スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

工事用ヘルメットでバイクに乗ってはいけない

投稿日:

2輪に工事用へルメットをかぶって乗るのは、山に海水パンツを、海に登山靴をはいていくのとまったく同じこと。へルメットをかぶっていればいいだろう、くらいに思って本人は乗っているのだろうが、とんでもない話。そばで見ているひとは笑っている。

工事用へルメットはへルメットの中身がカラッポ。クッション材がはいって吸収力もない。アゴひもにしたって2輪用へルメットに比べると弱い。それに工事用へルメットを2輪用として着用することは禁止されている。とにかく工事用へルメットはあくまで工事用であり、2輪では使ってはいけない。

工事用へルメットは強化プラスチックかなにかそのような材質でできており、内側にクッション材もなにもない。工事現場での落下物などに対しての防御はあれでいいのかもしれないが、2輪用のへルメットに代用するのはいたたしかにかぶっていなマツきわまりない。だいいち、工事用へルメットは頭の上半分しか保護しないる衝撃は強烈で、しかも頭のどの部分にショックがくるかわからな強打すると、ノーへルと変わりがないことになる。

フルフェイスかジェットかのタイプ

注意して選び、あとはフルフェイスかジェットかのタイプを決める。これは好き好きというほかはない。こうしてドカへルを脱ぎすて、2輪用へルメットを着用した日からキミは噛笑を受けなくてすむ。路面の砂とペイントには近づくないうまでもないことだが、2輪は前後ふたつの車輪しかなく、しかもタイヤが実際に接地している面積は驚くほど小さい。このきわめて少ない接地面積で駆動力を伝え、方向を決定するのだ。

では、どんなへルメットがいいのか。まず最低条件となるのは、2輪用および4輪用へルメットとして製造されたものであること。これならば工事用へルメットと違い、転倒時のショックを考慮して作ってある。つぎはSGマーク入りの製品を選ぶこと。これは通産省の基準になる。それに加えてJIS(日本工業規格)などの規格にパスしていればまず大丈夫だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでの追い越しでは事故に気をつけよう

直線や登り坂、下り坂での追い越しをする条件としては、対向車がいないこと、追い越した後に自分の入れるスペースが十分にあること、路地からクルマや子供などが飛び出してこない確認が得られることなどが必要。 道 …

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …

no image

バイクのフロントとリアのブレーキの制動力

一般的にはフロントブレーキのほうが強力かつ有効的であり、最近のスポーツパイクはフロントはダブルディスクブレーキ、リヤにはシングルディスクブレーキを採用している例が多い。例えば、ロードレースではフロント …

no image

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれ …

no image

ヘルメットのあごひもが痛いからといって締めないと

へルメットはSGおよびJ1Sマーク、あるいはスネル規格をパスした本格的なもの。それをかぶったそこまではいい。問題はそのあと。あなたはアゴひもをきちんと締めているか?思うに、あれはいちいちアゴひもを締め …