バイク

クランクやS字ではギアの選定ばかり気にしない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クランクやS字では、バンクさせることやギヤの選定、ラインどりなど、上手に走ることばかりを考えていると、下を向くことが多くなり、どうしても安全確認やウインカースイッチの操作がおろそかになってしまう。切り返しが終了したら、頭を上げ、視野を広くして、自分のとるべき動作を確認することが大切である。

使用するギヤは、2速が一般的であり、フォームはリーンアウトかリーンウイズが適している。注意点は、マシンを引き起こしながらのウインカースイッチの操作と、左右の確認であり、さらに必要な場合は、2速から1速にシフトダウンすることである。出口が一時停止の場合はそれほど難しくないが、左折の場合は縁石に沿って小回りをするため、出口での方向が重要になる。それには、切り返したらすぐにブレーキングを行いつつ、マシンをなるべく左に向けて、停止なり徐行をすることである。

ウインカースイッチに手をかけるにしても、いちいちグリップを見てから行うようでは、クランクやS字は上手に走れない。また、パイロン等の立体障害物への接触は、車体後部のケースがほとんどであり、接触を避けるには、バンク角を慎み、後輪がパイロンとパイロンの中央を通過するように前輪のラインどりを考えることである。

中腰でのポジションは

中腰でのポジションは、適度にひざを曲げ、路面からのショックをソフトに逃がすと同時に、ガソリンタンクやシート(マシンによって差はある)をガッチリとホールドする(締めつける)。さらに、両足首でのホールドもギュッと力を入れて行い、つま先を内側に向ける。前傾ポジションのマシンで中腰姿勢をとるケースはそれほどないが、連続した波状路では、腰を下ろしたままだと視線が乱れ、アクセルワークも乱れてしまう。

オフロードバイクの場合、波状路などは平坦路とほとんど変わらずに走行できるが、前傾ポジションのスーパースポーツの場合は、少々のテクニックが必要である。波状路でのポイントは、中腰でのニーグリップ、アクセルワーク。肩の力を抜くこと、そしてグリップをしっかり握ることなどで、テクニックとしては、それほど難しくない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加