ニキビ

こすらずクレンジングするのが美肌へのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・汚れはこすらず浮かせるのがコツ

ジェルやオイルタイプのクレンジング剤で、力まかせにゴシゴシ汚れをこすり落とす。ニキビ・毛穴肌の人によく見られるクレンジング法です。これでは逆に汚れを顔にすり込んでいるようなもの。肌表面のメイクや汚れがクレンジング剤となじんだら、水で湿らせたコットンでいったんそれを拭き取ります。このひと手間で、次のすすぎがぐっとラクになり、肌の負種も減ります。顔の内から外、下から上へ、こすらずにやさしく拭き取りましょう。激しくこすると、毛穴が開いてしまいます。ダブル洗顔は不要。

ミルクかクリームタイプのクレンジング剤で、汚れを浮かせながら落とします。肌になじみやすくするために、クレンジング剤は手で温めてから使いましょう。また、小鼻のまわりなど汚れがたまりやすい部分は、指先を使って念入りに、でもやさしくクレンジングします。また、その効果を実感している魔法のお手入れ。それがこのローションパックです。どうも結果が出ないわという方は、化粧水のなじませ方やコットンのはり方を見直してみてください。まさに絶対きれいをかなえる最短・最強のケア。ニキビ・毛穴ケアにも効果絶大です。

ぬるま湯で顔を20回以上すすぎます

また、クレンジングをしたあとは、ぬるま湯で顔を20回以上すすぎます。このとき、原則として洗顔料を使いません。正しいクレンジングをすれば、汚れは十分に落ちるからです。クレンジング後、さらに石験洗顔をするダブル洗顔は、肌を守ってくれる善玉菌まで追い出し、かえってニキビや毛穴の状態を悪化させます。

ローションパックは、わずか3分で誰もがきれいになるお手入れ。ただし、方法を間違えると、効果は半減してしまいます。なかでも、コットン使いはローションパックのポイントです。水で湿らせる、両手ではさんでしぼる、繊維の目に沿って裂く。いくつかのルールを守って、最大の美肌効果を得ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加