スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

クレジットカード、キャッシングの利用方法は節度ある方法で

投稿日:2019年9月15日 更新日:

日本では、クレジットカードの発行枚数が急増を続け、それに伴いクレジットカードにまつわるトラブルも急増しています。便利だからといってむやみに利用するのではなく、クレジットカードを利用することは、借金をすることと同じなのだという明確な認識をもって利用する必要があります。

カード社会といわれるアメリカでは、カード無し化しています。しかし、現在の日本では、カードが生活することは不便なほどカードが一般くかりません。今一度、本当にカードを持つ必要があるらといって不便を感じるほどではないのか、考え直してみるのもよいでしょう。

何か商品を買いたいと思っても、その商品が今の自分にとって、借金をしてでも必要なものなのかどうか、また、その金額を返済することができるのかどうか、よく考えてから利用しなければなりません。

クレジットカードは現金の持ち合わせがなくとも、商品やサービスを手に入れることができる非常に便利なものです。しかし便利である反面、使い方を間違えると大変なことになる場合もあります。借金であるかぎりは、必ず返さなければならないし、当然利息も支払わなければならないのです。

借金をしてでも必要なものなのかどうか

買いたい商品が今の自分にとって、借金をしてでも必要なものなのかどうか、本当に今すぐ必要なお金なのか、その時に衝動的にお金を借りるのではなく、しっかりと考えた上でお金を借りるほうがいいでしょう。お金は人の人生を大きく左右してしまう、とても怖い化け物になってしまうこともあります。ちゃんと計画的に使う分には、モンスターになることはありませんが、何も考えないで衝動的に使い続けていると、必ずいつか痛い目に遭う日が来てしまうものなのです。

特にカードでお金を借りて使う場合、金銭感覚がおかしくなってしまうことがよくありますから、気をつけなければいけません。お金を甘く見ていると、必ず痛い目に遭うことになりますから、決して甘く見ないことです。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

全国信用情報センターは全国の33の情報センターによって構成

全国信用情報センター(消費者金融系)は、全国の33の情報センターによって構成されている全国信用情報センター連合会(全情連)の窓口機関。 全国銀行個人信用情報センター(銀行系)は、銀行、信用金庫などの金 …

no image

従前に取引のあったことの証明

貸金業者は、借入れ・返済のあったときは、これを帳簿に記録として残す法律上の義務があるので、借入れ・返済が過去の一時点であったことが証明されれば、その前後の取引を記録した文書を所持していたことは明白にな …

no image

クレジットカードの支払いの種類-おすすめはリボルビング払い

クレジットカードの支払い方法にはいくつかの種類があるが、分割払いとリボルビング払いがある。分割払いは、買い物代金を3回、6回、15回など月ごとに分けて支払う方式をいう。カード利用ごとボーナス一括払いと …

no image

これ以前の取引はない取引履歴を廃棄したと主張された場合

・これ以前の取引はない、取引履歴を廃棄したと主張された場合 このような場合、どうしたらよいのでしようか。原告の主張する取引開始時にはそもそも取引がなかったから文書は存在しないと主張されました。また、文 …

no image

包括契約であっても個別契約であっても計算方法は同一

取引に約5年9カ月間の空白期間がある事案で、「消費者金融における顧客にとって過払金がいつどれだけ発生しているのかといった事実を認識することは困難であり(この事実は、通常、事後に判明する。)過払金に係る …