スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

公的年金制度の再構築

投稿日:2015年8月4日 更新日:

国民年金には相当の高所得者も含まれているのであるが、定額の保険料しか徴収されていない。そこに、比例拠出・応能負担の職域年金から、所得が再分配されている。ゆえに、所得の垂直的再分配という納得の仕方も難しいように思える。

第1号拠出金算定対象者割合が下がっていくときに、厚生・共済年金という職域年金から地域保険である国民年金に所得が流れるという現象を、どのように納得すれば良いのであろうか。

厚生・共済年金の被保険者の親が旧国民年金の被保険者であった場合も多々考えられるのであるから、自分の親を扶養するつもりで厚生・共済年金が国民年金を支える仕組みは肯定されても良いではないかとする考え方があるかもしれない。たしかに、こうした考え方には一理ある。けれども思い出したいのは、「スウェーデンの新年金」の方向性である。

公的年金制度における所得の不透明な再分配は

あえて言えばあのスワェーデンでさえ、公的年金制度における所得の不透明な再分配は不人気であった。ゆえに、新年金制度では、拠出と給付のリンクを強化するために、再分配制度が固有にもつ制度の複雑さ・不透明さを取り除く形で、公的年金制度からさまざまな所得再分配部分を分離してしまった。そうした方向性で、公的年金に対する信頼を高めようとしたのである。

今日のように労働市場が流動化した状況では、人は一生のうちに。国民年金の財政を支える厚生・共済年金の被保険者である場合もあれば、支えられる国民年金の被保険者である場合もあるのであるから生涯のスパンでみれば「支え・支えられ」は相殺されるという納得の仕方もあろう。

そうした方向性に、日本の基礎年金制度の改革の方向をもっていくことはできないだろうかということである。免除者、学生納付特例者、未納者の存在による保険料未納分は、国庫が負担して、第1号、第2号被保険者が基礎年金勘定のために支払う保険料には転嫁しない。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

老齢給付金の支給要件などについて

老齢給付金の支給要件として一定期間以上の加入者期間を定めた場合には、加入者期間がその期間に満たないため、老齢給付金の支給要件を満たさない者が生じる(可能性がある)。こうした者に対しては、その脱退に関し …

no image

規約の変更が行われた場合

確定給付企業年金を実施することができるのは、厚生年金適用事業所であり、加入者となることができるのは、被用者年金被保険者等である。規約変更の認可基準は、、給付減額を行う際には、規約型企業年金の規約の変更 …

no image

適格退職年金を実施している企業が企業年金基金を設立するには

適格退職年金を実施している企業が企業年金基金を設立するには、事務所や企業年金基金の組織などを新たに用意することになる。一方、厚生年金基金が規約型企業年金に移行するには、福祉事業などを整理しなければなら …

no image

企業年金の掛金の負担が大きい

企業年金は、公的年金とは違って賦課方式による財政運営はとり得ず、給付に必要な原資を退職時までに積み立てる事前積立方式による財政運営が必須である。過去分の給付債務はリストラによっても減少するものではない …

no image

負担を逃れられない税として負わなければならないもの

1999年度の基礎年金給付額は約14兆円であり、この給付額は、保険料を支払っている被保険者たちが免除制度の適用を受けようが受けないでいようが、変わるものではない。被保険者たちは、約14兆円の基礎年金給 …