バイク

クランクや8の字カーブのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほどだ。

8の字コースは、S字コースにくらべると、幅は狭いがRは大きく、切り返しの動作も、S字ほど瞬時に行う必要はない。ブレーキや半クラッチは使用せず、2速ホールドのまま、スムースなアクセルワークと安定した切り返しを行えばオーケーだ。ここで覚えてほしいのは、右回りでも左回りでも、同じようにバンクし、苦手なコーナーをつくらないことである。

ビギナーや女性の場合は、左カーブでは外ブレーキ(後輪ブレーキが外側にある)のため操作しやすいが、右カーブでは上手に曲がれないという人が多い。確かに、ダートでのコーナーリングであれば、外ブレーキのほうがコーナー進入時に遅くまでコントロールできるが、だからといって、一概に左コーナーのほうが速く曲がれるというわけではない。

クランクやS字は

クランクやS字は、スラロームや一本橋(直線狭路)にくらべると、通過するのはやさしいが、そこへ持っていくまでのラインや脱出後の進路変更が難しい。通過方法は、クランクもS字も、切り返しが入る点ではまったく同じであり、角か丸かの違いだけである。8の字走行やスラロームでの応用が、このクランク・S字コースであり、外周路や幹線コースをトップギヤで走行している状態から。

一般の舗装路の場合は、右も左も同じようにあるわけで、危険度の高い右コーナーを苦手と思い込んでしまうと、恐さが先に立って、なかなかテクニックが向上しない。そこで、練習するときは、苦手なほうのコーナーに合わせたフォームで走行することが大切で、右と左でフォームが少しくらい違っても、気にする必要はまったくない。シフトダウン→進路変更→ブレーキングの順で最適なスピードまで落とし、適度なバンク角でスムースに通過することが大切である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加