スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

言霊の力や効果

投稿日:

日本語には言葉としてのパワーがあるのだろうと思う。「言霊」という表現があるように、古来、日本人は言葉に宿る力を大切に考えてきました。日本人は直感力に優れ、言葉にエネルギーを与えたといわれています。子育てにも日本語ならではの情感、日本語がもたらす感性を大事にし、活かしていくことを意識していくことも大切ではないかと思います。

「しみじみと秋を感じる」のしみじみや、「しずしずと歩きなさい」のしずしずも、本来の意味はわからなくても音(おん)を聞くだけで状況がスッと理解できてしまいます。英語で「しみじみ」は、心からそう思うというときの使い方、感概深いという思いを表したいときの言い方、もの静かな状況で使いたいときの使い方と、状況や状態でいくつも言い方が分かれますが、日本語では「しみじみ」ひとつで通じてしまいますし、小さな子でも何となくどのようなものかを知っています。それは代々受け継ぐ細胞が記憶しているからだと思えてなりません。

感性に響くような言葉で

「今日のお月様は牙え牙えとしているね」「お花の香りってかぐわしいね」「〇ちゃんとケンカしちゃったの?それは切ないねえ」「深呼吸すると漂とした冬のにおいがするよ」「テストで失敗しちゃったなんてやるせないねえ」このように子どもと会話ができたら、子どもの中の感性も大きく育まれていくことでしょう。

せっかく情感豊かな表現を数多くもつ言語を母国語としてもっているのです。言葉のエネルギーを感じさせない記号のような言葉ではなく、感性に響くような言葉でぜひ子どもに話しかけてあげてほしいと思います。

言葉とは、その人しかもっていない大事な道具です。子ともを甘えさせられる大切な「親である私の道具」なのです。手その道具を使いこなせないことは非常にもったいないことですし、音が出なくなるような状態にしたままにしておくのは宝の持ち腐れになってしまいます。子どもを嘆き悲しませたり、怒りを育ててしまうような道具であってもいけません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

泣き叫ぶ赤ちゃんの対処法を知っておこう

自分の夫や親類の人、友人、近所の人など、誰もがママの大切な宝物をはた迷惑なうるさいチビ、だと思っていると心配する母親も多いようです。そんな人たちが赤ちゃんをもっと厳しく育てた方がいいと口を差しはさんで …

no image

子供の欲望を満たし続けてしまうと

母親が子供の欲望を満たし続けていますと、子どもの年齢が上昇するにつれて、欲望の対象が高価なものになりますから、大へんです。小学校の高学年や中学生になると、カメラを買ってほしい、自転車を買ってほしい、バ …

no image

失敗を恐れた母親がそれを克服

自分の子どもがちゃんとしている子に見えるように、がんばって見栄を張ってしまう。もちろんがんばって見栄を張ることも人生において必要なときはあります。でも子育てで見栄を張る必要はまったくありません。大人に …

no image

しつけはゆっくり生活

自分の力でーということは、自発性と関係してきます。生活習慣といえば、食べること、排尿便をすること、眠ること、これらは、自分のからだを成長させるのに必要な、だれにも必要な習慣ですが、人間には、文化的な生 …

no image

赤ちゃんの声の使い分け

あなたの赤ちゃんは何かほしいと思った時、覚えたばかりの声を上手に使います。「ねえ、聞いてちょうだい!」と言わんばかりに、小さな叫び声を上げることもよくあります。そんな時、返事をしてあげることを忘れない …