スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

クランクや8の字カーブのポイント

投稿日:

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほどだ。

8の字コースは、S字コースにくらべると、幅は狭いがRは大きく、切り返しの動作も、S字ほど瞬時に行う必要はない。ブレーキや半クラッチは使用せず、2速ホールドのまま、スムースなアクセルワークと安定した切り返しを行えばオーケーだ。ここで覚えてほしいのは、右回りでも左回りでも、同じようにバンクし、苦手なコーナーをつくらないことである。

ビギナーや女性の場合は、左カーブでは外ブレーキ(後輪ブレーキが外側にある)のため操作しやすいが、右カーブでは上手に曲がれないという人が多い。確かに、ダートでのコーナーリングであれば、外ブレーキのほうがコーナー進入時に遅くまでコントロールできるが、だからといって、一概に左コーナーのほうが速く曲がれるというわけではない。

クランクやS字は

クランクやS字は、スラロームや一本橋(直線狭路)にくらべると、通過するのはやさしいが、そこへ持っていくまでのラインや脱出後の進路変更が難しい。通過方法は、クランクもS字も、切り返しが入る点ではまったく同じであり、角か丸かの違いだけである。8の字走行やスラロームでの応用が、このクランク・S字コースであり、外周路や幹線コースをトップギヤで走行している状態から。

一般の舗装路の場合は、右も左も同じようにあるわけで、危険度の高い右コーナーを苦手と思い込んでしまうと、恐さが先に立って、なかなかテクニックが向上しない。そこで、練習するときは、苦手なほうのコーナーに合わせたフォームで走行することが大切で、右と左でフォームが少しくらい違っても、気にする必要はまったくない。シフトダウン→進路変更→ブレーキングの順で最適なスピードまで落とし、適度なバンク角でスムースに通過することが大切である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …

no image

ライディング下りコーナーのポイント

4ストロークのビッグシングルの場合、トルクが強いので、油断してシフトダウンを怠ると、エンストして転倒することがある。特に、四輪車に追従してノロノロと走る場合は、十分に注意する必要がある。右コーナーの場 …

no image

バイクのブレーキングテクニックをマスターできるのか

ブレーキングのテクニックは無限の広がりを持つ。これほどむずかしいブレーキのかけ方を1カ月やそこらでマスターできるはずがない。しかし、走り出したからには止まらなければならない。ブレーキングに自信のない人 …

no image

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキッ …

no image

バイクのローリング族について

ローリング族は、ひとつの峠道を毎日のように通い、何回も往復しては速さを磨き、自分より速そうなヤツがくるとすぐに追いかけていって抜き去るところに快感を覚える人たちだ。最近は、有名な峠道ならどこに行っても …