バイク

車の間をバイクですり抜けていく危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいがここで危ないというのは、相手の動きがわからないから危ないというのだ。自分のまわりを取り巻く状況がわからずに走る、これほど危険なことはないのだ。自分ではいくらうまく走っても、周囲の状況は刻々と変わっている。

また、自分のバイクの異常の有無。アイドリング回転数、エンジンからの異音などに、たとえ一瞬でもいいから目と耳を向けてやることが大切。へルメットのアゴひもを締め直すのもこのとき。2輪にとって走行中に片手になることは厳禁。ささいなことから起こる事故は4輪よりはるかに多いのだから、ちょっとしたことでも、このわずかな時間内に処理しておきたい。それが事故を未然に防ぐことになる。

4輪ドライバーの心理が読めればいいが

4輪ドライバーの心理が読めればいいが、そうはいかない。人は種々雑多、考え方も走り方もバラバラ。そのためにある一定のルールをしいているのが交通法規。だが、交通法規は運転の最低限のルールを定めているにすぎない。よくいわれることだが法津は最低限の良心という言葉がある。道交法においても事態はまさにそうなのだ。それなのに、交通法規どおりにすべてのクルマは走っていると思い込んで車間を縫って走っている。危険だというわけは、これだけでじゅうぶんにわかってもらえると思う。

前後を走るクルマを知り、リズムを持って走ることが大切なのだし、その走りが最もスピーディだ。車間を縫わずに走れ、というと4輪と一緒になって走れ、ということと混同するかもしれない。だがそうではないのだ。そのために要求されるのは節度。加速するときには思い切りよく、減速時は早めに、そしてレーン変更は安全を確認し、できるだけ短時間で終了する。これは個々の要素をうまくかみ合わせて走るのだ。そうすれば車間を縫うような状態に追い込まれることもなく、信号待ちは先頭でできることになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加