スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

クリッピングポイントを境にアクセルを開けていく

投稿日:

アウトインアウトは、アウトからコーナーに入り、イン側に入り、再びアウト側に抜けていくわけだが、この最もイン側に入った地点をクリッピングポイントといい、レースライダーにとって、クリッピングポイントをどこにとるかは、そのままラップタイムに影響を与えるものだけに重要なものになってくる。また、クリッピングポイントを境にしてアクセルをオンにして加速を始めることにもなり、一般的にはこのポイントをコーナーの奥にとるほうが有利だ。

クリッピングポイントを境にアクセルオンといっても、コーナーに入ったらアクセルを完全に閉じてしまうのでは立ち上がりが厳しい。アクセルを閉じた際は必ずエンジンブレーキを十分にきかせて、エンジン回転数がアイドリングまで下がらないよう気を付け、ミッションも適切な選択が必要だ。

コーナーにいくつもの半径が組み合わさっている場合は奥に、やさしいコーナーではちょうどまん中にポイントを持っていくようにする。逆にクリッピングポイントを浅くとると、立ち上がりが早くなり過ぎてコーナーが終らないうちにアウト側に膨らんでしまい、あわててアクセルを閉じなくてはならないことになる。

ミッションが低すぎると

レースをみていると極限までマシンをバンクさせて華麗なライディンクをみせてくれる。だからといってよし、俺も!と道路で勢いよくまねすると簡単に転倒して痛い目にあう。これは条件がまったく異なるためで、ライダーはその場その場に対応した走りができて一人前のライダーに成長するのだ。

ミッションが低すぎると回転数が上がりすぎたりエンジンブレーキがかかりすぎ、立ち上がりでアクセルを開けても加速しないことになる。ミッションが高すぎると、エンジンブレーキがきかずに、ブレーキに頼りすぎるし立ち上がりがアクセルを開けても、エンジンがまったくついてこないことになる。適当なのは、そのマシンが最も鋭い加速をするミッションと回転数で、じっとクリッピングポイント通過を待つことだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのシフトダウンのコツ

加速や制動はなにもアクセルやブレーキだけで行うものではない。例えば、トップギヤで走行中、行く手の信号機が赤の時、バイクを停止させるのにクラッチを切りブレーキだけでゆっくりと停止するライダーがいるが、こ …

no image

バイクでのコーナリングのアクセルワークとブレーキング

3速50km/hで曲がる中速コーナー。4速からフルブレーキングを行いながら、3速にシフトダウンし、タイミングよくマシンを寝かし込む。フォームはややハングオン気味。上りと下りでは、ブレーキング時間やアク …

no image

オートバイのメカニズムを大別すると5パートに分かれる

オートバイのメカニズムを大別すると、次の5パートになる。前後サスペンション、フレーム・駆動装置、ホイール・ブレーキ装置、保安部品、エンジン本体。 前後サスペンションは、オートバイの種類や用途に合わせ。 …

no image

バイクのエンジンブレーキの仕組みや使い方

エンジンブレーキをご存知だろうか?エンジンがブレーキになるものか、と思う人がいたら、その人はオートバイのメカニズムに弱い人。エンジンをブレーキングに使う、といわれたら、すぐにエンジンブレーキのことだな …

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …