スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

工事用ヘルメットでバイクに乗ってはいけない

投稿日:

2輪に工事用へルメットをかぶって乗るのは、山に海水パンツを、海に登山靴をはいていくのとまったく同じこと。へルメットをかぶっていればいいだろう、くらいに思って本人は乗っているのだろうが、とんでもない話。そばで見ているひとは笑っている。

工事用へルメットはへルメットの中身がカラッポ。クッション材がはいって吸収力もない。アゴひもにしたって2輪用へルメットに比べると弱い。それに工事用へルメットを2輪用として着用することは禁止されている。とにかく工事用へルメットはあくまで工事用であり、2輪では使ってはいけない。

工事用へルメットは強化プラスチックかなにかそのような材質でできており、内側にクッション材もなにもない。工事現場での落下物などに対しての防御はあれでいいのかもしれないが、2輪用のへルメットに代用するのはいたたしかにかぶっていなマツきわまりない。だいいち、工事用へルメットは頭の上半分しか保護しないる衝撃は強烈で、しかも頭のどの部分にショックがくるかわからな強打すると、ノーへルと変わりがないことになる。

フルフェイスかジェットかのタイプ

注意して選び、あとはフルフェイスかジェットかのタイプを決める。これは好き好きというほかはない。こうしてドカへルを脱ぎすて、2輪用へルメットを着用した日からキミは噛笑を受けなくてすむ。路面の砂とペイントには近づくないうまでもないことだが、2輪は前後ふたつの車輪しかなく、しかもタイヤが実際に接地している面積は驚くほど小さい。このきわめて少ない接地面積で駆動力を伝え、方向を決定するのだ。

では、どんなへルメットがいいのか。まず最低条件となるのは、2輪用および4輪用へルメットとして製造されたものであること。これならば工事用へルメットと違い、転倒時のショックを考慮して作ってある。つぎはSGマーク入りの製品を選ぶこと。これは通産省の基準になる。それに加えてJIS(日本工業規格)などの規格にパスしていればまず大丈夫だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのコーナリングテクニック-ヘアピンなど

・へアピンコーナリング 低速コーナリングでは視線の方向がラインを決定するうえで大きな要素となるのだ。へアピンコーナリングは視線につきる、といっていい。アクセルはあくまでも一定で、ポジションはやや浮かせ …

no image

バイクのパニックブレーキ

パニックブレーキとは、シフトダウンする余裕もなく、直ちに前後ブレーキをフルに効かせ、急停止して危険を回避することである。急停止は、クラッチを切らずに、アクセルオフと同時に前後ブレーキをフルに効かせて行 …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれ …

no image

タイヤの空気圧を適正に保っていますか?

空気圧が低ければタイヤは腰くだけになり、反対硬いとタイヤが跳ね回り、グリップどころではなくなってしまう。では空気圧をどの程度に保っておけばいいのかというと、やはりそのオートバイに合った基準ということに …