スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

クレジット産業はその成長性が注目されている数少ない分野

投稿日:2019年9月9日 更新日:

不況が長引き、低迷を余儀なくされる産業が多いなか、クレジット産業はその成長性が注目されている数少ない分野だ。販売信用のうち、クレジットカードによる支払いはカードショッピングと呼ばれて、販売信用の中心に位置しているが、カードを使わない、いわゆる個品割賦(ショッピングクレジット)という分野もあり、これは、家電量販店や家具店で大きな買い物をするときに分割指定を利用する、あの月賦払いのことを指し、こちらも一定の取扱高を保っている。不況が長引き、低迷を余儀なくされる産業が多い中で、この消費者信用産業は好調を続ける数少ない分野だ。

現在、消費者信用産業の牽引役となっているのはクレジットカードであるが、その発行枚数は2億5400万枚(2003年3月末)とおよそ日本人全員がほぼ2枚のクレジットカードを所有している計算となる。クレジットカード発行枚数は1992年の時点では2億1452万枚であったものが、10年間で約4000万枚、約18%拡大している。また、ショッピングとキャッシングをあわせたカード取扱高でみても、92年は18兆2384億円であったものが、2002年には32兆2781億円と、10年間で約77%もの拡大となっている。

消費者信用産業の規模を示す数値の信用供与額

消費者信用産業の規模を示す数値の信用供与額は、日本クレジット産業協会の調べによれば、2002年には3兆8225億円という膨大な規模の市場となっていた。同時期のGDP(国内総生産)の497兆2031億円と比べるとその約15%、また家計最終消費に対して約26・2%を占めており、すでに個人消費の4分の1強はなんらかの形で消費者信用関連となっている。

消費者を対象とした金融サービス・ビジネス全体を消費者信用(ConsumerCredit)産業というが、このうち商品やサービスを後払いで販売することを販売信用(SalesFinance)、キャッシングやローンでお金を貸し付けることを消費者金融(ConsumerFinance)と呼んでいる。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

訴訟提起後の和解基準

過払金返還請求訴訟の現状として、裁判所の判決も圧倒的に顧客側に有利です。貸金業者であれば支払能力に問題もなく、減額和解に応じなければならない必要はありません。特段の事情がない限り、法定利率で引直計算を …

no image

過払い金回収の交渉は相当困難を要するが

引直計算の裏ワザ的方法が存在します。例えば、消費者金融業者が、取引経過を10年分しか出してこない場合に、開示された取引経過の当初残高をゼロ円として引直計算することができるのです。 ・業者の抵抗が強いと …

no image

消費者信用産業のひとつの大きな柱となっている業界

消費者金融とは、消費者の信用を担保に現金を貸し付ける業務のことを指しており、さらに細かく定義すると無担保・無保証で小口現金を貸し付けるサービスとされ、住宅ローンや証券担保ローンなど、高額の貸し付けとは …

no image

金融庁が貸金業法を大幅改正

貸金業法等の改正は、平成一八年一二月二三日に国会で成立し、同一二月二〇日に公布されました。改正内容は、ほぼ貸金業法の全体に及び、その中で消費者(借主=債務者)にとって重要なものは、貸し出し金利の引き下 …

no image

銀行系カードはカード業界をリード

4大メガバンクをバックに加盟店数、サービスとも充実しているグループがある。銀行系カードを取扱高別にみると、最大手がJCB、次がVISAジャパン(三井住友カード・三井住友FG)、UCカード(みずほフィナ …