スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

高出力・高回転型か

投稿日:

・高出力・高回転型か

乾燥重量は、ガソリン、オイル(Fフォーク内含む)、水を含まない車輌重量のことであり、単に車輌重量という場合には、ガソリン、オイル、水を含んだ整備重量をいう。車体の各寸法は、空車時に測定したものであり、1名乗車時は、”1G”とあらわされる。

高出力・高回転型か、中速型かを判断するには、エンジン性能曲線を見る必要がある。たとえ最大出力の発生回転数と最大トルクの回転数が近くても、トルクカーブが平担で、4000rpmから9500rpmぐらいまで平均していれば、フラットトルク型で乗りやすいフレキシブルなエンジンといえるが、パワーカーブ、トルクカーブとも、7000rpmぐらいから急上昇していれば、高回転型で扱いにくいエンジンということになる。

カウンターステア

逆ハンドル、または単に「逆ハン」と呼ばれるテクニックで(結果としてなる場合も多い)、主としてダートで使用されるコーナーリングテクニックである。コーナーへオーバースヒードで突っ込むと、必然的に後輪がトレースラインの外へ流れる。このタイミングを利用してアクセルを急開し、後輪で路面をけずるようにしてグリップさせる。

後輪が外側へ振り出せば、前輪は自然に外側を向く(実際はコーナーの進行方向を向いている)。これが、カウンターステアである。一見、派手でカッコイイテクニックだが、絶対的にコーナーリングスピードが速いというわけではなく、グリップ走行(通常のコーナーリング)のほうが速い場合が多い。しかし、レースで勝負をかけたり、危険を回避したりするには、知っていて損のないテクニックである。

・オーバーステア

アンダーステアの逆で、狙ったトレースラインより小回り気味に旋回する傾向をいう。

・アフンダーステア

コーナーリングの特性を表現する用語で、バンク角とスピードから計算したトレースラインより、外側にはらむ傾向をいう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのローリング族について

ローリング族は、ひとつの峠道を毎日のように通い、何回も往復しては速さを磨き、自分より速そうなヤツがくるとすぐに追いかけていって抜き去るところに快感を覚える人たちだ。最近は、有名な峠道ならどこに行っても …

no image

スーパースポーツバイクの乗り方

スーパースポーツのフートレストにのせる部分は、土踏まずが基本であり、足を移動せず、足首の移動だけで、ブレーキングやシフト動作ができることが大切だ。両ひざは、つねに力を入れて締めつける必要はなく、軽くタ …

no image

ノンスナッチスピードなどの用語

・ノンスナッチスピード マシンのトップギヤ(6速ギヤであれば6速)で走行できる最低速度のこと。ノッキング(不整爆発を生じ、エンジンがガクガクする)寸前のときのスピードを計測する。 ・ニュートラルステア …

no image

路面の状況に応じた走りが必要

一般公道は生き物、とよくいわれる。例えば、行きに走った時は何にもなかった帰りに走ったら溝ができていたとか、砂が出ていたとか、工事中で鉄板が敷いてあったなどはよくあるケースである。従ってライダーは常に気 …

no image

バイクのライディングフォームはおかしくないですか?

マシンは、二輪で走っているために平衡感覚によるバランスが非常に大切だ。放っておけば転倒するし、止まっている時も足を着いたり、スタンドをかけなければ転んでしまう。従って、マシンに乗っている時は、ライダー …