スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

公的年金制度の再構築

投稿日:2015年8月4日 更新日:

国民年金には相当の高所得者も含まれているのであるが、定額の保険料しか徴収されていない。そこに、比例拠出・応能負担の職域年金から、所得が再分配されている。ゆえに、所得の垂直的再分配という納得の仕方も難しいように思える。

第1号拠出金算定対象者割合が下がっていくときに、厚生・共済年金という職域年金から地域保険である国民年金に所得が流れるという現象を、どのように納得すれば良いのであろうか。

厚生・共済年金の被保険者の親が旧国民年金の被保険者であった場合も多々考えられるのであるから、自分の親を扶養するつもりで厚生・共済年金が国民年金を支える仕組みは肯定されても良いではないかとする考え方があるかもしれない。たしかに、こうした考え方には一理ある。けれども思い出したいのは、「スウェーデンの新年金」の方向性である。

公的年金制度における所得の不透明な再分配は

あえて言えばあのスワェーデンでさえ、公的年金制度における所得の不透明な再分配は不人気であった。ゆえに、新年金制度では、拠出と給付のリンクを強化するために、再分配制度が固有にもつ制度の複雑さ・不透明さを取り除く形で、公的年金制度からさまざまな所得再分配部分を分離してしまった。そうした方向性で、公的年金に対する信頼を高めようとしたのである。

今日のように労働市場が流動化した状況では、人は一生のうちに。国民年金の財政を支える厚生・共済年金の被保険者である場合もあれば、支えられる国民年金の被保険者である場合もあるのであるから生涯のスパンでみれば「支え・支えられ」は相殺されるという納得の仕方もあろう。

そうした方向性に、日本の基礎年金制度の改革の方向をもっていくことはできないだろうかということである。免除者、学生納付特例者、未納者の存在による保険料未納分は、国庫が負担して、第1号、第2号被保険者が基礎年金勘定のために支払う保険料には転嫁しない。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

退職給付規約型などの年金の規約

厚生労働大臣は、規約の承認または企業年金基金の設立の認可を行ったときは、速やかに、その旨をその申請をした事業主に通知することとなっており(確定給付企業年金法第5条第2項、確定給付企業年金法第12条第2 …

no image

負担を逃れられない税として負わなければならないもの

1999年度の基礎年金給付額は約14兆円であり、この給付額は、保険料を支払っている被保険者たちが免除制度の適用を受けようが受けないでいようが、変わるものではない。被保険者たちは、約14兆円の基礎年金給 …

no image

脱退一時金(企業年金)の種類など

脱退一時金には大きく分けて2つの種類がある。1つは、老齢給付金の支給開始年齢以外の支給要件を満たしている者(支給開始年齢に到達したら老齢給付金を受給することができる者)に「支給することができる」脱退一 …

no image

遺族給付金とは?

遺族給付金は、給付対象者、具体的には、加入者、老齢給付金、障害給付金、脱退一時金の受給権者、脱退者のうち老齢給付金の支給開始要件を満たせば老齢給付金の受給権を有することとなる者(いわゆる受給待期脱退者 …

no image

相続税の最高税率が2003年1月1日より50%に引き下げられた

相続税の最高税率は2003年1月1日より50%に引き下げられた。まず、現代社会はく給付反対給付の原則とく機会均等の原則を基本原則にもつし、もつべきであると思う人々から構成されているものとしょう。このと …