スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

言霊の力や効果

投稿日:

日本語には言葉としてのパワーがあるのだろうと思う。「言霊」という表現があるように、古来、日本人は言葉に宿る力を大切に考えてきました。日本人は直感力に優れ、言葉にエネルギーを与えたといわれています。子育てにも日本語ならではの情感、日本語がもたらす感性を大事にし、活かしていくことを意識していくことも大切ではないかと思います。

「しみじみと秋を感じる」のしみじみや、「しずしずと歩きなさい」のしずしずも、本来の意味はわからなくても音(おん)を聞くだけで状況がスッと理解できてしまいます。英語で「しみじみ」は、心からそう思うというときの使い方、感概深いという思いを表したいときの言い方、もの静かな状況で使いたいときの使い方と、状況や状態でいくつも言い方が分かれますが、日本語では「しみじみ」ひとつで通じてしまいますし、小さな子でも何となくどのようなものかを知っています。それは代々受け継ぐ細胞が記憶しているからだと思えてなりません。

感性に響くような言葉で

「今日のお月様は牙え牙えとしているね」「お花の香りってかぐわしいね」「〇ちゃんとケンカしちゃったの?それは切ないねえ」「深呼吸すると漂とした冬のにおいがするよ」「テストで失敗しちゃったなんてやるせないねえ」このように子どもと会話ができたら、子どもの中の感性も大きく育まれていくことでしょう。

せっかく情感豊かな表現を数多くもつ言語を母国語としてもっているのです。言葉のエネルギーを感じさせない記号のような言葉ではなく、感性に響くような言葉でぜひ子どもに話しかけてあげてほしいと思います。

言葉とは、その人しかもっていない大事な道具です。子ともを甘えさせられる大切な「親である私の道具」なのです。手その道具を使いこなせないことは非常にもったいないことですし、音が出なくなるような状態にしたままにしておくのは宝の持ち腐れになってしまいます。子どもを嘆き悲しませたり、怒りを育ててしまうような道具であってもいけません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの心に信頼感を育てる

赤ちゃんを手助けするための最善の策は、愛情を込めたお世話と思いやりの心なのです。この月齢の赤ちゃんは甘やかしてだめにするということがありませんから、泣いている時、あやしてやることに、何ら罪の意識を感じ …

no image

出産直後の赤ちゃんとの時間

母親は何よりもまず、赤ちゃんを上手に取り扱うことに自信をつけること。そして赤ちゃんの要求に応えてあげることのできる十分な感受性を身に付けることが大切です。赤ちゃんを腕に抱いてあげるだけでなく、母親は自 …

no image

生後12週目の赤ちゃんの振る舞い

生後一二週目から一三週目にかけて、赤ちゃんは比較的落ち着いた時期を新たに迎えます。赤ちゃんを抱いて散歩に出たり、胸に抱いて座らせている時に、ふつうの人と同じような振る舞いを見せてくれます。見たい聞きた …

no image

子供の知能が低いと思われる場合でも

幼稚園のときにも、先生から、知能の低い子どもではないかと疑われた。しかし、知能テストをしてみますと、ふつうの知能の持ち主であり、友だちとの遊びの中では、けっこう知恵をはたらかせていましたから、よく遊ぶ …

no image

赤ちゃんは一人で立つのが好きですか?

赤ちゃんは一人で立っているのが好きですか?体のバランスはとれますか?もし、赤ちゃんが嫌がっているようなら、無理やり赤ちゃんを立たせようとはしないで下さい。赤ちゃんを驚かせることにもなって、正常な発達を …