スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

クレジットカードの包括契約の締結など

投稿日:2015年8月9日 更新日:

サラ金業者のほとんどが、借入限度額(極度額)の枠内であれば債務者は自由に借入れ・返済ができるという包括契約を締結しています。契約上の地位の移転は、単に債権の移転をするのではなく、債権を発生させた原契約に基づいて派生するすべての債権・債務関係(契約上の地位)を一体として、譲渡人から譲受人に移転し引き継ぐことをいいます。

包括契約が締結された場合、貸金業者は顧客(債務者)に対し貸し付けた金銭の返還を求める権利を取得する一方、顧客(債務者)から要求があれば限度額までは金銭を貸し付けなければならないという義務を負います。この権利と義務が一体になった関係を「契約上の地位」(本件に即していえば「貸主としての地位」)といいます。

譲渡人(旧会社)から譲受人(新会社)に契約上の地位(貸主の地位)の移転がなされたと評価できるときは、旧会社での取引関係も新会社に引き継がれます。その場合、旧会社で発生していた過払金も新会社に移転しますから、その過払金の返還請求は新会社に対してできます。

営業譲渡や債権譲渡が行われ

営業譲渡や債権譲渡が行われ、顧客(債務者)に対する債権が新会社に譲渡された場合には、顧客(債務者)に対して貸金業規制法24条が規定する債権譲渡等書面を交付することが義務づけられています。そこで、この場合の24条書面の内容を検討すると、「譲渡された債権の表示」として、「基本契約」や「包括契約」の文言が記載されていることがほとんどです。

契約上の地位の移転であることの立証方法譲受人(新会社)と譲渡人(旧会社)が、営業譲渡契約を締結している場合でも、実質的にみれば、貸主としての地位が新会社に移転していると評価できる場合がほとんどです。

24条書面にこのような文言が記載されていれば、形式的に譲受人(新会社)と譲渡人(旧会社)の間で営業譲渡契約や債権譲渡契約が締結されていても、実質的には契約上の地位(包括契約を締結した貸主としての地位)が移転されたことになります。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

みなし弁済の要件合意の有効性

・みなし弁済の合意の有効性 和解の前後を通して全取引履歴につき法定利率で引直計算したところ過払金が発生していました。過去に返済が滞り、その後の分割返済につき貸金業者と和解したことがあります。引直計算を …

no image

信用情報機関とは?その役割や義務など

信用情報機関では、支払い実績などのほかに、カードの限度額や氏名、住所、電話番号などの属性情報も蓄積している。一方、カード会社や消費者金融業者は信用情報機関に問い合わせるだけでなく、カード申し込み情報や …

no image

データ保管の都合上廃棄したと主張する貸金業者

貸金業者は、10年以上の取引履歴は保存していない、破棄したなどと主張する場合があります。しかし、貸金業者にとって重要なデータの廃棄は考えられません。「データ保管の都合上廃棄した」といっても、コンピュー …

no image

訴訟提起後の攻防訴えの変更は書面で行う必要があります

訴状の請求金額は高めに設定すること推定計算による請求金額が実際の過払金額よりも少額だと、貸金業者が取引履歴を提出せず、請求を認諾(認めて支払ってくる)してしまう可能性があります。推定計算を行う場合には …

no image

カード会社の収益の柱

カード会社の仕組みを説明してみよう。カード会社は、加盟店からの手数料のほかに、会員からの分割払いやリボ払いの金利、それに年会費などが入ってくる。これらがカード会社の収益の柱となっているが、薄利多売の業 …