クレジットカード

クレジットカード、キャッシングの利用方法は節度ある方法で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では、クレジットカードの発行枚数が急増を続け、それに伴いクレジットカードにまつわるトラブルも急増しています。便利だからといってむやみに利用するのではなく、クレジットカードを利用することは、借金をすることと同じなのだという明確な認識をもって利用する必要があります。

カード社会といわれるアメリカでは、カード無し化しています。しかし、現在の日本では、カードが生活することは不便なほどカードが一般くかりません。今一度、本当にカードを持つ必要があるらといって不便を感じるほどではないのか、考え直してみるのもよいでしょう。

何か商品を買いたいと思っても、その商品が今の自分にとって、借金をしてでも必要なものなのかどうか、また、その金額を返済することができるのかどうか、よく考えてから利用しなければなりません。

クレジットカードは現金の持ち合わせがなくとも、商品やサービスを手に入れることができる非常に便利なものです。しかし便利である反面、使い方を間違えると大変なことになる場合もあります。借金であるかぎりは、必ず返さなければならないし、当然利息も支払わなければならないのです。

借金をしてでも必要なものなのかどうか

買いたい商品が今の自分にとって、借金をしてでも必要なものなのかどうか、本当に今すぐ必要なお金なのか、その時に衝動的にお金を借りるのではなく、しっかりと考えた上でお金を借りるほうがいいでしょう。お金は人の人生を大きく左右してしまう、とても怖い化け物になってしまうこともあります。ちゃんと計画的に使う分には、モンスターになることはありませんが、何も考えないで衝動的に使い続けていると、必ずいつか痛い目に遭う日が来てしまうものなのです。

特にカードでお金を借りて使う場合、金銭感覚がおかしくなってしまうことがよくありますから、気をつけなければいけません。お金を甘く見ていると、必ず痛い目に遭うことになりますから、決して甘く見ないことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加