スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

きょうだい関係の尺度を作り上げること

投稿日:

最も好ましくない父親像は、自分中心の行動の多い父親です。このような父親は、妻に対する「思いやり」もなく、子どもに対する「責任」も持とうとしません。しかも、外で浮気をしているようなことがあれば、妻を嘆かせるとともに、一家を暗いものにしてしまいます。子どもたちの情緒は、絶えず不安定になっていますから、いつ問題行動を起こすか、非常に心配です。

男の子の中には、お父さんを見習って、だんだんと怠け者になっていく者もあります。家庭にいるときに、子どもの手本となるような行動については、これからいろいろと考えてみる必要があります。問題児がそのような家庭からできるという例を、これまでたくさん見てきました。妻君のみでなく、子どもを犠牲にしているといえましょう。

また、きょうだい関係を作り上げるためには、いずれの子どもも、自分はお母さんからもお父さんからも可愛がられているのだ、という信頼感をもっていることが前提となります。そのためには、子どもの年齢を考えながら、平等に扱う努力が必要となります。

子どもの人格形成にとって重要な役割

きょうだいは、子どもの人格形成にとって重要な役割を演じています。大人になってから、お互いに助け合って困難を切り抜けることもできる、頼りになる存在だといえましょう。しょっちゅう家の中では「けんか」をしていますが、姿が見えないと心配したり、家庭外に出るとかばい合ったりして、その根本のところでは仲がよいことがわかります。

例えば、上の子が三、四歳以下のときに下の子が生まれた場合、どうしたらよいでしよう。よく「お兄ちゃんになったでしょ」などといいくるめようとします。しかし、兄らしさ・姉らしさの気持の芽ばえは、四歳すぎないと発達してこないことを知っている必要があります。このことを知っていれば、「お姉ちゃんになったでしょ」ということはあっても、強制するようなことはしません。平等というのは、同じに扱うという意味ではありません。きちっと、子どもの発達を考えての扱いをすることです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの心に信頼感を育てる

赤ちゃんを手助けするための最善の策は、愛情を込めたお世話と思いやりの心なのです。この月齢の赤ちゃんは甘やかしてだめにするということがありませんから、泣いている時、あやしてやることに、何ら罪の意識を感じ …

no image

礼儀正しい人の育てられた人の根っこは弱い

メロメロになるほど甘えさせてもらった子、甘えきった子は、生きる土台となる根っこの部分ががっしりと強固です。自分に自信があり、安心していますから、人の日を気にしないで自分を堂々と出すことができます。百パ …

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

子どもの力を信じることが必要

西ドイツでは、クリスマスツリーを買ってもらった子どもは、ときどき手を休めながらも、その木を家にまで運んでいきました。お母さんは、「がんばれ」といった顔つきで、腕を組んだままそばについて歩いています。日 …

no image

バスから降りるとき子供が先に降りたがる

バスを先に降りたいといってわがままをいうような子どもがいても、それを許してはなりません。その点でいうことをきかない子どもがいれば、日常生活の中で、けじめをつける教育をしていないことの現われです。物質的 …