スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

口を出さないという教育

投稿日:

「まかせる」という教育は、子どもがしていることをじっと見つめながら、口を出さない、手を貸さない教育です。子どもを見ていると、その行動には未熟な面がたくさんにありますので、つい口を出したり手を貸したりすることになってしまいます。それをグッとこらえて見つめているのですから、親たちにとっては難行苦行になります。

「放任教育」などという言葉もありますが、放任は教育などといえるものではありません。子どもを放任していたら、幼い子どもは大きな事故にあうことになりますし、大きくなって非行化する危険性があります。

自発性の発達は、親や先生が、どのように子どもに「まかせている」かにかかっています。「まかせる」という言葉を使いますと、両親の中には「放り出しておくのですね」といい返す人が多くいます。「放り出す」ということを放任という言葉におきかえてみれば、それは絶対にしてはならないことです。

だめと強くいわれれば

「だめ」と強くいわれれば、それに挑戦する意欲を失ってしまいます。子どもが欲しているものをすぐに取って渡してしまえば、努力する気持が育ちません。次のときには、自分で困難に打ち勝とうとしないで、親たちに「取って」というようになるでしょう。

「危ない、危ない」といってしまったり、「だめ」と叱ったり、ほしいものがあればすぐに与えたりした方が、にとっても楽です。しかし、そうした扱い方は、子どもの年齢が低ければ低いほど影響を受けてしまいます。「危ない」と大きな声を出されれば、それをすることに臆病になってしまいます。

床の上に転んだときにも、骨折のようなけがをしていなければ、自分で起き上がるまで、いくら泣いても、そのままにしておきましょう。大人が抱き起こしてしまうようなことがあれば、次に転んだときには、だれかが抱き起こしてくれるまでは、泣きわめく子どもになってしまいます。それに反して、自分で起き上がったときに、「強くなったねえ」とほめて、けがのあるなしを見て、それがなければごほうびに抱いてあげてもよいのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの歩き始めの時期

どんな子供でも、ほぼ同じ月齢になると、この扱いにくい時期、が訪れます。その時期の始まりについては、一、二週間の誤差はありますが、それが必ず訪れることだけは確かです。一年後、赤ちゃんが自分で歩き始めた頃 …

no image

家庭外でつらい思いをすることがあっても

子どもたちは、家庭外でつらい思いをすることがあっても、家庭の中に一歩足をふみ込むと、心が暖まります。そして、外でのつらい体験も、いつの間にか解消してしまうでしょうし、外でのつらい体験に挑戦しようという …

no image

夫婦話し合いをする方法やその時間

話し合う時間は、どのようなときがよいでしょうか。それは、子どもたちが寝しずまってからのひとときです。二人でお茶を飲みながら、家事や育児について話し合うことができれば、最もよい条件を作り出していることに …

no image

三つ子の魂百までを考えた子育て

「三つ子の魂百まで」ではありませんが、親子関係をつくり、子どもの心の土台をつくるうえで三歳までは基礎固めとなる大事な時期です。したがって、とにかく三歳までは気絶するほど甘えさせてあげましょう。 「お母 …

no image

子供から目を離す親

運転している者は、子どもに対して絶えず注意を払うことが必要で、そのためのドライバーの教育を徹底することを切に望みたいのです。不注意は、お母さんの側にあります。交通事故にあうことの最も多い子どもの年が、 …