スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

交通3悪の危険に注意する

投稿日:

交通3悪なんてよくいわれるが、2輪の大敵がつぎの3つ。子ども、ダンプカー、タクシー、この3つは、オートバイライダーが最も気をつけなければならない相手。くれぐれもこれらに気をつけて走らなければならない。

ダンプカーは怖い存在。もし前がダンプカーだったら、じゅうぶんすぎるくらいの車間距離をとることだ。それに排気ガスや、荷台のあちこちからときおり飛んでくる砂や泥も、ライダーの大敵。目にゴミがはいったり、注意力が散漫になったりする。そして恐ろしいのが急ブレーキ。重い荷物を積むダンプカーのブレーキは想像するよりもはるかに強力にきく。とくに空荷状態だと、重そうな外観とは裏腹にじつによくきく。

なにしろ、ダンプカーの後ろにつくと前方の視界はまったくきかない。狭い道では車線をすっかりおおってしまうので、見通しの悪いことこのうえない。こんなときに子どもなどが飛び出してきたら、とっさの回避はできない。へタに後ろについていると、前方の状況がよく見えないことも手伝って思わぬアクシデントにもなりかねない。カラのダンプカーには近づかないことだ。

子どもに関してこころがけてほしいのは

また危険なのは子ども。これはいうまでもなかろう。子どもに関してこころがけてほしいのは、ボールが横あいから道路にころがってきたら、そのあとを追って飛び出してくる子どもがいるかもしれないということ。子どもはボール遊びに夢中になっており、周囲の交通にはまったく無関心の状態なので、こちらが気をつけてやるしかない。ボールのあとに子どもあり、これを忘れないことだ。

路地からの飛び出しはもちろん、舗道を歩いていても急に走行車線に出てきたり、それはもう危険のかたまりといってもいいくらいだ。対処法は、子どもを見たら徐行するしかない。子どもが見えたら、飛び出してくるものと思うことだ。飛び出してこないのはラッキー、これくらいに考えておけばまちがいない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク用グローブやブーツについて

へルメット、グローブ、そしてブーツは、乗車する際、最低限身につけたいギアである。ブーツは価格幅が広いものだが、レインウエアと同様、高価なものほど品質が高く、耐久性もグーンと違ってくる。安価なものは、1 …

no image

ハンドルグリップが遠すぎて腕が伸びきってしまうとき

ハンドルグリップが遠すぎて、腕が伸びきってしまうとき=ハンドルの取り付け角度を変えてみる。車種によってはストレートハンドルのほかにアップハンドルのオプションパーツを揃えているものもある。角度を変えても …

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

道路標識などに気をつけよう

路肩に立ててある道路標識に気をつけよう。道路標識は最高速度ばかりでなく、コーナーあり、警笛鳴らせ、崖くずれや落石に注意などさまざまな状況を教えてくれる。遠方の路面を見ることも大切だが、これらの標識を見 …

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …