スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

言霊の力や効果

投稿日:

日本語には言葉としてのパワーがあるのだろうと思う。「言霊」という表現があるように、古来、日本人は言葉に宿る力を大切に考えてきました。日本人は直感力に優れ、言葉にエネルギーを与えたといわれています。子育てにも日本語ならではの情感、日本語がもたらす感性を大事にし、活かしていくことを意識していくことも大切ではないかと思います。

「しみじみと秋を感じる」のしみじみや、「しずしずと歩きなさい」のしずしずも、本来の意味はわからなくても音(おん)を聞くだけで状況がスッと理解できてしまいます。英語で「しみじみ」は、心からそう思うというときの使い方、感概深いという思いを表したいときの言い方、もの静かな状況で使いたいときの使い方と、状況や状態でいくつも言い方が分かれますが、日本語では「しみじみ」ひとつで通じてしまいますし、小さな子でも何となくどのようなものかを知っています。それは代々受け継ぐ細胞が記憶しているからだと思えてなりません。

感性に響くような言葉で

「今日のお月様は牙え牙えとしているね」「お花の香りってかぐわしいね」「〇ちゃんとケンカしちゃったの?それは切ないねえ」「深呼吸すると漂とした冬のにおいがするよ」「テストで失敗しちゃったなんてやるせないねえ」このように子どもと会話ができたら、子どもの中の感性も大きく育まれていくことでしょう。

せっかく情感豊かな表現を数多くもつ言語を母国語としてもっているのです。言葉のエネルギーを感じさせない記号のような言葉ではなく、感性に響くような言葉でぜひ子どもに話しかけてあげてほしいと思います。

言葉とは、その人しかもっていない大事な道具です。子ともを甘えさせられる大切な「親である私の道具」なのです。手その道具を使いこなせないことは非常にもったいないことですし、音が出なくなるような状態にしたままにしておくのは宝の持ち腐れになってしまいます。子どもを嘆き悲しませたり、怒りを育ててしまうような道具であってもいけません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分勝手に行動している父親

自分勝手に行動している父親がいます。家庭外での生活には、一切干渉しないほしいなどと公言している夫もいるほどです。そのような夫婦が作り出す家庭の中で育ってる子どもたちには、情緒の安定が得られません。です …

no image

夫への不満やストレスで離婚をする前にすべきこと

暴力を振るわれている、夫から虐待されているといった拠所ない事情がある場合は別です。自分や子どもに危害が及びそうな環境にいる場合は一刻も早くそこから逃げなければなりません。しかし「冷たい夫とはわかり合え …

no image

生後11週以降の赤ちゃんの仕草や行動

生後一一週から一二週にかけて、あなたの赤ちゃんは次に紹介するような一連の仕草や行動を見せてくれるでしょう。これは移り変わる世界、で、次の成長のステップをク迎える準備をしているサインなのです。 ・親指を …

no image

いい子すぎる子の評価

誤って「よい子」と評価されたことによる犠牲者。そのような誤った「よい子」の評価は、大人のいうことをよくきく子、おとなしい子、きちっとしている子、まじめな子に向けられています。それが、自発性の発達を抑圧 …

no image

黙っていてもわかり合うことができる関係に

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ …