スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

言葉は道具である

投稿日:

プロセスをほめたりしたら、「がんばったし、お母さんもほめてくれたからいいや」と向上を目指さなくなるのでは?なんて心配する必要はありません。お母さんからのほめ言葉は、どんなときでも子どもにとって大きなエネルギー源になります。伸びていこうとする力の原動力になりこそすれ、「もういいや」といい気になってしまう子はひとりもいないのです。

「毎日コツコツとやっていたもんね。すごくがんばっていたよね。お母さん、それを見て感激してたんだよ」「お友達に嫌なことを言われても、グッと我慢できたんだね。すごく悔しい思いをしたのに辛抱していたんだよね」、お母さんはちゃんとわかっているよ、あなたのことを見守っているよ。そのような気持ちが子どもに伝われば、「お母さんはつらかったこと、がんばったことをちゃんとわかってくれているんだ」と思い、大きな励ましになります。

言葉は道具であり、子どもは言葉の作品です。その言葉のもつ力を活かして子どもの行動を変えていくようにすれば、叱らなくても子どもはきちんとしつかっていきます。いわば言葉の暗示のパワーを活かすのです。

過去形でほめる

「過去形でほめる」。いい意味での思い込みが、いい暗示となり、できなかったことがやれるようになっていきます。いろいろなことにグズグズしがちな子であれば「あなたは何でもはやくできるようになった」、挨拶がなかなかできない子であれば「あなたは上手に挨拶ができるょうになった」、五時に帰る約束がなかなか守れない子には「あなたは約束が守れるようになった」と言ってあげます。

過去形でほめるとは「すでにあなたはそうなった」と過去形で言い切ってあげることです。「できた」「やれた」と何度も言い切ってほめてあげることで、子どもの中には「お母さんがそういうのだから、そうなのかな。やればできるのかも!」と肯定的なイメージが形作られます。

「いまに何でもできるようになるわよ」という言い方は、「今はできていない」というメッセージになり、現在のその子の状態を否定することになってしまいます。また、今はできていないという自分の姿をイメージづけてしまうことになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親の子供に対する異常なまでの過保護

ある校長先生は、新任の先生に向かって、「校内ではけがをさせないようにしてほしい」といったそうです。自分の身にふりかかる面倒を避けようとしていったのでしょう。そこで、子どもたちが全力をあげて活動しようと …

no image

お父さんと子供の遊びの時間

初めは駄じゃれでもよく、皆が楽しい気分になればよいの。努力をしているうちに、ユーモアのセンスが育ってくるものです。話題が楽しいと、食卓も明るくなります。子どもたちもそれに応じて、学校や友だちの家で体験 …

no image

経済的豊かさが幸福の基軸といった価値観ではつらい

この先は風の時代になっていくと思います。そうなると経済的にどう豊かになるか以上に、個人としてどう幸せに生きていくかに、価値観の基準は移っていくでしょう。この先、従来のような「経済的豊かさが幸せの基軸」 …

no image

イタズラできない子どもになるのはよくない

子どもの心よりも物の方を大切にしている家族がいると、どうしてもいたずらに圧力を加えることになります。そのような家族としては、お年寄りを第一にあげることができます。年を取ってくると、きちんと整った部屋で …

no image

真・善・美・宗教などとかかわりのある感情

子どもに関係することとして、例えば、どのような小学校がよい学校かーという相談をお母さんから受けることがあります。すでに、お母さん自身が決めていて、〇〇小学校はよい学校と聞いていますがーといった話を持ち …