スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

クレジットカードの包括契約の締結など

投稿日:2015年8月9日 更新日:

サラ金業者のほとんどが、借入限度額(極度額)の枠内であれば債務者は自由に借入れ・返済ができるという包括契約を締結しています。契約上の地位の移転は、単に債権の移転をするのではなく、債権を発生させた原契約に基づいて派生するすべての債権・債務関係(契約上の地位)を一体として、譲渡人から譲受人に移転し引き継ぐことをいいます。

包括契約が締結された場合、貸金業者は顧客(債務者)に対し貸し付けた金銭の返還を求める権利を取得する一方、顧客(債務者)から要求があれば限度額までは金銭を貸し付けなければならないという義務を負います。この権利と義務が一体になった関係を「契約上の地位」(本件に即していえば「貸主としての地位」)といいます。

譲渡人(旧会社)から譲受人(新会社)に契約上の地位(貸主の地位)の移転がなされたと評価できるときは、旧会社での取引関係も新会社に引き継がれます。その場合、旧会社で発生していた過払金も新会社に移転しますから、その過払金の返還請求は新会社に対してできます。

営業譲渡や債権譲渡が行われ

営業譲渡や債権譲渡が行われ、顧客(債務者)に対する債権が新会社に譲渡された場合には、顧客(債務者)に対して貸金業規制法24条が規定する債権譲渡等書面を交付することが義務づけられています。そこで、この場合の24条書面の内容を検討すると、「譲渡された債権の表示」として、「基本契約」や「包括契約」の文言が記載されていることがほとんどです。

契約上の地位の移転であることの立証方法譲受人(新会社)と譲渡人(旧会社)が、営業譲渡契約を締結している場合でも、実質的にみれば、貸主としての地位が新会社に移転していると評価できる場合がほとんどです。

24条書面にこのような文言が記載されていれば、形式的に譲受人(新会社)と譲渡人(旧会社)の間で営業譲渡契約や債権譲渡契約が締結されていても、実質的には契約上の地位(包括契約を締結した貸主としての地位)が移転されたことになります。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

銀行系カードはカード業界をリード

4大メガバンクをバックに加盟店数、サービスとも充実しているグループがある。銀行系カードを取扱高別にみると、最大手がJCB、次がVISAジャパン(三井住友カード・三井住友FG)、UCカード(みずほフィナ …

no image

商工ローン業者の手形貸付けに関して極度額を基準としたもの

裁判例において、信販系業者とのクレジットカード利用契約について、すべての借入れを一体としてとらえ、一口一連の金銭消費貸借契約であると認定したうえで、利率について借入限度額を基準としたもの、商工ローン業 …

no image

カード会社の収益の柱

カード会社の仕組みを説明してみよう。カード会社は、加盟店からの手数料のほかに、会員からの分割払いやリボ払いの金利、それに年会費などが入ってくる。これらがカード会社の収益の柱となっているが、薄利多売の業 …

no image

クレジット&ローン業界の近年の飛躍と大きな伸び

これまでクレジットカードというと、デパート、スーパー、またはレストラン、居酒屋などの飲食店での利用が中心だったが、最近は高速道路の料金から、タクシー料金、病院の診察料(人間ドックが中心)、催事場、携帯 …

no image

新規カード会社の参入-業界の顔を脅かす存在に

成長余力が高く、イメージアップにも繋がるクレジットカード業界に進出しようと消費者金融は大手(アコム、プロミス、アイフル、三洋信販)をはじめとして活発な動きを見せていた。消費者金融市場は急拡大を遂げたが …