スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子育ては楽しいことと感じていますか?

投稿日:

誰かに甘えることができるように、人の喜ぶことをして、人の役に立つことから始めましょう。それによって人から好かれていき、好意や愛情というかたちとなって結果があなたのところに還ってきます。それがあなたの心を温め、生きるエネルギーとなっていきます。さらにその環が巡り巡ることで人生も変わっていきます。必ずスパイラル状にどんどんいい方向へ上向いていくはずです。

太陽のように、いろいろな人を温めてあげられる人であるほうが、結局は自分にもいい結果になってくる。因果応報という言葉もあるように、自分の与えたものが自分に還ってくるというのは宇宙の大法則です。いいものを受け取りたかったら、自らいいものを蒋いていくしかありません。

自分の親との関係、自分の子どもとの関係も、晴れ晴れとした青空のようなすっきりさわやかな関係にしていくことができるのです。親子の関係が途絶え、双方が悲しく寂しい思いをするようなことだけは、せめてしないですむようにしていきましよう。

子育ては本来楽しいもの

お天気を私たちの力で変えることは不可能です。でも人間関係はいくらでも変えていくことができます。自分の力で晴天続きにしておくことができるのですから、わざわざ嵐を呼び込むことはありません。晴れ続きの人生は、人の知恵、知力でいかようにもつくり出していけます。

楽しく喜びに満ちたものだからこそ、その中で多くのことを感じ取り、子育てを通してさまざまなことを学び、深めていくことができるのです。今の時代、子育てがつらくて大変なものという認識になってしまっていることを私はとても悲しく思います。

子育てとは本来楽しいものであるはずなのです。子育てがなぜかくも長く人の歴史の中で続いてきているかというと、楽しいものだからなのです。どんなことも楽しくないものは続きません。子どもを育てることで大きな喜びが得られ、うれしさを味わい、楽しいものだからこそ、子育ては命をつなぐ事業として連綿と続けられてきているのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供に色々な体験をさせよう

年月をかけて、未熟な面をだんだんに成熟させていくのが教育です。また、電話に出ることに興味を持つ時期があります。先方からの話を一応きいた上で、「今、ママに代ります。ちょっとお待ち下さい」という言葉を教え …

no image

完全を求めることは不可能

子どもに不自由をさせたくないーなどの考え方があれば、よい教育はできません。もう一度、日常生活の中にむだがないかを点検してみましょう。そして、むだをしていたことがあれば、それを一つずつ取り除いていきまし …

no image

倹約生活で子供の心が養われる

ドイツでは、アパートの階段の電気はボタンを押す方式になっており、三分たったら自動的に消える装置になっている。わが国の家庭では、いかに電気のつけっ放しなどによって、むだに消費していることか。 夕食は、「 …

no image

子供に体験合宿をさせる

われわれの合宿は、小学生を対象としていましたが、合宿に持ってくる物については、できるだけお母さんが手を貸さないようにしてもらっていました、というある人。中には、あれもこれもとたくさん持ってくる子どもも …

no image

子供にキャンプの体験をさせる

ある子供たちの体験合宿での話。われわれは、行く行くは火うち石で火をおこすこと、つまり、文明の原点を教えなければならないとさえ考えました。また、かまども子どもたちに作ってもらったのですが、すぐに「疲れた …