ニキビ

クレーター肌で治らない状態にならないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しい洗顔はニキビ治療・予防に非常に有効なのですが、「間違った洗顔」や「過剰な洗顔」は逆効果になることを知っておきましょう。この炎症が起こっている赤ニキビ、腰まででる黄ニキビは、治った後も俗に「あばた面」「夏みかんの皮」「月面クレーター」などといわれることもあるデコボコが目立っニキビ跡が残る原因となってしまいます。こうした場合では、炎症や化膜が皮フの外側の表皮層だけでなく、その下の真皮層の組織までダメージを与えていることもあります。

真皮層までえぐれてしまうと、皮フの弾力や張りをつくっているコラーゲンやエラスチンが生成・形成される組織が傷ついたり失われたりするために、元の健康な皮フの状態に戻りにくくなってしまいます。組織が傷ついている状態に加えて、さらに強くこすったり指や爪でつぶすという物理的な力が加わると、真皮層がえぐれて皮フに「ニキビ跡クレーター(月面クレーター)」という大きな凹型の穴ができてしまいます。

ニキビが赤ニキビや黄ニキビの段階まで悪化していると、アクネ根菌は炎症で毛穴の中の細胞壁に損傷を与えます。つまり皮フの健全な組織を破壊して、癖痕を作ってしまうのです。このとき、洗顔やタオルなどでゴシゴシこすると、炎症がさらに悪化し癖痕がいっそうひどくなる危険性があるので注意が必要です。

ニキビ跡をつくらないように一日も早く治療する

またデコボコだけでなく、皮フが薄くなってケロイド状になったり色素沈着が残ったりすることもあります。赤ニキビや黄ニキビができているようなら、ニキビ跡をつくらないように一日も早く治療することが望ましいといえるでしょう。

ニキビ治療のあとやニキビ治療と併行してニキビ跡治療を行うことも少なくありません。そうでないと、未来にずっと悪影響を及ぼすみにくいニキビ跡をつくってしまうのです。
早期の予防治療によってニキビ跡を作らないのが一番なのですが、もしニキビ跡ができてしまっても、それ以上悪くしないように早期治療を行うことできれいに治る可能性が高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加