかんでないのかも知れません。つまり、食欲にも「個性」があるといえましょう。それを尊重してほしいのです。

初めは、三口か四口食べる程度の量にしました。それが余りに少ないで、子どもはびっくりしたようです。それでも、一口しか食べなかったので、そのまま片づてしまったのです。そのために、体重が減り始め、お母さんの心配が強くなり、ぐったりしてしまったなどの報告がありましたが、それはお母さんの心配が極度になったからだったようです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が好きでない親によって心は冷たく閉ざされていく

肌のふれ合いは、実は、子ども好きかどうか、子どものためにその気持をよく汲んで可愛がるかどうかにかかっているといえましょう。それは、子どものためには、自分のしたいこともがまんするという「思いやり」の心と …

no image

三歳までの子供にはしつけよりもただ愛情をたっぷり注げばいい

ただただ愛情をたっぷり注いで、かわいがってあげさえすればほぼ大丈夫なのですから。ほんの数年間全力を注いでおくだけで、間違いなく後の子育てがラクになります。そのように思って、わが子に向き合ってあげてくだ …

no image

赤ちゃんの自立心が高まってきたら

赤ちゃんが扱いにくい危険な時期、はその始まりと同様に、いきなり終わりを迎えます。この時期になると、多くの母親はホッと一息ついて、子供をもった喜びに浸ることができるのです。子育ての緊張から、しばし解き放 …

no image

赤ちゃんの声の使い分け

あなたの赤ちゃんは何かほしいと思った時、覚えたばかりの声を上手に使います。「ねえ、聞いてちょうだい!」と言わんばかりに、小さな叫び声を上げることもよくあります。そんな時、返事をしてあげることを忘れない …

no image

子供が四歳を過ぎた頃の遊び方

多くのお母さんには、子どもといっしょになって遊ぶ時間の「ゆとり」はな知れません。ただし、本当に忙しい場合と、子どもと遊ぶための時間の工夫をしていなどがあります。例えば、夕飯の仕度をしているときに、「マ …