スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

クレーター肌で治らない状態にならないために

投稿日:

正しい洗顔はニキビ治療・予防に非常に有効なのですが、「間違った洗顔」や「過剰な洗顔」は逆効果になることを知っておきましょう。この炎症が起こっている赤ニキビ、腰まででる黄ニキビは、治った後も俗に「あばた面」「夏みかんの皮」「月面クレーター」などといわれることもあるデコボコが目立っニキビ跡が残る原因となってしまいます。こうした場合では、炎症や化膜が皮フの外側の表皮層だけでなく、その下の真皮層の組織までダメージを与えていることもあります。

真皮層までえぐれてしまうと、皮フの弾力や張りをつくっているコラーゲンやエラスチンが生成・形成される組織が傷ついたり失われたりするために、元の健康な皮フの状態に戻りにくくなってしまいます。組織が傷ついている状態に加えて、さらに強くこすったり指や爪でつぶすという物理的な力が加わると、真皮層がえぐれて皮フに「ニキビ跡クレーター(月面クレーター)」という大きな凹型の穴ができてしまいます。

ニキビが赤ニキビや黄ニキビの段階まで悪化していると、アクネ根菌は炎症で毛穴の中の細胞壁に損傷を与えます。つまり皮フの健全な組織を破壊して、癖痕を作ってしまうのです。このとき、洗顔やタオルなどでゴシゴシこすると、炎症がさらに悪化し癖痕がいっそうひどくなる危険性があるので注意が必要です。

ニキビ跡をつくらないように一日も早く治療する

またデコボコだけでなく、皮フが薄くなってケロイド状になったり色素沈着が残ったりすることもあります。赤ニキビや黄ニキビができているようなら、ニキビ跡をつくらないように一日も早く治療することが望ましいといえるでしょう。

ニキビ治療のあとやニキビ治療と併行してニキビ跡治療を行うことも少なくありません。そうでないと、未来にずっと悪影響を及ぼすみにくいニキビ跡をつくってしまうのです。
早期の予防治療によってニキビ跡を作らないのが一番なのですが、もしニキビ跡ができてしまっても、それ以上悪くしないように早期治療を行うことできれいに治る可能性が高くなります。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

顔のたるみ解消は表情筋トレーニングで

・表情筋を鍛えてたるみを解消 加齢により表情筋自体の緊張は低下してきます。顔には約40種類もの筋肉があり、私たちの感情を表現するために絶えず動いていますが、普段の生活ではこの表情筋を約30%しか使って …

no image

手の甲のシワをなくすには手作りドレッシングオイルが有効

年齢とともに目立ち始める手の甲のしみやしわ。顔と同様、露出が多い手の甲は紫外線によるダメージを受けやすい部分です。この部分のケアは紫外線対策に尽きると言ってもいいでしょう。顔のスキンケアの際に、美白化 …

no image

専門医療機関でのアグレッシブケアを試してみましょう

ニーズの多いアグレッシブケアについて、医療機関ではどんなことを行い、どんな美肌効果があるのか。スキンケアや食事、ストレッチ、生活習慣の改善など、これまで健康にあまり気を使わずにきた人は、すでに肌の老化 …

no image

ブリッジセラピーなどの効果

もうすぐ40歳に手が届くかな、という年齢になった頃から、急に目尻の下あたりにシミやソバカスが目立ちはじめる女性がいます。そういう人は、シミ・ソバカスを隠すために、あるいは少しでも薄くするために美白効果 …

no image

ローションパックの効果で前倒しケア

ホルモンバランスの乱れから首に二キビが出る。体の周期を知っておけば、首の集中ローションパックで前倒しケアができる。首のリンパマッサージも行うとよい。Tゾーンの脂浮きや毛穴の開きが気になる人向き。毎朝の …