スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼から個人主義者と言われてしまった

投稿日:

私は個人主義者なのだそうです、と語るある女性。なんとなくわかります、彼の言っている意味は。私は最終的には自分が一番かわいいのです。価値観もすべて自分のものに依っています。

先日、彼といつものように喫茶店で話していました。そのとき彼がつぶやいた言葉、きみって個人主義者だね。けっきょく僕のことは最終的には、なんの意味も持たないんだなが重く私の心にのしかかっています。

考えてみれば、私は他人の話をちゃんと聞いたあげく、やっぱり最後は自分のことを語っています。でも決してわがまま放題に生きているつもりはないし、彼のことも大切に思っているのです。個人主義って本当に悪なのですか?、とのこと

世の中にはー主義という言葉がいっぱい転がっていますが、厳密にチェックするとおのおのフイールドが限定されてるわけです。ですから、民主主義と個人主義とどちらが正しい、という質問には答えは出ないのです。フィールドが違うので比較の対象にならないわけです。

個人の幸福を追求するという考え

個人主義とは、資本主義や社会主義と肩を並べるような意味での主義ではありません。同じようにー主義を名乗っていますが、個人主義は経済理念に基づく思想体系ではないからです。同様に、実存主義や虚無主義(ニヒリズム)とも親類関係にはありません。これらは、哲学、あるいは文学における用語だからです。

個人主義とは、個人の幸福を追求するという考えです。私は塾に通わなければいというのが個人主義なわけです。そのため、全体がないがしろにされてもやむをえけないから、今日の生徒総会は欠席します、私は、全体主義より個人主義を好みます。全体主義はファッションです。独裁者の出現を予感させるからです。それに、個人は一人一人別個のものなのに、全体に統一するのは無理というものに思われてなりません。

猫と歯ブラシとどちらが好き?と聞かれても答えようがないように。個人主義と比較できるのは、その反対語である全体主義だけです。全体主義とは、全体の幸福のために、個人の幸福を犠牲にする考えです。つまり、国が争で勝利を得たいがため、一家のお父さんが家庭の団業を捨てて前線に駆り出されるということなのです。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

社内のイベントでは世話をする役目に徹してみる

社内のイベントでは世話役に徹するカルト漫画の永遠の古典というべき『かっこいいスキヤキ』(泉昌之著)には、こんなセリフが登場する。「スキヤキの肉を横目に、しらたきを食うオレって、シブいなあ」ここで光を当 …

no image

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そ …

no image

結婚が決まった彼氏が転勤で離れ離れ

結婚が決まった彼は転勤で、離れ離れ。どうしたら元気が出るでしょうか?、とある人。彼とは結婚も決まっていて、何の不安もないはずなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でも情けなく思えてしまいます。大阪 …

no image

大人同士のクリスマスプレゼントの交換

本来、恋愛とは、対等でフェアな人格同士の魂のぶっかり合いであると。金で買われた、その金が安すぎる、云々は、恋愛から最も遠くかけ離れた次元の問題である。すごくステキな男性でも、その奥さんを見たとたん、が …

no image

彼と会えないとき他の男の友達と遊ぶ女性

男友達の中にも、好きだといってくれる人もいて、はっきり彼氏がいるともいえず、というか彼氏と違う面があるとそっちもいいなあって思っちゃってずるずると全く違うタイプの人を好きになったりする。 私は学生のこ …