スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

口答えをするなと怒ってしまう

投稿日:

言語的思考というのは、自分の考え方を言葉で表現する力です。この点を考えるならば、そして、発達について勉強してさえいれば、口答えが現われることを喜んでよいはずです。しかし、子どもの発達について勉強の足りないお母さんやお父さんは、子どもが自分の意見をいっただけで、「口答えをするな」と怒ってしまいます。

七〜九歳には、一つの現象が現われます。それは「口答え」です。親が訓戒をしようものなら、いろいろな理屈をつけて立ち向かってくるでしょう。ああいえば、こういうーという状態が現われます。それはなぜでしょう。一つには、子どもが自分なりの意見を持ち始めたことによるのです。自発性の発達とともに、言語的思考の能力も発達したからです。

民主的な教育の中では、自分の意見をはっきりということを大切にしています。意見をはっきりといわせた上で、それがまちがっていれば、正しい考え方を教えるのが親や先生の役割になっています。まちがった考え方をそのままにしておいてはよくないからです。

何でも「ハイ」といって従いなさい

なぜ怒るのか、もう一つの理由は、封建時代にいわれた言葉ーつまり、親のいうことには、何でも「ハイ」といって従いなさいという言葉が頭にこびりついているのです。ですから、子どもから「ハイ」といわれないと、「悪い子」のように思えて、腹が立ってくるのです。

しかし、どの考え方が正しく、どの考え方がまちがっているかという点になると、そこには議論の必要が生じます。その点で議論ができるということが、人間の社会を発展させるにはどうしても必要なことです。ところが、封建時代には、それでは秩序が保てず、上からの命令に従わせようとしました。

家庭でも、家父長のいうことに服従することによって、家庭の秩序を保っていたのです。それが、親のいうことは何でも「ハイ」といってきけーという言葉となって現われたのです。この言葉を子どもにいってきかせているお母さんやお父さんは、民主的なものの考え方のできていない人といえましょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

エリートコースで外面的には順風に見えても

現在の世の中は、物質的な豊かさを求める人間を増加させていますし、それがエリートコース(学歴偏重)と結びつき、それなるが故に、よいといわれている学校に入れたい親の気持に拍車をかけ、知的能力ばかりにこだわ …

no image

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いて …

no image

赤ちゃんが母親に求めるもの

赤ちゃんが求めていることは、ママがそばにいて、自分を見て話しかけたり、いっしょに遊んでくれることです。赤ちゃんは見慣れない人に人見知勘しますか?赤ちゃんはあまり見かけない人には微笑んでくれませんし、泣 …

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

子供への習い事の強制は果たして正解なのか?

お母さんやお父さんの中に、幼いころにバイオリンやピアノの教室に通った方もあるでしょう。あるいは、絵の塾に通った方があると思います。それを思い出しながら、本当に情操が高まったかどうかについて、検討してみ …