スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

あるがまま自分の子育てをさらけ出してしまいましょう

投稿日:

失敗していると思われたくないからがんばって見栄を張り続けていたら、お母さんの気持ちも休まらなくなっていきます。そんなふうにして自分を苦しくしてしまっている方がいたら、もっと正直に、あるがまま自分の子育てをさらけ出してしまいましょう。早く問題が解決する努力を続けられるほうがどんなにラクかわかりません。

「この子ったらこんな調子なの。どうしたらいいかしら?教えてくださる?」とさらけ出しても、「こんなこともうまくできないお母さんなの?」といった目で見る人は、隠そう隠そうとすれば気持ちはつらくなっていくばかりです。

親として不安でいる方達が、自信が持てるようになるには、子どもの発達や、いつどのように生活習慣を身につけさせていくか等、御自身の学びが大切でしょう。本物の情報、知識、智隷を学び、内面の充実を配る努力をして欲しいと思います。

生きていることに喜びも感じ取れなければ

生きていることに喜びも感じ取れなければ、生きる意欲ももてないで、寂しさや怒りに占領された心を持て余している子ばかり。そして悲しく残念なことに、そうなってしまった原因のほとんどは親との関係にあります。多くのお父さんやお母さんの悩みをお聞きしていると、子育ては本当に小さいときが勝負なのだなとつくづく実感します。

思春期になって荒れて暴力的になってしまった子、自分の体を傷つけることで生きている実感を確かめようとする子、夜な夜な繁華街を遊び歩いて自分の体を売ることで小遣い稼ぎをする子、自室に閉じこもって家族とも社会ともつながりを断ち切ってしまっている子ー。そうした子どもたちは、表れ方はさまざまでも、心の中に大きな悲しみと苦しみを抱えている点では同じです。

脅かすわけではありませんし、責める気持ちで言っているわけではないのですが、お母さんの抱える不満が結果的に時間をかけて子どもをそうさせてしまったという場合がやはり多く見られるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

三歳以降のしつけで叩くよりも生きてくるのが言葉の力

三歳を過ぎると、歯磨きができる、ひとりでお着替えができる、挨拶や「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるなど、生活習慣や礼儀についても身につけさせていきたい時期です。これは裏返すと、お母さんの「ダメ」「 …

no image

赤ちゃんは会話できないと思っていませんか?

言葉によるキャッチボールができない赤ちゃんといえども、お母さんの気持ちは敏感に感じ取っています。赤ちゃんが一所懸命話しかけているのにお母さんは知らん顔、「どうせ話しかけても何を言っているかわからないか …

no image

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲 …

no image

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要

お母さんが投げかけている言葉が、わが子を創りあげていることをお母さんたちにはもっと自覚していただきたい。子どもは声の波長にも敏感です。叫ぶことなく低めの落ち着いた優しく明るい声で話すようにしましょう。 …

no image

叱る親を子供が嫌いになってしまったら

「させよう、させよう」と事柄ばかり重視し、厳しくしっかりしっけていこうという思いをもつのは、それはそれで親の愛情のひとつの表れでしょう。とても愛情のあるお父さん、お母さんだと思います。でも叱ったり、命 …