スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

言葉は道具である

投稿日:

プロセスをほめたりしたら、「がんばったし、お母さんもほめてくれたからいいや」と向上を目指さなくなるのでは?なんて心配する必要はありません。お母さんからのほめ言葉は、どんなときでも子どもにとって大きなエネルギー源になります。伸びていこうとする力の原動力になりこそすれ、「もういいや」といい気になってしまう子はひとりもいないのです。

「毎日コツコツとやっていたもんね。すごくがんばっていたよね。お母さん、それを見て感激してたんだよ」「お友達に嫌なことを言われても、グッと我慢できたんだね。すごく悔しい思いをしたのに辛抱していたんだよね」、お母さんはちゃんとわかっているよ、あなたのことを見守っているよ。そのような気持ちが子どもに伝われば、「お母さんはつらかったこと、がんばったことをちゃんとわかってくれているんだ」と思い、大きな励ましになります。

言葉は道具であり、子どもは言葉の作品です。その言葉のもつ力を活かして子どもの行動を変えていくようにすれば、叱らなくても子どもはきちんとしつかっていきます。いわば言葉の暗示のパワーを活かすのです。

過去形でほめる

「過去形でほめる」。いい意味での思い込みが、いい暗示となり、できなかったことがやれるようになっていきます。いろいろなことにグズグズしがちな子であれば「あなたは何でもはやくできるようになった」、挨拶がなかなかできない子であれば「あなたは上手に挨拶ができるょうになった」、五時に帰る約束がなかなか守れない子には「あなたは約束が守れるようになった」と言ってあげます。

過去形でほめるとは「すでにあなたはそうなった」と過去形で言い切ってあげることです。「できた」「やれた」と何度も言い切ってほめてあげることで、子どもの中には「お母さんがそういうのだから、そうなのかな。やればできるのかも!」と肯定的なイメージが形作られます。

「いまに何でもできるようになるわよ」という言い方は、「今はできていない」というメッセージになり、現在のその子の状態を否定することになってしまいます。また、今はできていないという自分の姿をイメージづけてしまうことになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

あなたの赤ちゃんが声を出すのが楽しいなら

ふつう、赤ちゃんは機嫌がよければ、ママとおしゃべりすることが何より大好きです。とりわけ、赤ちゃんが声を出してあなたの注意を引こうとする時にはそうです。たぶん、あなたはいつもより少し甲高い声で赤ちゃんに …

no image

赤ちゃんが手に負えないとき

赤ちゃんが泣いて手に負えない時期には、多くの母親は肉体疲労、頭痛、吐き気、背中の痛み、および心気症などに苦しめられます。障害の理由は、そんな赤ちゃんの世話を休みなく続けなければならないことにある。かか …

no image

親ってなんだろう

親になろうとしている者にはその前に、必ず国家試験をすべきだーと主張している人がいた。国家試験をして、合格したものに、親になる資格を与える。その例として、「一歳から三歳の間の子どもの行動の特徴をあげなさ …

no image

生後12週目の赤ちゃんの振る舞い

生後一二週目から一三週目にかけて、赤ちゃんは比較的落ち着いた時期を新たに迎えます。赤ちゃんを抱いて散歩に出たり、胸に抱いて座らせている時に、ふつうの人と同じような振る舞いを見せてくれます。見たい聞きた …

no image

同じ境遇の人でも育ち方で差ができる

かつて企業の社員教育研修で講師をしていたとき、とても対照的な二人の男性がいました、というある人。ひとりをAさん、もうひとりをSさんと呼びましょう。AさんとSさんは同じような学校を出て、同じような環境の …