スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

クラッチ握らないギアチェンジテクニック

投稿日:

へアピンカープなどで観戦していると、ライダーは長い時間にわたってひざをこすりながら、マシンをバンクさせていくシーンをみることができる。しかし、最近はマシンの開発が早急に進んでいるため、バンクさせてもステップは接地しないし、以前のようにブーツのつま先をするようなこともほとんどないが、バンクセンサーパットは減っていくもので、パット部が減ってしまったら新しいものととり換えることになる。

このパットをつけてないとすぐにツナギがすり切れてしまい、だめになってしまう。実際は、ひざといってもひざの外側が当たるわけで、この部分にバンクセンサーといわれるパットをとりつけて、レザースーツが破れるのを防ぐ方法が採用されている。

ロードレースのクラッチ操作

ミッションそのものは非常にデリケートにできていて、ラフな扱いはミッションの寿命を縮める原因にもなる。しかし、基本をしっかりとマスターすれば、このような操作を行ってもマシンはライダーの意志にそって働いてくれるものなのだ。従って、シフトアップの際、ライダーはエンジン回転数をうまくコントロールすることによって、クラッチを使わずに操作を完了させることが可能となる。

ロードレースではクラッチ操作も非常にシビアで、素早い動きが要求される。例えば、マシンがスタートを切る。そしてシフトアップしていくが、この時、ライダーはクラッチを使わず、わずかなアクセルワークだけでミッションミートを行ってしまう。そんなことをしたらミッションが壊れないの?、と思う人も多いかもしれないが、これは、いちいちクラッチを切って二速、三速、四速とシフトアップしているのでは、タイムロスが生じるために行うハイテクニックでもある。

クラッチを使った時でも、教習所で習ったように4本指を使ってクラッチレバーを握るようなことはしない。あくまで指は1本か2本、多くても3本が限度だろう。なにも、これはレースだけにしか使えないテクニックではなく、一般走行でも十分に使用できるものとされる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのディスクブレーキの制動力の向上

最近は水に弱い、といわれたディスクブレーキのなき所を解消させて、モトクロッサーやオフロード系マシンにも積極的にディスクブレーキが使用されるようになった。しかし、いくらブレーキ性能がアップしても、それを …

no image

バイク用つなぎは体にピッタリフィットするものを

バイク用のツナギ。レース用であれば、フルにパット類を入れ、前傾フォームが無理なく決まり体にピッタリフィットする大きさで仕立てる。ツーリング専用の場合は、下に薄手のトレーナーを着られるくらいの余裕が必要 …

no image

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次 …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …

no image

バイクのミッションの重要性

ミッションは多ければ、それだけ有利な走りが可能だが多くすればするほど操作が忙しくなり実用性から遠ざかっていくため、現在では6段が限界と考えられているのだろう。エンジンは何回転、スピードは何km/hでど …