スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

言葉は道具である

投稿日:

プロセスをほめたりしたら、「がんばったし、お母さんもほめてくれたからいいや」と向上を目指さなくなるのでは?なんて心配する必要はありません。お母さんからのほめ言葉は、どんなときでも子どもにとって大きなエネルギー源になります。伸びていこうとする力の原動力になりこそすれ、「もういいや」といい気になってしまう子はひとりもいないのです。

「毎日コツコツとやっていたもんね。すごくがんばっていたよね。お母さん、それを見て感激してたんだよ」「お友達に嫌なことを言われても、グッと我慢できたんだね。すごく悔しい思いをしたのに辛抱していたんだよね」、お母さんはちゃんとわかっているよ、あなたのことを見守っているよ。そのような気持ちが子どもに伝われば、「お母さんはつらかったこと、がんばったことをちゃんとわかってくれているんだ」と思い、大きな励ましになります。

言葉は道具であり、子どもは言葉の作品です。その言葉のもつ力を活かして子どもの行動を変えていくようにすれば、叱らなくても子どもはきちんとしつかっていきます。いわば言葉の暗示のパワーを活かすのです。

過去形でほめる

「過去形でほめる」。いい意味での思い込みが、いい暗示となり、できなかったことがやれるようになっていきます。いろいろなことにグズグズしがちな子であれば「あなたは何でもはやくできるようになった」、挨拶がなかなかできない子であれば「あなたは上手に挨拶ができるょうになった」、五時に帰る約束がなかなか守れない子には「あなたは約束が守れるようになった」と言ってあげます。

過去形でほめるとは「すでにあなたはそうなった」と過去形で言い切ってあげることです。「できた」「やれた」と何度も言い切ってほめてあげることで、子どもの中には「お母さんがそういうのだから、そうなのかな。やればできるのかも!」と肯定的なイメージが形作られます。

「いまに何でもできるようになるわよ」という言い方は、「今はできていない」というメッセージになり、現在のその子の状態を否定することになってしまいます。また、今はできていないという自分の姿をイメージづけてしまうことになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

幼少期から音楽をさせることについて

音楽に伝統を持つオーストリアや西ドイツの幼稚園で、ピアノを全廃したのをご存じでしょうか?幼児たちにピアノをきかせて教育することはほとんどないのです。それはなぜでしょうか。幼児教育の専門家たちが、いろい …

no image

七歳から九歳にかけての子供

子どもの欲求をきちっと断ることにしましょう。これには、根くらべしかないのです。根くらべに負けると、子どもの欲望はますますエスカレートするでしょう。そして、自己中心的、つまり、わがままいっばいの子どもに …

no image

子供が必死に物をねだる場合

買ってと言われたモノを買ってあげられないとき、「そうだよね、ほしいよね。お母さんも大好きな〇〇くんのために買ってあげたいんだけれど、今日は買えないの」と言えば、子どもは「わかった」と納得してそれ以上の …

no image

赤ちゃんがよく泣く、欲求が強くなるなどの兆候が出ると

生後八週目から九週目にかけて、あなたの赤ちゃんは以前より欲求が強くなり、大声で泣くことも多くなります。これは赤ちゃんにとって、身心の変化による心の緊張を表現する手段となるからです。この月齢になると、泣 …

no image

赤ちゃんが物をつかむ最初の試みは失敗する

赤ちゃんが物をつかもうとする最初の試みは失敗します。でも、赤ちゃんのそんな努力をほめてあげ、できるだけ手を貸してあげて下さい。飽きずに動かしている手で簡単につかめるようなオモチャを置いてあげましょう。 …