スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

厚生年金基金などの基金は法人格を有す

投稿日:2015年5月23日 更新日:

厚生年金基金との類似企業年金基金は、法人格を有し自らがあたかも1つの保険者であること、代議員会を中心とした運営を行うことなど、基本的な仕組みについては、厚生年金基金と同じである。企業年金基金は、加入者等の福祉を増進するため、福利および厚生に関する事業(いわゆる福祉事業)を行うこともできる(確定給付企業年金法第94条。規約型企業年金では自家運用や福祉事業を行うことはできない)。

また、自家運用や福祉事業を行うことができること、確定拠出年金の確定拠出年金運営管理機関や資産管理機関となることができることなども、厚生年金基金と同じである。

2つのタイプの意義規約型企業年金と基金型企業年金とは、意思決定方法、登場する関係者、企業年金基金という法人格を有することに伴って積立金の自家運用や福祉事業ができることなどが違うほかは、適用範囲、給付設計、掛金、積立基準、情報開示についての規定は基本的に共通のものである。

企業の外部に積み立てることについては

年金資産を企業の外部に積み立てることについては、信託の契約、生命保険の契約、生命共済の契約といった、すでにある契約の仕組みを活用することができるわけであり、そういう意味では、まず規約型企業年金の仕組みに思い至るのが自然といえるかもしれない。しかしながら、厚生年金基金でも連合設立や総合設立があるように、複数の企業が集まって企業年金を実施したいというニーズがある。

一定水準以上の年金額の確保や終身年金の義務づけがないなど給付設計上の制約が緩やかであることや、遺族給付金について非課税ではなく相続税課税の対象となること、加入者が負担する掛金について非課税ではなく生命保険料控除の対象となること、積立金について相当程度非課税ではなくほぼ全体に特別法人税が課税されることなど税制について劣る面があることというような、確定給付企業年金制度と厚生年金基金制度との間のそもそもの違いを別とすれば厚生年金基金の代行のないものとイメージしてよいだろう。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

企業年金の給付建てのポイント制の給付設計への変更など

日本経済の構造改革を進めるためには人的資源を再配分する必要があり、このため労働市場の流動化を進めることが必要との主張もある。日本経済の構造変化に対応して、一部の企業では退職金の前払い制や成果主義の賃金 …

no image

退職給付規約型などの年金の規約

厚生労働大臣は、規約の承認または企業年金基金の設立の認可を行ったときは、速やかに、その旨をその申請をした事業主に通知することとなっており(確定給付企業年金法第5条第2項、確定給付企業年金法第12条第2 …

no image

脱退一時金の繰下げ規定など

脱退一時金の繰下げの規定は、加入者期間に係る期間通算の規定と対となって、出向等の際における企業の実態に応じた柔軟な対応を可能とするものとなっているといえるだろう。脱退一時金の支給を繰り下げている者が、 …

no image

国民年金の保険料免除制度について

所得が所定の水準以下であることが認められた者は、国民年金保険料の支払いが免除され、基礎年金額の1/3、すなわち国庫負担分を受給する権利を保障することとした。これが保険料免除制度である。 国民年金には、 …

no image

確定給付企業年金法について

・企業年金法は当初は、企業年金基本法として構想 企業年金法は当初は「企業年金基本法」として構想されていた。1998(平成10)年3月31日の「規制緩和推進3カ年計画」(閣議決定)も同趣旨の内容となって …