スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

厚生年金基金などの基金は法人格を有す

投稿日:2015年5月23日 更新日:

厚生年金基金との類似企業年金基金は、法人格を有し自らがあたかも1つの保険者であること、代議員会を中心とした運営を行うことなど、基本的な仕組みについては、厚生年金基金と同じである。企業年金基金は、加入者等の福祉を増進するため、福利および厚生に関する事業(いわゆる福祉事業)を行うこともできる(確定給付企業年金法第94条。規約型企業年金では自家運用や福祉事業を行うことはできない)。

また、自家運用や福祉事業を行うことができること、確定拠出年金の確定拠出年金運営管理機関や資産管理機関となることができることなども、厚生年金基金と同じである。

2つのタイプの意義規約型企業年金と基金型企業年金とは、意思決定方法、登場する関係者、企業年金基金という法人格を有することに伴って積立金の自家運用や福祉事業ができることなどが違うほかは、適用範囲、給付設計、掛金、積立基準、情報開示についての規定は基本的に共通のものである。

企業の外部に積み立てることについては

年金資産を企業の外部に積み立てることについては、信託の契約、生命保険の契約、生命共済の契約といった、すでにある契約の仕組みを活用することができるわけであり、そういう意味では、まず規約型企業年金の仕組みに思い至るのが自然といえるかもしれない。しかしながら、厚生年金基金でも連合設立や総合設立があるように、複数の企業が集まって企業年金を実施したいというニーズがある。

一定水準以上の年金額の確保や終身年金の義務づけがないなど給付設計上の制約が緩やかであることや、遺族給付金について非課税ではなく相続税課税の対象となること、加入者が負担する掛金について非課税ではなく生命保険料控除の対象となること、積立金について相当程度非課税ではなくほぼ全体に特別法人税が課税されることなど税制について劣る面があることというような、確定給付企業年金制度と厚生年金基金制度との間のそもそもの違いを別とすれば厚生年金基金の代行のないものとイメージしてよいだろう。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

国民年金の保険料免除制度について

所得が所定の水準以下であることが認められた者は、国民年金保険料の支払いが免除され、基礎年金額の1/3、すなわち国庫負担分を受給する権利を保障することとした。これが保険料免除制度である。 国民年金には、 …

no image

CB型のメリットは

CB型のメリットは、確定拠出年金とは異なり、60歳に達する前に退職した場合でも、退職時点で一時金給付を受けることができる点である(もっともこれはCB型に限った話ではなく、給付建ての企業年金全般に言える …

no image

退職金がわが国の企業年金の給付原資であることが多い

わが国の企業年金の給付原資は退職金であることが多い。しかし、今後の企業年金のあり方を考えるうえでは、税制優遇を受けながら被用者の老後所得保障の柱の1つとしての役割を担っていくという意味において、企業年 …

no image

年金財政計画の弱点-試算が外れるおそれを生む原因

「方向性と論点」のなかで提示されていた年金財政計画の最大の弱点ー試算が外れるおそれを生む原因ーは、「方向性と論点」における財政計画が、永続的に強く市場に依存しつづけていることにあるように、思える。 「 …

no image

実績準拠法の基準ケースにおける給付調整期間

「実績準拠法」の基準ケースにおける給付調整期間。所得代替率52%に到達するのは2032年度である。これを基準とするとき、2005年度以降、人口が高位推計で動けばどうなるか。この場合は、最終の所得代替率 …