スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

クラッチ握らないギアチェンジテクニック

投稿日:

へアピンカープなどで観戦していると、ライダーは長い時間にわたってひざをこすりながら、マシンをバンクさせていくシーンをみることができる。しかし、最近はマシンの開発が早急に進んでいるため、バンクさせてもステップは接地しないし、以前のようにブーツのつま先をするようなこともほとんどないが、バンクセンサーパットは減っていくもので、パット部が減ってしまったら新しいものととり換えることになる。

このパットをつけてないとすぐにツナギがすり切れてしまい、だめになってしまう。実際は、ひざといってもひざの外側が当たるわけで、この部分にバンクセンサーといわれるパットをとりつけて、レザースーツが破れるのを防ぐ方法が採用されている。

ロードレースのクラッチ操作

ミッションそのものは非常にデリケートにできていて、ラフな扱いはミッションの寿命を縮める原因にもなる。しかし、基本をしっかりとマスターすれば、このような操作を行ってもマシンはライダーの意志にそって働いてくれるものなのだ。従って、シフトアップの際、ライダーはエンジン回転数をうまくコントロールすることによって、クラッチを使わずに操作を完了させることが可能となる。

ロードレースではクラッチ操作も非常にシビアで、素早い動きが要求される。例えば、マシンがスタートを切る。そしてシフトアップしていくが、この時、ライダーはクラッチを使わず、わずかなアクセルワークだけでミッションミートを行ってしまう。そんなことをしたらミッションが壊れないの?、と思う人も多いかもしれないが、これは、いちいちクラッチを切って二速、三速、四速とシフトアップしているのでは、タイムロスが生じるために行うハイテクニックでもある。

クラッチを使った時でも、教習所で習ったように4本指を使ってクラッチレバーを握るようなことはしない。あくまで指は1本か2本、多くても3本が限度だろう。なにも、これはレースだけにしか使えないテクニックではなく、一般走行でも十分に使用できるものとされる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。 ・アメリカンタイプ まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジシ …

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

バイクでの雨中走行

雨中の走行で気を付けなければならないのはライダーのウェアだ。しっかりしたレインウェアを着用していなければ快適な走りは望めないし、ライダーの心理状態にもスキができてしまう。レインスーツ、ブーツカバー、グ …

no image

腹筋トレーニングメニュー

体力より精神力が問われるのがトレーニング。あせらずにコツコツと積み重ねてはじめて筋力が備わってくる。あせりは大敵だ。前側つまり腹筋を強化。腹筋の大切さはここであらためて説明するまでもないだろう。どんな …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …