スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

こすらずクレンジングするのが美肌へのコツ

投稿日:2019年9月1日 更新日:

・汚れはこすらず浮かせるのがコツ

ジェルやオイルタイプのクレンジング剤で、力まかせにゴシゴシ汚れをこすり落とす。ニキビ・毛穴肌の人によく見られるクレンジング法です。これでは逆に汚れを顔にすり込んでいるようなもの。肌表面のメイクや汚れがクレンジング剤となじんだら、水で湿らせたコットンでいったんそれを拭き取ります。このひと手間で、次のすすぎがぐっとラクになり、肌の負種も減ります。顔の内から外、下から上へ、こすらずにやさしく拭き取りましょう。激しくこすると、毛穴が開いてしまいます。ダブル洗顔は不要。

ミルクかクリームタイプのクレンジング剤で、汚れを浮かせながら落とします。肌になじみやすくするために、クレンジング剤は手で温めてから使いましょう。また、小鼻のまわりなど汚れがたまりやすい部分は、指先を使って念入りに、でもやさしくクレンジングします。また、その効果を実感している魔法のお手入れ。それがこのローションパックです。どうも結果が出ないわという方は、化粧水のなじませ方やコットンのはり方を見直してみてください。まさに絶対きれいをかなえる最短・最強のケア。ニキビ・毛穴ケアにも効果絶大です。

ぬるま湯で顔を20回以上すすぎます

また、クレンジングをしたあとは、ぬるま湯で顔を20回以上すすぎます。このとき、原則として洗顔料を使いません。正しいクレンジングをすれば、汚れは十分に落ちるからです。クレンジング後、さらに石験洗顔をするダブル洗顔は、肌を守ってくれる善玉菌まで追い出し、かえってニキビや毛穴の状態を悪化させます。

ローションパックは、わずか3分で誰もがきれいになるお手入れ。ただし、方法を間違えると、効果は半減してしまいます。なかでも、コットン使いはローションパックのポイントです。水で湿らせる、両手ではさんでしぼる、繊維の目に沿って裂く。いくつかのルールを守って、最大の美肌効果を得ましょう。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

肌をきれいにする-短期間で実践するにはテクニックが必要

水分とビタミン類、ミネラル類をたっぷりとることで肌の老廃物がどんどん流されていきますし、消化のいいものを食べているので、胃腸にまわる血液が肌にまわりますから皮膚の血行もよくなります。また、飲酒による肌 …

no image

毛穴が詰まる原因にはどんなものがある?

毛穴が健やかになれば、結果的にニキビも改善されるのです。何度も着て編み目がゆるんでしまったセーターに蒸気をあてると、新品のようによみがえります。食卓でもおなじみの高野豆腐。乾燥した状態だとカチカチに硬 …

no image

気功でニキビ対策をする

5000年の歴史をもつ中国の気功のエネルギーを取り入れた不思議な美容法顔面気功によるニキビ対策を紹介しましょう。皮膚や神経に軽く刺激を与えることで、細胞が興奮して活動が活発になり、目元の表情が豊かにな …

no image

肌の色は血の色の影響などもある

白人の肌の色は真っ白だと思われがちですが、よく観察してみると、やや黄色みがかった肌色をしていることがわかると思います。これは、皮膚の下にある脂肪の色がそのまま反映されているということです。また皮膚に含 …

no image

しみレーザー治療の仕組み

しみを治療するレーザー光は、肌内部のメラニンに吸収されて熱エネルギーに変わります。その結果、しみの部分だけがごく浅いやけどを起こし、その後に薄いかさぶたとなってはがれ落ちるのです。ほくろやしみ取りに用 …