スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

車の間をバイクですり抜けていく危険

投稿日:

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいがここで危ないというのは、相手の動きがわからないから危ないというのだ。自分のまわりを取り巻く状況がわからずに走る、これほど危険なことはないのだ。自分ではいくらうまく走っても、周囲の状況は刻々と変わっている。

また、自分のバイクの異常の有無。アイドリング回転数、エンジンからの異音などに、たとえ一瞬でもいいから目と耳を向けてやることが大切。へルメットのアゴひもを締め直すのもこのとき。2輪にとって走行中に片手になることは厳禁。ささいなことから起こる事故は4輪よりはるかに多いのだから、ちょっとしたことでも、このわずかな時間内に処理しておきたい。それが事故を未然に防ぐことになる。

4輪ドライバーの心理が読めればいいが

4輪ドライバーの心理が読めればいいが、そうはいかない。人は種々雑多、考え方も走り方もバラバラ。そのためにある一定のルールをしいているのが交通法規。だが、交通法規は運転の最低限のルールを定めているにすぎない。よくいわれることだが法津は最低限の良心という言葉がある。道交法においても事態はまさにそうなのだ。それなのに、交通法規どおりにすべてのクルマは走っていると思い込んで車間を縫って走っている。危険だというわけは、これだけでじゅうぶんにわかってもらえると思う。

前後を走るクルマを知り、リズムを持って走ることが大切なのだし、その走りが最もスピーディだ。車間を縫わずに走れ、というと4輪と一緒になって走れ、ということと混同するかもしれない。だがそうではないのだ。そのために要求されるのは節度。加速するときには思い切りよく、減速時は早めに、そしてレーン変更は安全を確認し、できるだけ短時間で終了する。これは個々の要素をうまくかみ合わせて走るのだ。そうすれば車間を縫うような状態に追い込まれることもなく、信号待ちは先頭でできることになる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

ライディング下りコーナーのポイント

4ストロークのビッグシングルの場合、トルクが強いので、油断してシフトダウンを怠ると、エンストして転倒することがある。特に、四輪車に追従してノロノロと走る場合は、十分に注意する必要がある。右コーナーの場 …

no image

高出力・高回転型か

・高出力・高回転型か 乾燥重量は、ガソリン、オイル(Fフォーク内含む)、水を含まない車輌重量のことであり、単に車輌重量という場合には、ガソリン、オイル、水を含んだ整備重量をいう。車体の各寸法は、空車時 …

no image

S字コーナーのラインどりについて

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやライン …

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …