スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

キャシーリーギフォードブランドリスト

投稿日:

デイヴィッド・レターマンは、あるリストを作った。題してキャシー・リー・ギフォード・ブランド、新製品トップ・テン。挙げられていたのは、その名もスウェットショップでいい汗流そうという新しいワークアウト・ビデオ、一日三〇セントで過ごすホンジュラスガイドブック、スウェットショップ・バービーなどだ。それから、ゲイリー・プレイクとロバート・ブライがキャシー・リー・ギフォードなんか大嫌いの本を出した。

架空の一日のスケジュールを記したこの本のページには、スウェットショップ労働者の週給を工面するなどといった書き込みがあった。大新聞までもがキャシー・リー・バッシングに加わるようになり、シカゴ・トリビューンは二〇〇〇年七月にさよならキャシー・リー、スウェットショップの女王と銘打った記事を掲載している。カーナガンは、ウォルマートで売られているキャシー・リー・ブランドの服、このライセンス契約で、店側は売上にして年間三億ドル(キャシー・リーは九〇〇万ドル)を稼ぎ出している。

議会で証言した

作っているのは、ホンジュラスにあるグローバル・ファッションというスウェットショップで働く未成年の女の子たちだと、議会で証言した。子どものためのチャリティ活動を行っていることでも知られる彼女は猛反発し、視聴者に向かって涙ながらに訴えた。醜いとか才能がないとか言われるのは構いません。でも、子どもたちのことを気遣っていないと言われるなんて、あんまりだわ!

キャシー・リー・スキャンダルは、格好のお笑いネタになった。防弾のポープモービル(ローマ法王専用車)で町に乗り込んできた嫌われ者のキャシー・リーが命を狙われる、という筋で一話仕立てた。深夜のトーク番組のホストたちは、彼女の歌う甘ったるいCDを槍玉に挙げた。そして、一九九六年春に全国労働委員会(NLC)のエグゼクティブ・ディレクターであるチャールズ・カーナガンが提供した情報で、モーニング・ショーの女王の評判は地に堕ちることになった。NLCは、ニューヨークを拠点として不当な労働慣習と戦う組織である。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

フィット感-試着の際のラインへの期待

たまたまびったりのアパレル・ブランドに出会ったら、その会社の商品はすべて着られる確率が高いんですよ。自分がその会社の正方形、なんですから。みんなが正方形型ってわけじゃない。幅が狭くて丈の長い長方形型だ …

no image

キュートな拒食症の女の子たちというスローガン

モデルには不思議に腹が立たないの。だって、モデルってじかに見るとホントに背も高いし手足も長いし、なんか妙な感じ。ニューヨーク・シティ在住の二五歳のライター、レベッカは面白くない様子だ。誰にムカつくって …

no image

ガリ痩せモデルの毎日の体重へのプレッシャー

モデルには、痩せたままでいなければならないというプレッシャーはあるのだろうか?もちろんだ。フットボール選手なら強さを、科学者なら頭の冴えを、アーティストなら感覚の鋭さを、それぞれ持続しなければならない …

no image

ウォルマートではなくキャシー・リー自身に非難の矛先が向けられた

キャシー・リーの仕事場マンハッタンのテレビ・スタジオが集まるエリアーの目と鼻の先にあるスウェットショップで、彼女のブランドのブラウス五万枚が完成したばかり。この知らせを受けた彼女は、体調が悪いというコ …

no image

アメリカでは数多くの大手企業が反スウェットショップ活動

一九九〇年代半ば、アメリカでは数多くの大手企業が反スウェットショップ活動家に噛み付かれた。そのひとつがジーンズ・メーカーのゲスである。一九九六年、ロサンゼルスに本社を置くこの会社の請負業者五社が、労働 …