スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

クリッピングポイントを境にアクセルを開けていく

投稿日:

アウトインアウトは、アウトからコーナーに入り、イン側に入り、再びアウト側に抜けていくわけだが、この最もイン側に入った地点をクリッピングポイントといい、レースライダーにとって、クリッピングポイントをどこにとるかは、そのままラップタイムに影響を与えるものだけに重要なものになってくる。また、クリッピングポイントを境にしてアクセルをオンにして加速を始めることにもなり、一般的にはこのポイントをコーナーの奥にとるほうが有利だ。

クリッピングポイントを境にアクセルオンといっても、コーナーに入ったらアクセルを完全に閉じてしまうのでは立ち上がりが厳しい。アクセルを閉じた際は必ずエンジンブレーキを十分にきかせて、エンジン回転数がアイドリングまで下がらないよう気を付け、ミッションも適切な選択が必要だ。

コーナーにいくつもの半径が組み合わさっている場合は奥に、やさしいコーナーではちょうどまん中にポイントを持っていくようにする。逆にクリッピングポイントを浅くとると、立ち上がりが早くなり過ぎてコーナーが終らないうちにアウト側に膨らんでしまい、あわててアクセルを閉じなくてはならないことになる。

ミッションが低すぎると

レースをみていると極限までマシンをバンクさせて華麗なライディンクをみせてくれる。だからといってよし、俺も!と道路で勢いよくまねすると簡単に転倒して痛い目にあう。これは条件がまったく異なるためで、ライダーはその場その場に対応した走りができて一人前のライダーに成長するのだ。

ミッションが低すぎると回転数が上がりすぎたりエンジンブレーキがかかりすぎ、立ち上がりでアクセルを開けても加速しないことになる。ミッションが高すぎると、エンジンブレーキがきかずに、ブレーキに頼りすぎるし立ち上がりがアクセルを開けても、エンジンがまったくついてこないことになる。適当なのは、そのマシンが最も鋭い加速をするミッションと回転数で、じっとクリッピングポイント通過を待つことだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのマフラーの改造の意味

「暴走ライダーは、あっちへ行ってくれ」、というほかはない。迷惑するのは当の本人ではなく、2輪を正しく乗っている正統派ライダーたちだ。彼らは乗る場所を間違えているのだ。大きな音を出したいなら、またムチャ …

no image

バイクを自己流で運転する怖さ

追い越し時には、前方の安全を確認したらセンターラインをできるだけ短時間で、すなわちできるだけペイントを踏む距離を短くして対向車線へ出て一気に追い抜き、ふたたびセンターラインに対してできるだけ角度をつけ …

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

バイクのコーナー進入時の注意するポイント

コーナリングに夢中になって近くばかりを見ていると上下感覚を失いがちだ。防止策は、走っているときにできるだけ遠方を見ることだ。それにコーナーとコーナーの間の直線部分では、少しでもいいから遠い山や建物など …

no image

バイクが転倒して場合に起こすコツ

転倒したマシンを引き起こすのは、センタースタンドを立てることより難しい。引き起こしのポイントは、重量の重いエンジン部を起こすことである。つまり、車体後部を起こすより、車体前部を起こしたほうが有効だとい …