スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

クランクや8の字カーブのポイント

投稿日:

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほどだ。

8の字コースは、S字コースにくらべると、幅は狭いがRは大きく、切り返しの動作も、S字ほど瞬時に行う必要はない。ブレーキや半クラッチは使用せず、2速ホールドのまま、スムースなアクセルワークと安定した切り返しを行えばオーケーだ。ここで覚えてほしいのは、右回りでも左回りでも、同じようにバンクし、苦手なコーナーをつくらないことである。

ビギナーや女性の場合は、左カーブでは外ブレーキ(後輪ブレーキが外側にある)のため操作しやすいが、右カーブでは上手に曲がれないという人が多い。確かに、ダートでのコーナーリングであれば、外ブレーキのほうがコーナー進入時に遅くまでコントロールできるが、だからといって、一概に左コーナーのほうが速く曲がれるというわけではない。

クランクやS字は

クランクやS字は、スラロームや一本橋(直線狭路)にくらべると、通過するのはやさしいが、そこへ持っていくまでのラインや脱出後の進路変更が難しい。通過方法は、クランクもS字も、切り返しが入る点ではまったく同じであり、角か丸かの違いだけである。8の字走行やスラロームでの応用が、このクランク・S字コースであり、外周路や幹線コースをトップギヤで走行している状態から。

一般の舗装路の場合は、右も左も同じようにあるわけで、危険度の高い右コーナーを苦手と思い込んでしまうと、恐さが先に立って、なかなかテクニックが向上しない。そこで、練習するときは、苦手なほうのコーナーに合わせたフォームで走行することが大切で、右と左でフォームが少しくらい違っても、気にする必要はまったくない。シフトダウン→進路変更→ブレーキングの順で最適なスピードまで落とし、適度なバンク角でスムースに通過することが大切である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクではできるだけクラッチを切らないようにすること

コーナーで出口近くにきて、あわててクラッチをミートさせるが、今度はミッションが低かったりすると急に後輪にブレーキがかかり、スリップしたり、リーンしているボディが突然として立ち上がる現象が起きて、フロン …

no image

モトクロスで使う筋肉のトレーニング法

プロの鍛練は、握力機を使って行うという。これはオートバイのハンドルを台に固定し、ブレーキ、クラッチ、アクセルの各ワイヤーを強力なスプリングで引っ張る構造になっており、オートバイに乗る感覚で握力を強化し …

no image

バイクの減速にエンジンブレーキを使う

トップで走っていて停止する場合、1段ずつエンジンブレーキをきかせながら減速していく。こうすれば前後のブレーキにかかる負担が少なくてすむし、停止したときにはすでに2速あるいは1速までシフトダウンしている …

no image

バイクのコーナー進入速度以外に注意すること

急ブレーキ。コーナーリング中に急停止するときは、寝ている車体を垂直に近い角度まで立て直してから行う。急ブレーキと進路変更を行う場合は、ブレーキを解除してから進路変更を行い、必要があれば、再びブレーキン …

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …