バイク

公道でウィリーをしたら検挙される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクが好きなバイク乗りのかたたちの中にはウィリーがしてみたいと思っておられる方は多いかもしれませんし、ウィリーを練習したことがある方もいるでしょう。しかし、一般公道でウィリーをすると安全運転義務違反、でキップを切られ罰金をとられることになる。

その理由は、ウィリーが非常に危ないからだ。上がりすぎてテールライトが地面に着くぐらいの垂直ウィリーになったら転倒することはまちがいないし、ライダーが思っていたより高く上がってしまった時はバランスが崩れ、これを修正させることも難しく、危険性を増すことになる。

モトクロスレースをみた人ならウィリー走行のため息をついた経験を持っているだろう。フロントホイールを高々と上げての一輪車走行は豪快そのもので、今やモトクロスレースには欠せないシーンのひとつでもある。何故ウィリーになるかといえば、強力なトルクが急激に後輪にかかった時、フロント荷重が軽くなるために起る現象であり、練習しだいでは故意にできるが、ライダーの意志に反して起こることもある。

一般公道ではウィリーをやってはならない

一般公道ではウィリーを絶対にやってはならない。これはライダー自身の危険性だけではなく、転倒や反対車線に飛び出せば当然のことながら、周囲を走行するクルマにも危険性を及ばすことになる。また、ウィリーをしても何らメリットはないのだ。

ロードレースでみかけるウィリーはコーナーの立ち上がりでみられる。例えば鈴鹿サーキットではへアピンカープの立ち上がりで多くのライダーが必然的にウィリーをみせてくれる。加速にはほとんど影響を与えない程度のもの。ウィリーをするとフロントが浮くために安定感がなくなり、それ以上アクセルを開けることができず、フロントが着地するまで全力加速は無理で、ロスタイムになってしまう。

ウィリーを防ぐには、発進や急加速時に体重をなるべくフロントにかけて、アクセルワークをできるだけスムーズにしてやることだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加