スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

言葉は道具である

投稿日:

プロセスをほめたりしたら、「がんばったし、お母さんもほめてくれたからいいや」と向上を目指さなくなるのでは?なんて心配する必要はありません。お母さんからのほめ言葉は、どんなときでも子どもにとって大きなエネルギー源になります。伸びていこうとする力の原動力になりこそすれ、「もういいや」といい気になってしまう子はひとりもいないのです。

「毎日コツコツとやっていたもんね。すごくがんばっていたよね。お母さん、それを見て感激してたんだよ」「お友達に嫌なことを言われても、グッと我慢できたんだね。すごく悔しい思いをしたのに辛抱していたんだよね」、お母さんはちゃんとわかっているよ、あなたのことを見守っているよ。そのような気持ちが子どもに伝われば、「お母さんはつらかったこと、がんばったことをちゃんとわかってくれているんだ」と思い、大きな励ましになります。

言葉は道具であり、子どもは言葉の作品です。その言葉のもつ力を活かして子どもの行動を変えていくようにすれば、叱らなくても子どもはきちんとしつかっていきます。いわば言葉の暗示のパワーを活かすのです。

過去形でほめる

「過去形でほめる」。いい意味での思い込みが、いい暗示となり、できなかったことがやれるようになっていきます。いろいろなことにグズグズしがちな子であれば「あなたは何でもはやくできるようになった」、挨拶がなかなかできない子であれば「あなたは上手に挨拶ができるょうになった」、五時に帰る約束がなかなか守れない子には「あなたは約束が守れるようになった」と言ってあげます。

過去形でほめるとは「すでにあなたはそうなった」と過去形で言い切ってあげることです。「できた」「やれた」と何度も言い切ってほめてあげることで、子どもの中には「お母さんがそういうのだから、そうなのかな。やればできるのかも!」と肯定的なイメージが形作られます。

「いまに何でもできるようになるわよ」という言い方は、「今はできていない」というメッセージになり、現在のその子の状態を否定することになってしまいます。また、今はできていないという自分の姿をイメージづけてしまうことになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子育てに不安を感じているお母さん達へ

子育て世代の親御さんたちは、ご自身が成長する過程でも常に人からの評価を意識して育ってきています。学校や先生に評価され、親からも評価され、人の日で見て動くことが多かったことで、「自分は自分のままでいい」 …

no image

自分はどういう親から生まれてきたのかを整理する作業

数えることすらできないほどの数の祖先たちの論が紡がれ、あなたは存在している。あなた自身もその命のリレーの紡ぎ手なのです。それだけでもあなたがこの世に存在する大きな大きな意義があります。親がいたからこそ …

no image

幼児を対象とした音楽教室で子どもの心理について理解していない

子どもに共感できなくては、本当の教育はできませんし、レッスンを強制することになってしまいます。そのような先生が少なくないのです。これでは、情操を高めることはできなし、かえって情緒の不安をおこさせてしま …

no image

詰め込み式の勉強社会で見放された子供たち

詰め込み式の教育、超スピードで進んでいく現在の教育の中では、落ちこぼれができるのも当然のことです。子どもによっては、ゆっくりと教育を受けさえすれば力を発揮できる子どもがいるのです。そのような子どもは、 …

no image

赤ちゃんのリズムに合わせて遊んであげよう

赤ちゃんは新しい能力を何度も試してみようとします。赤ちゃんがもっと長く遊んでいたいと思うように、遊びを工夫し、変化をもたせたり複雑にしたりします。しかし、赤ちゃんが出す。疲れているよ、というサインには …