スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

相次ぐ新顔クレジットカード会社の参入による影響

投稿日:2019年9月9日 更新日:

~相次ぐ新顔カード会社の参入~

これまでクレジットカード事業とは無縁であったり、提携カードで満足していた大企業がこぞってカード発行を始めている。新しくクレジットカード業界へ参入したのは、トヨタ、ソニー、JR東日本、NTTグループといった自動車、家電、運輸、通信の各分野を代表する大企業で、自らカード会社やカード事業部を立ち上げて積極果敢にうってでている。クレジットカード市場は急速に拡大している。

ネットショッピングの流行や携帯電話を使っての決済などがそれを象徴している。不況のなかでも成長を続けてきたクレジットカード業界は、今後さらなる成長と発展が約束されている数少ない業界である。こうした背景もあり、クレジットカード事業は異業種からの参入が相次ぎ、利用者に提供されるサービスも大きく前進している。好調を続ける市場をめざして自動車、家電、通信、運輸の大手企業がカード事業を立ち上げ、競争は織烈になっている。

地方銀行でも動きがでている

スルガとりそな銀行は、VISAインターナショナルからプリンシパルメンバーの資格を取得した。本体発行にこだわるのは、系列のカード会社で発行するのに比べ、利用者の購買データを直接手にすることができるため、マーケティングに役立つからだ。さらに、プリンシパルメンバーになれば、VISAのデビットカードのサービスを提供できるため、相乗効果期待できるのである。

スルガ、佐賀、静岡銀行などが、既存のカード会社と提携し、発行をスタートした。系列のバンクカードは、三井住友カードとの提携を明確に打ち出し生き残りを図ろうとしている。また、本体発行が増えているのも目を引く。JCBは、UFJグループとの良好な関係を維持しつつ、独立を守るとみられる。地方銀行でも動きがでているようだ。地方から業界が活性化していくのは、良いことだろう。今後の業界の動きに注目していきたいところである。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

全国信用情報センターは全国の33の情報センターによって構成

全国信用情報センター(消費者金融系)は、全国の33の情報センターによって構成されている全国信用情報センター連合会(全情連)の窓口機関。 全国銀行個人信用情報センター(銀行系)は、銀行、信用金庫などの金 …

no image

文書提出命令を出し貸金業者が従わず取引履歴を出さなかった場合に

文書提出命令の決定が出ると、原告の主張(推定計算)が真実と認められる可能性が出てくるため、貸金業者は文書の提出を余儀なくされます。したがって、取引履歴を開示する気のない貸金業者は、文書提出命令の申立て …

no image

残高無視計算による訴訟提起とその後の訴訟

・残高無視計算による訴訟提起とその後の訴訟 残高無視の計算書は、返済から始まっており、請求する側としても不思議に思っています。貸金業者が取引雇歴をー部しか開示しないので、当初残高を無視し、開示された取 …

no image

新たな借入れは順番に古い過払金の弁済(債務の承認)と評価される

10年以上前にいったん完済し、その後取引が中断した後、再び同じ業者から借り入れた場合について(便宜上、いったん完済した借入れを第1借入れ、その後の借入れを第2借入れといいます)、この場合、第1借入れに …

no image

調査嘱託申立ては裁判所に申立書を提出して行う

原告が、銀行等の金融機関の預金口座からの引落しにより返済をしている場合や、預金口座への振込みによって貸付けを受けていた場合、原告の預金口座のあった取引金融機関に対する調査嘱託を申し立て、貸付けと返済の …