スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

こすらずクレンジングするのが美肌へのコツ

投稿日:2019年9月1日 更新日:

・汚れはこすらず浮かせるのがコツ

ジェルやオイルタイプのクレンジング剤で、力まかせにゴシゴシ汚れをこすり落とす。ニキビ・毛穴肌の人によく見られるクレンジング法です。これでは逆に汚れを顔にすり込んでいるようなもの。肌表面のメイクや汚れがクレンジング剤となじんだら、水で湿らせたコットンでいったんそれを拭き取ります。このひと手間で、次のすすぎがぐっとラクになり、肌の負種も減ります。顔の内から外、下から上へ、こすらずにやさしく拭き取りましょう。激しくこすると、毛穴が開いてしまいます。ダブル洗顔は不要。

ミルクかクリームタイプのクレンジング剤で、汚れを浮かせながら落とします。肌になじみやすくするために、クレンジング剤は手で温めてから使いましょう。また、小鼻のまわりなど汚れがたまりやすい部分は、指先を使って念入りに、でもやさしくクレンジングします。また、その効果を実感している魔法のお手入れ。それがこのローションパックです。どうも結果が出ないわという方は、化粧水のなじませ方やコットンのはり方を見直してみてください。まさに絶対きれいをかなえる最短・最強のケア。ニキビ・毛穴ケアにも効果絶大です。

ぬるま湯で顔を20回以上すすぎます

また、クレンジングをしたあとは、ぬるま湯で顔を20回以上すすぎます。このとき、原則として洗顔料を使いません。正しいクレンジングをすれば、汚れは十分に落ちるからです。クレンジング後、さらに石験洗顔をするダブル洗顔は、肌を守ってくれる善玉菌まで追い出し、かえってニキビや毛穴の状態を悪化させます。

ローションパックは、わずか3分で誰もがきれいになるお手入れ。ただし、方法を間違えると、効果は半減してしまいます。なかでも、コットン使いはローションパックのポイントです。水で湿らせる、両手ではさんでしぼる、繊維の目に沿って裂く。いくつかのルールを守って、最大の美肌効果を得ましょう。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

フォトフェイシャルDEEP+ラジオ波の効果

スキンケアクリニックでケミカル・ピーリングを行う場合は、皮フへのダメージを与えないために、安全な薄い濃度の薬剤塗布からはじめ、次第に濃い薬剤に移行して治療していくので、安心して治療を受けることができま …

no image

アダルトニキビが増えている原因や特徴

ニキビは、毛穴の部分に皮脂やアカなどの汚れが詰まってできます。十代になって第二次性徴が始まり、性ホルモンの働きが活発になると、皮フにある皮脂腺からの分泌が増え、これが毛穴につまってニキビになっていきま …

no image

肌の乾燥を防ぎ潤いを保つには

肌のターンオーバーが乱れると、皮膚表面に古くしなびた細胞が長くとどまることになり、うるおいのないガサガサした肌になってしまいます。しっとりとしたきめ細かな、質のいい肌をつくるには、新しい表皮細胞がどん …

no image

手の甲のシワをなくすには手作りドレッシングオイルが有効

年齢とともに目立ち始める手の甲のしみやしわ。顔と同様、露出が多い手の甲は紫外線によるダメージを受けやすい部分です。この部分のケアは紫外線対策に尽きると言ってもいいでしょう。顔のスキンケアの際に、美白化 …

no image

皮脂膜、天然保湿因子、角質細胞間脂質を補うことがポイント

おなか周りやヒップは皮下脂肪が多いので、たるみが出やすい部分です。顔とあわせて体のたるみも気になってくる40代。若い頃に比べて運動量が減り、筋肉も衰えて基礎代謝も低下するので、食事の量は減っても太りや …