スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

クレジットカード、キャッシングの利用方法は節度ある方法で

投稿日:2019年9月15日 更新日:

日本では、クレジットカードの発行枚数が急増を続け、それに伴いクレジットカードにまつわるトラブルも急増しています。便利だからといってむやみに利用するのではなく、クレジットカードを利用することは、借金をすることと同じなのだという明確な認識をもって利用する必要があります。

カード社会といわれるアメリカでは、カード無し化しています。しかし、現在の日本では、カードが生活することは不便なほどカードが一般くかりません。今一度、本当にカードを持つ必要があるらといって不便を感じるほどではないのか、考え直してみるのもよいでしょう。

何か商品を買いたいと思っても、その商品が今の自分にとって、借金をしてでも必要なものなのかどうか、また、その金額を返済することができるのかどうか、よく考えてから利用しなければなりません。

クレジットカードは現金の持ち合わせがなくとも、商品やサービスを手に入れることができる非常に便利なものです。しかし便利である反面、使い方を間違えると大変なことになる場合もあります。借金であるかぎりは、必ず返さなければならないし、当然利息も支払わなければならないのです。

借金をしてでも必要なものなのかどうか

買いたい商品が今の自分にとって、借金をしてでも必要なものなのかどうか、本当に今すぐ必要なお金なのか、その時に衝動的にお金を借りるのではなく、しっかりと考えた上でお金を借りるほうがいいでしょう。お金は人の人生を大きく左右してしまう、とても怖い化け物になってしまうこともあります。ちゃんと計画的に使う分には、モンスターになることはありませんが、何も考えないで衝動的に使い続けていると、必ずいつか痛い目に遭う日が来てしまうものなのです。

特にカードでお金を借りて使う場合、金銭感覚がおかしくなってしまうことがよくありますから、気をつけなければいけません。お金を甘く見ていると、必ず痛い目に遭うことになりますから、決して甘く見ないことです。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

文書提出命令の真実擬制と申立て

・文書提出命令の真実擬制と申立て 第1回の裁判後、法廷で事実上開示を求めても、当事者照会を行っても、貸金業者は態度を全く改めることなく、頑として取引履歴を開示しません。貸金業者が全取引履歴を開示しない …

no image

みなし弁済の要件合意の有効性

・みなし弁済の合意の有効性 和解の前後を通して全取引履歴につき法定利率で引直計算したところ過払金が発生していました。過去に返済が滞り、その後の分割返済につき貸金業者と和解したことがあります。引直計算を …

no image

これ以前の取引はない取引履歴を廃棄したと主張された場合

・これ以前の取引はない、取引履歴を廃棄したと主張された場合 このような場合、どうしたらよいのでしようか。原告の主張する取引開始時にはそもそも取引がなかったから文書は存在しないと主張されました。また、文 …

no image

OMCカード-ダイエーの名前で有名になった会社のこれまで

ダイエーのハウスカードから出発し、独自展開を積極化オーエムシーカードの前身は1950年に誕生した月賦百貨店の丸興、78年に朝日クレジット株と共同でダイエーメンバーズカードの発行を始めた。その後、丸興が …

no image

訴訟提起とその後の訴訟活動

・訴訟提起とその後の訴訟活動 第1回の裁判後、どのような主張・立証活動を行えばよいでしょうか。貸金業者が全部の取引履歴を開示しないので、仕方なく自分の記憶に基づいて取引履歴を再現して訴訟を提起しました …