スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

キュートな拒食症の女の子たちというスローガン

投稿日:2019年9月23日 更新日:

モデルには不思議に腹が立たないの。だって、モデルってじかに見るとホントに背も高いし手足も長いし、なんか妙な感じ。ニューヨーク・シティ在住の二五歳のライター、レベッカは面白くない様子だ。誰にムカつくって、そりゃグウィネスよ。一九九九年、W誌にジェニファー・アニストンが語っている。数年前の私は、あまりにカービーだって言われてた。ふっくらしてた頃は、きっと親しみやすい存在だったと思うんだけど。

減量の宣伝をする気なんてないわ。読者にわかってもらいたいのは、表紙に写っている魅力は本物じゃないし、そうした輝きを見せるのは楽じゃないってこと。メディアって褒めたりけなしたりよね。痩せているってハードワークなのよ。ああいう写真を撮るのがどんなに大変なことか。その女優の体重は一年間で著しく増減しており、減量あし後の体はたびたび草のように細いホイペットみたいに細いと表現されていた。元NBC重役のロリ・ゴットリーブは、オフィスでかなり長い間はやっていたジョークを覚えている。

キュートな拒食症の女の子たち

フレンズのキャッチフレーズといわれたものをもじったホットな拒食症の女の子たちという言葉である(実際に、九〇年代の終わり頃、キュートな拒食症の女の子たちというスローガンがアイオワのNBC系列局の番組広告看板に使われ、多くの抗議が寄せられていた)。マドモアゼルでセレブのワークアウトに関する特集記事を担当した際に、某大女優を取り上げられないよう、パブリシストから要求された経験がある。私たちは、スターの健康(精神的・肉体的)を気遣うような殊勝なことはせず、むしろ体重を茶化して楽しむものだ。

こういう女性たちは、若いアメリカ人女性にはファッション・モデル的存在なんだから、ホロコーストの生存者みたいに見えないよう気をつけなければ、と心がけるべき私たちが、拒食症的シック、という憧れめいたものを助長してしまっていたの。そう語るゴットリーブ自身も元拒食症患者であり、構みたいな姿という回顧録で自らの摂食障害体験を明かしている。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

大抵のモデルはダイエットもエクササイズもしていないと言い張る

大抵のモデルはダイエットもエクササイズもしていないと言い張る。まあ、ダニエラ・ペストヴァや、クラウディア・シファークラウディアは、一日でもエクササイズしないと体がたるんでくるのがわかるというといった数 …

no image

デザイナーのエゴ

ティアニーが綴る。なぜモデルたちは飢えなければならないのか?ファッション界には、服はハンガーのような体に着せたほうが映えるからという模範解答がある。だが、おそらくはデザイナーのエゴもあるはずである。彼 …

no image

スウェットショップのアメリカの環境は見た目だけではわからない

スウェットショップの環境は、必ずしも見た目だけでわかるわけではない。「皆さん、スウェットショップとは何か暗くて汚くて窮屈なものだと誤解されているみたいですが、それじゃほとんど一九世紀のニューョークの工 …

no image

労働問題改善を唱えるケイティ・クアン

アパレル系のスウェットショップが二〇世紀における恐竜にならなかった主な理由は、製品自体にある。柔らかい生地を扱うため、製造過程をオートメ化しにくいのだ。ここ四〇年間、インフレのおかげで他分野の賃金はお …

no image

ニュース・スタンドに出回る頃には

・ニュース・スタンドに出回る頃には たとえば、記事中にソフィ・ダールの名が出てくる場合、ボディ・タイプを表す枕詞(関感的のような)がついていないことはめったにない。だが、マリ・クレールが表紙でダールと …