バイク

後方確認-ミラーが映す情報をよく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクは、道路の左寄りを走行しているため、対四輪車との混合交通が大きなウイークポイントである。後方の四輪車の動きに注意し、四輪車が接近してきたなら驚かしたり、驚かされたりする存在にならないよう気を付ける必要がある。

道を歩いている時は前方だけを注意していれはよいが、バイクや自動車を運転するライダーやドライバーは前方6割・後方4割、なとといわれるほど後方への注意を怠ることができない。そして後方の情報を映すのがバックミラーでありライダーにとっては第二の目となる。

また、前方の駐車車両を抜くために道路の右側に出ようとする際、バックミラーで後方の安全確認を十分にしてから、ウィンカーを出して抜きにかかるのが基本だ。よく、道路の中央を自分は速く走っている、と思い込み、後方の四輪車が抜きたくてセッタリと付いているのを知らずに走っている姿をみる。これはバックミラーを見ずに走っているからで、トラブルの原因にもなる。

バックミラーに映らない場所をうまくみつけるから

ライダーの好みもあるが、普通は左右同じ角度でバイクの真後ろが両ミラーで確認できるよう調整するのがべターだ。真後ろが見えないと死角ができるし、白バイはライダーにみられないようバックミラーに映らない場所をうまくみつけるから、十分な後方確認ができないことになる。最近のカウリング付きバイクで、カウリングにミラーが付けられているタイプはサイドしか見えず後方確認ができないといった問題点を残している。

両サイドにバックミラーを取り付けていることは当り前だが、付いていても調整ができければ、まったく意味がない。まず頭(首)を動かさなくても、前方を見ているまま線の移動だけで左右両ミラーが見える位置にあることが望ましい。あまり遠くにあり、いちいちみるのに首を左右に振るのでは確認するまでの時間がかかりすぎて、逆に前方不注意となってしまう可能性も生まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加