スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

クリッピングポイントを境にアクセルを開けていく

投稿日:

アウトインアウトは、アウトからコーナーに入り、イン側に入り、再びアウト側に抜けていくわけだが、この最もイン側に入った地点をクリッピングポイントといい、レースライダーにとって、クリッピングポイントをどこにとるかは、そのままラップタイムに影響を与えるものだけに重要なものになってくる。また、クリッピングポイントを境にしてアクセルをオンにして加速を始めることにもなり、一般的にはこのポイントをコーナーの奥にとるほうが有利だ。

クリッピングポイントを境にアクセルオンといっても、コーナーに入ったらアクセルを完全に閉じてしまうのでは立ち上がりが厳しい。アクセルを閉じた際は必ずエンジンブレーキを十分にきかせて、エンジン回転数がアイドリングまで下がらないよう気を付け、ミッションも適切な選択が必要だ。

コーナーにいくつもの半径が組み合わさっている場合は奥に、やさしいコーナーではちょうどまん中にポイントを持っていくようにする。逆にクリッピングポイントを浅くとると、立ち上がりが早くなり過ぎてコーナーが終らないうちにアウト側に膨らんでしまい、あわててアクセルを閉じなくてはならないことになる。

ミッションが低すぎると

レースをみていると極限までマシンをバンクさせて華麗なライディンクをみせてくれる。だからといってよし、俺も!と道路で勢いよくまねすると簡単に転倒して痛い目にあう。これは条件がまったく異なるためで、ライダーはその場その場に対応した走りができて一人前のライダーに成長するのだ。

ミッションが低すぎると回転数が上がりすぎたりエンジンブレーキがかかりすぎ、立ち上がりでアクセルを開けても加速しないことになる。ミッションが高すぎると、エンジンブレーキがきかずに、ブレーキに頼りすぎるし立ち上がりがアクセルを開けても、エンジンがまったくついてこないことになる。適当なのは、そのマシンが最も鋭い加速をするミッションと回転数で、じっとクリッピングポイント通過を待つことだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

S字やクランクは難しいがポイントを覚えておけば何とかなる

S字やクランクでは、マシンの操安性やエンジンの性格、ハンドルの形状、ライディングポジション、そして1速の総減速比によって、やさしくも難しくもなる。しかも、手前約5mで一時停止し、10秒以上の時間をかけ …

no image

スローインファーストアウト走行

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や …

no image

クランクや8の字カーブのポイント

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほ …

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、そ …