スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

クラッチ握らないギアチェンジテクニック

投稿日:

へアピンカープなどで観戦していると、ライダーは長い時間にわたってひざをこすりながら、マシンをバンクさせていくシーンをみることができる。しかし、最近はマシンの開発が早急に進んでいるため、バンクさせてもステップは接地しないし、以前のようにブーツのつま先をするようなこともほとんどないが、バンクセンサーパットは減っていくもので、パット部が減ってしまったら新しいものととり換えることになる。

このパットをつけてないとすぐにツナギがすり切れてしまい、だめになってしまう。実際は、ひざといってもひざの外側が当たるわけで、この部分にバンクセンサーといわれるパットをとりつけて、レザースーツが破れるのを防ぐ方法が採用されている。

ロードレースのクラッチ操作

ミッションそのものは非常にデリケートにできていて、ラフな扱いはミッションの寿命を縮める原因にもなる。しかし、基本をしっかりとマスターすれば、このような操作を行ってもマシンはライダーの意志にそって働いてくれるものなのだ。従って、シフトアップの際、ライダーはエンジン回転数をうまくコントロールすることによって、クラッチを使わずに操作を完了させることが可能となる。

ロードレースではクラッチ操作も非常にシビアで、素早い動きが要求される。例えば、マシンがスタートを切る。そしてシフトアップしていくが、この時、ライダーはクラッチを使わず、わずかなアクセルワークだけでミッションミートを行ってしまう。そんなことをしたらミッションが壊れないの?、と思う人も多いかもしれないが、これは、いちいちクラッチを切って二速、三速、四速とシフトアップしているのでは、タイムロスが生じるために行うハイテクニックでもある。

クラッチを使った時でも、教習所で習ったように4本指を使ってクラッチレバーを握るようなことはしない。あくまで指は1本か2本、多くても3本が限度だろう。なにも、これはレースだけにしか使えないテクニックではなく、一般走行でも十分に使用できるものとされる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのパニックブレーキ

パニックブレーキとは、シフトダウンする余裕もなく、直ちに前後ブレーキをフルに効かせ、急停止して危険を回避することである。急停止は、クラッチを切らずに、アクセルオフと同時に前後ブレーキをフルに効かせて行 …

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

ツーリング初心者は日帰り日程からはじめる

ツーリングの楽しみは実行するより、事前のプラン立ての方が楽しい、なんていう人がいるぐらい計画を立てるのは胸がワクワクする。何回もプランを立てて、それを実行していくうちに慣れるし反省を重ねるのでコツもわ …

no image

クリッピングポイントを境にアクセルを開けていく

アウトインアウトは、アウトからコーナーに入り、イン側に入り、再びアウト側に抜けていくわけだが、この最もイン側に入った地点をクリッピングポイントといい、レースライダーにとって、クリッピングポイントをどこ …

no image

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力が …