スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

クレジットカードが普及していった大きな理由

投稿日:2019年9月9日 更新日:

ごくあたりまえに使われているクレジットカードだが、クレジットとは日本語で信用とか信頼という意味である。手持ちの現金がなくてもモノが買えるカラクリ。この発明がクレジットカードの普及を促進している。

カード会社は加盟店(販売店)と加盟店契約、販売店は会員と売買契約、会員はカード会社とあっせん契約をそれぞれ結び取引を行う、これを三者間契約と呼んでいる。クレジットカードでの取引は、その信用を基本にカード会社、加盟店、会員の三者が、互いに責任を分かち合う形で成立している。

インターネットの普及により、自宅にいながら国内外の者からを購入できるネットショッピングが人気を呼んでいることがカード利用に拍艦車をかけている。しかし、ここまでカード払いのできる所が増えても日本で個人消費支出に占めるクレジットカード決済の割合は、まだ約10%に過ぎない。

韓国は約60%という驚異的な数字

現金で払えば何の得もないが、カード払いにすると、商品が割引になったり、ポイントやマイレージが貯まり、キャッシュバックを受けたり、景品やマイルに交換することができる。さらにクレジットカードの会員になっていれば、海外旅行傷害保険に自動的に加入できたり、デパートや専門店が主催する優待バーゲンへの招待もある。こうした会員特典が人気になってカードが使われるようになっている。

アメリカの場合は約20%であり、お隣りの韓国は約60%という驚異的な数字を示している。日本のカード利用はアメリカはもちろん、韓国には遠く及ばない。その意味では日本は依然、カードの発展途上国なのである。カードを利用できる範囲がグンと広がった。スーパーやデパート、レストランやホテルはもちろん、高速道路の料金所、宅配便の支払い、タクシーからカラオケ店まで、今やカードを使えるシーンを数えたら切りがない。クレジットカードの利用が増えている1つの理由は、その利益実感の高さにある。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

包括契約であっても個別契約であっても計算方法は同一

取引に約5年9カ月間の空白期間がある事案で、「消費者金融における顧客にとって過払金がいつどれだけ発生しているのかといった事実を認識することは困難であり(この事実は、通常、事後に判明する。)過払金に係る …

no image

過払い金回収の交渉は相当困難を要するが

引直計算の裏ワザ的方法が存在します。例えば、消費者金融業者が、取引経過を10年分しか出してこない場合に、開示された取引経過の当初残高をゼロ円として引直計算することができるのです。 ・業者の抵抗が強いと …

no image

データ保管の都合上廃棄したと主張する貸金業者

貸金業者は、10年以上の取引履歴は保存していない、破棄したなどと主張する場合があります。しかし、貸金業者にとって重要なデータの廃棄は考えられません。「データ保管の都合上廃棄した」といっても、コンピュー …

no image

訴訟提起とその後の訴訟活動

・訴訟提起とその後の訴訟活動 第1回の裁判後、どのような主張・立証活動を行えばよいでしょうか。貸金業者が全部の取引履歴を開示しないので、仕方なく自分の記憶に基づいて取引履歴を再現して訴訟を提起しました …

no image

契約書作成時において貸金業者の窓口担当者は

契約書作成時において、貸金業者の窓口担当者は、合意管轄の条項について詳しい説明などしませんので、債務者は、裁判所の合意ての内容を認識していません。さらに、条項の効力を認めると、債務者は遠方の裁判所に訴 …