スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

クレジットカード、キャッシングの利用方法は節度ある方法で

投稿日:2019年9月15日 更新日:

日本では、クレジットカードの発行枚数が急増を続け、それに伴いクレジットカードにまつわるトラブルも急増しています。便利だからといってむやみに利用するのではなく、クレジットカードを利用することは、借金をすることと同じなのだという明確な認識をもって利用する必要があります。

カード社会といわれるアメリカでは、カード無し化しています。しかし、現在の日本では、カードが生活することは不便なほどカードが一般くかりません。今一度、本当にカードを持つ必要があるらといって不便を感じるほどではないのか、考え直してみるのもよいでしょう。

何か商品を買いたいと思っても、その商品が今の自分にとって、借金をしてでも必要なものなのかどうか、また、その金額を返済することができるのかどうか、よく考えてから利用しなければなりません。

クレジットカードは現金の持ち合わせがなくとも、商品やサービスを手に入れることができる非常に便利なものです。しかし便利である反面、使い方を間違えると大変なことになる場合もあります。借金であるかぎりは、必ず返さなければならないし、当然利息も支払わなければならないのです。

借金をしてでも必要なものなのかどうか

買いたい商品が今の自分にとって、借金をしてでも必要なものなのかどうか、本当に今すぐ必要なお金なのか、その時に衝動的にお金を借りるのではなく、しっかりと考えた上でお金を借りるほうがいいでしょう。お金は人の人生を大きく左右してしまう、とても怖い化け物になってしまうこともあります。ちゃんと計画的に使う分には、モンスターになることはありませんが、何も考えないで衝動的に使い続けていると、必ずいつか痛い目に遭う日が来てしまうものなのです。

特にカードでお金を借りて使う場合、金銭感覚がおかしくなってしまうことがよくありますから、気をつけなければいけません。お金を甘く見ていると、必ず痛い目に遭うことになりますから、決して甘く見ないことです。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

文書提出命令を出し貸金業者が従わず取引履歴を出さなかった場合に

文書提出命令の決定が出ると、原告の主張(推定計算)が真実と認められる可能性が出てくるため、貸金業者は文書の提出を余儀なくされます。したがって、取引履歴を開示する気のない貸金業者は、文書提出命令の申立て …

no image

契約書作成時において貸金業者の窓口担当者は

契約書作成時において、貸金業者の窓口担当者は、合意管轄の条項について詳しい説明などしませんので、債務者は、裁判所の合意ての内容を認識していません。さらに、条項の効力を認めると、債務者は遠方の裁判所に訴 …

no image

貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えている

近年の傾向として、裁判例で、当初残高もしくは貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えています。残高無視計算による場合、真実の過払金額より多額の請求が認められる余地が出てきますが、正確な …

no image

移送決定即時抗告

抗告理由書において、裁判官が移送の決定を認めた理由をよく検討したうえで、移送決定の理由が形式的な判断にとどまっている当事者間の衡平を図るためには移送申立てを却下する必要があること(特に、移送申立てが認 …

no image

法律が定める裁判所の管轄と移送

・法律が定める裁判所の管轄と移送 「移送」 裁判所は、提起された裁判が、その管轄に属しないと認めるときには、立てによりまたは職権で、管轄のある裁判所に移送します。 「合意管轄」 当事者が管轄について合 …