スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

クランクや8の字カーブのポイント

投稿日:

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほどだ。

8の字コースは、S字コースにくらべると、幅は狭いがRは大きく、切り返しの動作も、S字ほど瞬時に行う必要はない。ブレーキや半クラッチは使用せず、2速ホールドのまま、スムースなアクセルワークと安定した切り返しを行えばオーケーだ。ここで覚えてほしいのは、右回りでも左回りでも、同じようにバンクし、苦手なコーナーをつくらないことである。

ビギナーや女性の場合は、左カーブでは外ブレーキ(後輪ブレーキが外側にある)のため操作しやすいが、右カーブでは上手に曲がれないという人が多い。確かに、ダートでのコーナーリングであれば、外ブレーキのほうがコーナー進入時に遅くまでコントロールできるが、だからといって、一概に左コーナーのほうが速く曲がれるというわけではない。

クランクやS字は

クランクやS字は、スラロームや一本橋(直線狭路)にくらべると、通過するのはやさしいが、そこへ持っていくまでのラインや脱出後の進路変更が難しい。通過方法は、クランクもS字も、切り返しが入る点ではまったく同じであり、角か丸かの違いだけである。8の字走行やスラロームでの応用が、このクランク・S字コースであり、外周路や幹線コースをトップギヤで走行している状態から。

一般の舗装路の場合は、右も左も同じようにあるわけで、危険度の高い右コーナーを苦手と思い込んでしまうと、恐さが先に立って、なかなかテクニックが向上しない。そこで、練習するときは、苦手なほうのコーナーに合わせたフォームで走行することが大切で、右と左でフォームが少しくらい違っても、気にする必要はまったくない。シフトダウン→進路変更→ブレーキングの順で最適なスピードまで落とし、適度なバンク角でスムースに通過することが大切である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

オートバイの種類には4つのタイプ

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。 コンペテーションタイプ(競技用モデル) オフロードタイプ(トレ …

no image

ライディング下りコーナーのポイント

4ストロークのビッグシングルの場合、トルクが強いので、油断してシフトダウンを怠ると、エンストして転倒することがある。特に、四輪車に追従してノロノロと走る場合は、十分に注意する必要がある。右コーナーの場 …

no image

ストッピングパワーなどの用語

・ストッピングパワー ブレーキ能力の大小を表現する言葉。 ・0〜400m加速 通常、「0〜4加速」といい、停止状態から400mを走行するのに要した時間を計測する。この0〜4加速は、ライダーのテクニック …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …

no image

バイクでの雨中走行

雨中の走行で気を付けなければならないのはライダーのウェアだ。しっかりしたレインウェアを着用していなければ快適な走りは望めないし、ライダーの心理状態にもスキができてしまう。レインスーツ、ブーツカバー、グ …