スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

高速道路をバイクで走行する際に横風などに気をつける

投稿日:

高速道路では、横風や突風は突如として吹きつけることが多く、ライダーのとっさの判断と行動力が必要だ。これらの風を受けたらライダーはなるべく上半身を低くマシンにふせるようにして、肘を引き締め、ニーグリップをきかせて、マシンとライダーの一体感を強める。また、重心もなるべく低くして安定感を高めよう。もちろん、スピードも下げなければならないが、急なスピードダウンは後続車や周囲の環境をよく見極めてから行う。

道路の魅力はなんといっても、ノンストップのハイスピードクルージングで、短時間のうちに目的地まで着くことができることだ。しかし、高速道路走行でも危険、はいっぱいだ。まず、横風や突風が強いこと。そして、スピードが高まった分、よりハイレべルなブレーキングやハンドリングテクニックが要求され、緊張感が連続するのでライダーの心理状態を常に冷静に保つことも大切である。

追い越し車線を走行していたなら、なるべく早く走行車線に戻るように。それでもさらに強い風を受けた場合、マシンがふらついたり、マシンごと前後も横にポンと移動させられてしまうこともある。このような場合は、風に逆らうよりも少しは風にまかせて、吹かれた後の対応を考えた方が得策だ。

応急手当の用具を持って行かなければならない

添え木をすることによって折れ骨がズレずにすみ、手術をせずにす場合がある。それを添え木もせずに動かすとたいへんな手術をしなくてはならなくなり、かえってケガを悪化させることとなる。これらのことから、ツーリングに行く時は、応急手当の用具を必ず持って行かなければならない。

ツーリングに行く時は、必ず応急手当ができる救急用具を持っていくことが常識だ。そして応急手当のマスターしておくこと。突風が吹きやすいトンネルの出口や山合いを走る時は風の影響を受けることを考えながら走ること。雨天時に強い横風を受けるとマシンがスライドさせられるのでなおさら対応が難しくなる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをか …

no image

バイク用つなぎは体にピッタリフィットするものを

バイク用のツナギ。レース用であれば、フルにパット類を入れ、前傾フォームが無理なく決まり体にピッタリフィットする大きさで仕立てる。ツーリング専用の場合は、下に薄手のトレーナーを着られるくらいの余裕が必要 …

no image

サンデーライダーのブレーキの技術の低さによる危険

以前こんなことがあった。ツーリングで走行中、ネズミ捕りに合って計測されたが、人はまったく気付かずになお走行。しばらく行った所で警察官が道路に出てきて停止を命じた。ライダーは急に道路に飛び出してきた警察 …

no image

交通3悪の危険に注意する

交通3悪なんてよくいわれるが、2輪の大敵がつぎの3つ。子ども、ダンプカー、タクシー、この3つは、オートバイライダーが最も気をつけなければならない相手。くれぐれもこれらに気をつけて走らなければならない。 …

no image

バイクのオフロードでの色々なテクニック

・川渡り ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走 …