スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

クレジット産業はその成長性が注目されている数少ない分野

投稿日:2019年9月9日 更新日:

不況が長引き、低迷を余儀なくされる産業が多いなか、クレジット産業はその成長性が注目されている数少ない分野だ。販売信用のうち、クレジットカードによる支払いはカードショッピングと呼ばれて、販売信用の中心に位置しているが、カードを使わない、いわゆる個品割賦(ショッピングクレジット)という分野もあり、これは、家電量販店や家具店で大きな買い物をするときに分割指定を利用する、あの月賦払いのことを指し、こちらも一定の取扱高を保っている。不況が長引き、低迷を余儀なくされる産業が多い中で、この消費者信用産業は好調を続ける数少ない分野だ。

現在、消費者信用産業の牽引役となっているのはクレジットカードであるが、その発行枚数は2億5400万枚(2003年3月末)とおよそ日本人全員がほぼ2枚のクレジットカードを所有している計算となる。クレジットカード発行枚数は1992年の時点では2億1452万枚であったものが、10年間で約4000万枚、約18%拡大している。また、ショッピングとキャッシングをあわせたカード取扱高でみても、92年は18兆2384億円であったものが、2002年には32兆2781億円と、10年間で約77%もの拡大となっている。

消費者信用産業の規模を示す数値の信用供与額

消費者信用産業の規模を示す数値の信用供与額は、日本クレジット産業協会の調べによれば、2002年には3兆8225億円という膨大な規模の市場となっていた。同時期のGDP(国内総生産)の497兆2031億円と比べるとその約15%、また家計最終消費に対して約26・2%を占めており、すでに個人消費の4分の1強はなんらかの形で消費者信用関連となっている。

消費者を対象とした金融サービス・ビジネス全体を消費者信用(ConsumerCredit)産業というが、このうち商品やサービスを後払いで販売することを販売信用(SalesFinance)、キャッシングやローンでお金を貸し付けることを消費者金融(ConsumerFinance)と呼んでいる。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

みなし弁済の要件合意の有効性

・みなし弁済の合意の有効性 和解の前後を通して全取引履歴につき法定利率で引直計算したところ過払金が発生していました。過去に返済が滞り、その後の分割返済につき貸金業者と和解したことがあります。引直計算を …

no image

消費者金融のリスクをちゃんと把握しておく

ヤミ金融対策として罰則の強化が図られ、無登録営業等の懲役刑が五年から一〇年に引き上げられました。消費者としては、消費者金融を利用するにあたり、次の点に注意するようにしましょう。 ・契約書・領収書の交付 …

no image

破産手続の開始決定がされたら借金はすべて消えてしまうの?

・破産手続きの開始があると、借金はすべて消えてしまうのですか? 破産手続の決定を受け、さらに破産手続きが終了しても、それだけでは返せなくなった借金はなくなりません。めぼしい資産がない場合は、破産管財人 …

no image

新たな借入れは順番に古い過払金の弁済(債務の承認)と評価される

10年以上前にいったん完済し、その後取引が中断した後、再び同じ業者から借り入れた場合について(便宜上、いったん完済した借入れを第1借入れ、その後の借入れを第2借入れといいます)、この場合、第1借入れに …

no image

流通系カードは高率のポイント提供などお得が多い

流通系カード各社は、会員に積極的にカードを利用してもらおうと、会員限定セールなど様々な特典をつけている。ジャスコ、サティなどのイオングループでは毎月20日、30日はイオンカード会員限定で5%引きセール …