スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

高速道路をバイクで走行する際に横風などに気をつける

投稿日:

高速道路では、横風や突風は突如として吹きつけることが多く、ライダーのとっさの判断と行動力が必要だ。これらの風を受けたらライダーはなるべく上半身を低くマシンにふせるようにして、肘を引き締め、ニーグリップをきかせて、マシンとライダーの一体感を強める。また、重心もなるべく低くして安定感を高めよう。もちろん、スピードも下げなければならないが、急なスピードダウンは後続車や周囲の環境をよく見極めてから行う。

道路の魅力はなんといっても、ノンストップのハイスピードクルージングで、短時間のうちに目的地まで着くことができることだ。しかし、高速道路走行でも危険、はいっぱいだ。まず、横風や突風が強いこと。そして、スピードが高まった分、よりハイレべルなブレーキングやハンドリングテクニックが要求され、緊張感が連続するのでライダーの心理状態を常に冷静に保つことも大切である。

追い越し車線を走行していたなら、なるべく早く走行車線に戻るように。それでもさらに強い風を受けた場合、マシンがふらついたり、マシンごと前後も横にポンと移動させられてしまうこともある。このような場合は、風に逆らうよりも少しは風にまかせて、吹かれた後の対応を考えた方が得策だ。

応急手当の用具を持って行かなければならない

添え木をすることによって折れ骨がズレずにすみ、手術をせずにす場合がある。それを添え木もせずに動かすとたいへんな手術をしなくてはならなくなり、かえってケガを悪化させることとなる。これらのことから、ツーリングに行く時は、応急手当の用具を必ず持って行かなければならない。

ツーリングに行く時は、必ず応急手当ができる救急用具を持っていくことが常識だ。そして応急手当のマスターしておくこと。突風が吹きやすいトンネルの出口や山合いを走る時は風の影響を受けることを考えながら走ること。雨天時に強い横風を受けるとマシンがスライドさせられるのでなおさら対応が難しくなる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのライディングフォームはおかしくないですか?

マシンは、二輪で走っているために平衡感覚によるバランスが非常に大切だ。放っておけば転倒するし、止まっている時も足を着いたり、スタンドをかけなければ転んでしまう。従って、マシンに乗っている時は、ライダー …

no image

エンジンブレーキの制動力で減速しよう

ワインディングロードでは、ブレーキをかけると回転数が下がり、立ち上がりでの加速が著しく低下してしまう場合があり、エンジンブレーキを使用することによって高回転数をキープして立ち上がりで即、加速体制に入れ …

no image

バイク用グローブやブーツについて

へルメット、グローブ、そしてブーツは、乗車する際、最低限身につけたいギアである。ブーツは価格幅が広いものだが、レインウエアと同様、高価なものほど品質が高く、耐久性もグーンと違ってくる。安価なものは、1 …

no image

バイクのクラッチのつなぎ方

バイクのクラッチの継ぎ具合と低速トルクのあるなしは、発進に大きく影響するので、体でタイミングを覚えることはもちろん、クラッチの遊びもつねに調整しておくことが大切である。また、発進時は車体を垂直に保ち、 …

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …