スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

クレジット産業はその成長性が注目されている数少ない分野

投稿日:2019年9月9日 更新日:

不況が長引き、低迷を余儀なくされる産業が多いなか、クレジット産業はその成長性が注目されている数少ない分野だ。販売信用のうち、クレジットカードによる支払いはカードショッピングと呼ばれて、販売信用の中心に位置しているが、カードを使わない、いわゆる個品割賦(ショッピングクレジット)という分野もあり、これは、家電量販店や家具店で大きな買い物をするときに分割指定を利用する、あの月賦払いのことを指し、こちらも一定の取扱高を保っている。不況が長引き、低迷を余儀なくされる産業が多い中で、この消費者信用産業は好調を続ける数少ない分野だ。

現在、消費者信用産業の牽引役となっているのはクレジットカードであるが、その発行枚数は2億5400万枚(2003年3月末)とおよそ日本人全員がほぼ2枚のクレジットカードを所有している計算となる。クレジットカード発行枚数は1992年の時点では2億1452万枚であったものが、10年間で約4000万枚、約18%拡大している。また、ショッピングとキャッシングをあわせたカード取扱高でみても、92年は18兆2384億円であったものが、2002年には32兆2781億円と、10年間で約77%もの拡大となっている。

消費者信用産業の規模を示す数値の信用供与額

消費者信用産業の規模を示す数値の信用供与額は、日本クレジット産業協会の調べによれば、2002年には3兆8225億円という膨大な規模の市場となっていた。同時期のGDP(国内総生産)の497兆2031億円と比べるとその約15%、また家計最終消費に対して約26・2%を占めており、すでに個人消費の4分の1強はなんらかの形で消費者信用関連となっている。

消費者を対象とした金融サービス・ビジネス全体を消費者信用(ConsumerCredit)産業というが、このうち商品やサービスを後払いで販売することを販売信用(SalesFinance)、キャッシングやローンでお金を貸し付けることを消費者金融(ConsumerFinance)と呼んでいる。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

カード発行枚数は頭打ちだがショッピング取扱高は伸びている

カードを10枚持っていた人も2〜3枚に減らしている。そのため、カード発行枚数は頭打ちとなり、これ以上は大きく伸びないと見られている。それなのに、ショッピング取扱高は順調に伸びている。それは何故かという …

no image

信用情報機関とは?その役割や義務など

信用情報機関では、支払い実績などのほかに、カードの限度額や氏名、住所、電話番号などの属性情報も蓄積している。一方、カード会社や消費者金融業者は信用情報機関に問い合わせるだけでなく、カード申し込み情報や …

no image

次世代システムの開発で各グループが死闘を展開

最近は、処理する情報量が飛躍的に増大し、処理のスピードも高速化が求められている。古いシステムにしがみついていれば、売上処理が遅れたり、会員への請求業務が滞ったりして重大なクレームとなって返ってくる恐れ …

no image

金融庁が貸金業法を大幅改正

貸金業法等の改正は、平成一八年一二月二三日に国会で成立し、同一二月二〇日に公布されました。改正内容は、ほぼ貸金業法の全体に及び、その中で消費者(借主=債務者)にとって重要なものは、貸し出し金利の引き下 …

no image

貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えている

近年の傾向として、裁判例で、当初残高もしくは貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えています。残高無視計算による場合、真実の過払金額より多額の請求が認められる余地が出てきますが、正確な …