スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

クレジット&ローン業界の近年の飛躍と大きな伸び

投稿日:2019年9月9日 更新日:

これまでクレジットカードというと、デパート、スーパー、またはレストラン、居酒屋などの飲食店での利用が中心だったが、最近は高速道路の料金から、タクシー料金、病院の診察料(人間ドックが中心)、催事場、携帯電話(NTTドコモ)の利用料金などこれまでカード払いができなかった分野でも続々使えるようになってきた。力ード利用のシーンが増えているのだ。

それまでオーソリゼーション(本人確認)は電話線につながった端末機で行っていたため、タクシーでの利用(リアルタイムでのオーソリゼーション)は実質不可能であった。それが携帯電話の原理を活用した無線式の端末が開発されたため、いつでもどこでも気軽に本人確認ができるようになり、タクシーはもちろん催事場などでも利用できるようになった。

クレジット&ローン業界はここ数年、好調に推移しているが、それを支えているのが利用シーンの急速な拡大である。定期券の購入からタクシー料金、病院の診察料までクレジットカード決済のできる場所が拡大中だ。このカード解禁で消費の現場は様変わりしつつある。カード利用に抵抗のない若者が毎日の生活でせっせと使っており、クレジットカードは小口決済でも使える身近な決済手段に変身したといっていい。

公共料金のカード払いも

また、公共料金のカード払いも、電話料金、ガス、新聞代(一部)、電気料金、携帯電話料金、鉄道の定期券、乗車券、それに病院での診療代などもカードで払える時代になった。2001年秋からはJR東日本で一般カードの取り扱いが始まり、乗車券や定期券をカードで買えるようになった。とくにタクシーでのカード決済が可能になったのは、無線式の簡易端末(CAT)が登場したおかげである。

さらに、これまでほとんど手つかずだったコンビニ業界でもカードが使えるようになった。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの大手チェーンは、それぞれカード子会社を設立して自社カードを発行した。すでにローソン、ファミリーマートは自らのチェーン店舗でカードが利用できる体制を整えている。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

真実擬制を適用して債務者側の推定計算の主張を事実と認める裁判例は多い

真実擬制の効果は絶大。文書提出命令の決定が出たときは、貸金業者に対して極めて大きなダメージを与えることになります。真実擬制を適用して債務者側の推定計算の主張を事実と認め、過払金の返還を命じた裁判例も多 …

no image

専属的合意管轄であっても移送は認められない

専属的合意管轄であっても、当事者の衡平の観点から移送は認められない。専属的な合意がなされた裁判所以外の法定管轄裁判所に訴訟が提起された場合、訴訟の遅滞を避けるためまたは当事者間の衡平を図るため必要なと …

no image

信販系カードは提携カードの数と種類が多いのが特色

2002年には銀行が直接発行する一部のクレジットカード(バンクカードなど)にもリボ、分割払いが認められたために、他系列とのハンディキャップは完全に解消された。これによって、欧米のように銀行が直接クレジ …

no image

施行規則17条2項で貸金業者

・施行規則17条2項で貸金業者 電算化による貸金業者の一元管理の利益も考慮して、施行規則17条2項で貸金業者は、その営業所等において、その業務に関する法第19条に規定する帳簿の記載事項を記載した書面を …

no image

貸付残高証明責任

訴訟においては、当初貸付残高がないことを原告(債務者)が証明しなければならないのか、それとも逆に当初貸付残高が存在していることを被告(貸金業者)が証明しなければならないのか、という点が問題となります。 …