スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

口を出さないという教育

投稿日:

「まかせる」という教育は、子どもがしていることをじっと見つめながら、口を出さない、手を貸さない教育です。子どもを見ていると、その行動には未熟な面がたくさんにありますので、つい口を出したり手を貸したりすることになってしまいます。それをグッとこらえて見つめているのですから、親たちにとっては難行苦行になります。

「放任教育」などという言葉もありますが、放任は教育などといえるものではありません。子どもを放任していたら、幼い子どもは大きな事故にあうことになりますし、大きくなって非行化する危険性があります。

自発性の発達は、親や先生が、どのように子どもに「まかせている」かにかかっています。「まかせる」という言葉を使いますと、両親の中には「放り出しておくのですね」といい返す人が多くいます。「放り出す」ということを放任という言葉におきかえてみれば、それは絶対にしてはならないことです。

だめと強くいわれれば

「だめ」と強くいわれれば、それに挑戦する意欲を失ってしまいます。子どもが欲しているものをすぐに取って渡してしまえば、努力する気持が育ちません。次のときには、自分で困難に打ち勝とうとしないで、親たちに「取って」というようになるでしょう。

「危ない、危ない」といってしまったり、「だめ」と叱ったり、ほしいものがあればすぐに与えたりした方が、にとっても楽です。しかし、そうした扱い方は、子どもの年齢が低ければ低いほど影響を受けてしまいます。「危ない」と大きな声を出されれば、それをすることに臆病になってしまいます。

床の上に転んだときにも、骨折のようなけがをしていなければ、自分で起き上がるまで、いくら泣いても、そのままにしておきましょう。大人が抱き起こしてしまうようなことがあれば、次に転んだときには、だれかが抱き起こしてくれるまでは、泣きわめく子どもになってしまいます。それに反して、自分で起き上がったときに、「強くなったねえ」とほめて、けがのあるなしを見て、それがなければごほうびに抱いてあげてもよいのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

手の届かない所にある物をつかもうとするなどの赤ちゃんの特徴

赤ちゃんの特徴には色々ある 手の届かない所にある物をつかもうとする。 とりわけ、オモチャや自分の手、ロなどは細かい部分まで念入りに調べようとする。 魅せられたように繰り返しの動作をじっと眺める。例えば …

no image

子どもの死因でかなり多いのは「不慮の事故」

山をのぼり始めて間もなく、「何でこんなことをさせるのかよう」とくってかかる子どももいる。このような子どもは、ちょっとした困難に出あっても、すぐに挫折してしまうでしょう。どうか、休日などには自然の中に連 …

no image

赤ちゃんの動作が反射によって条件づけられることはないが

赤ちゃんの動作が反射によって条件づけられることはありません。ただ、飢えた時や腹を立てた時だけは、まだ反射的な動作が見られます。そうはいっても、自分の意志による初歩的な動作は、大人の動きとは違って、まだ …

no image

身体接触を通じて子どもに「甘え」が体験させないと

幼いころに、身体接触を通じての「甘え」が体験されないと、お母さんに対する信頼感がないのかと、こわくなるほど。一〜三歳のころにお母さんとの間に身体接触が少なかったことから問題行動が起きたことがはっきりし …

no image

子供が親の真似をするようになると

両親との関係が最も緊密なのは一歳半ころ一歳半を過ぎると、さらにお母さんの生活のまねをすることが多くなります。雑中をかけていると、どこからか布きれを見つけてきて、同じように拭くまねをしたりします。せきあ …