スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

クリッピングポイントを境にアクセルを開けていく

投稿日:

アウトインアウトは、アウトからコーナーに入り、イン側に入り、再びアウト側に抜けていくわけだが、この最もイン側に入った地点をクリッピングポイントといい、レースライダーにとって、クリッピングポイントをどこにとるかは、そのままラップタイムに影響を与えるものだけに重要なものになってくる。また、クリッピングポイントを境にしてアクセルをオンにして加速を始めることにもなり、一般的にはこのポイントをコーナーの奥にとるほうが有利だ。

クリッピングポイントを境にアクセルオンといっても、コーナーに入ったらアクセルを完全に閉じてしまうのでは立ち上がりが厳しい。アクセルを閉じた際は必ずエンジンブレーキを十分にきかせて、エンジン回転数がアイドリングまで下がらないよう気を付け、ミッションも適切な選択が必要だ。

コーナーにいくつもの半径が組み合わさっている場合は奥に、やさしいコーナーではちょうどまん中にポイントを持っていくようにする。逆にクリッピングポイントを浅くとると、立ち上がりが早くなり過ぎてコーナーが終らないうちにアウト側に膨らんでしまい、あわててアクセルを閉じなくてはならないことになる。

ミッションが低すぎると

レースをみていると極限までマシンをバンクさせて華麗なライディンクをみせてくれる。だからといってよし、俺も!と道路で勢いよくまねすると簡単に転倒して痛い目にあう。これは条件がまったく異なるためで、ライダーはその場その場に対応した走りができて一人前のライダーに成長するのだ。

ミッションが低すぎると回転数が上がりすぎたりエンジンブレーキがかかりすぎ、立ち上がりでアクセルを開けても加速しないことになる。ミッションが高すぎると、エンジンブレーキがきかずに、ブレーキに頼りすぎるし立ち上がりがアクセルを開けても、エンジンがまったくついてこないことになる。適当なのは、そのマシンが最も鋭い加速をするミッションと回転数で、じっとクリッピングポイント通過を待つことだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクを寝かせるまでのコツ

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つ …

no image

ライディング下りコーナーのポイント

4ストロークのビッグシングルの場合、トルクが強いので、油断してシフトダウンを怠ると、エンストして転倒することがある。特に、四輪車に追従してノロノロと走る場合は、十分に注意する必要がある。右コーナーの場 …

no image

ライダースキルを上げて上級になるには?

ロードレースやモトクロスという限られた条件の中では、2〜3年のキャリアで上級ライダーになれる人もいるが、一般公道を走る場合は、はっきり言ってレース以上にキャリアとテクニック、そして精神力を必要とする。 …

no image

バイクでのコーナリングのアクセルワークとブレーキング

3速50km/hで曲がる中速コーナー。4速からフルブレーキングを行いながら、3速にシフトダウンし、タイミングよくマシンを寝かし込む。フォームはややハングオン気味。上りと下りでは、ブレーキング時間やアク …

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …