スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子育てでのしつけは叱ることが全てではない

投稿日:

「ちゃんとした子にするには厳しく言って聞かせなくちゃ」「きちんと叱らないと悪いことも悪いとわからない子になってしまう」そのように考えていらっしゃる方が多いのでしょう。子育ての中では叱って教えることが必要なときもあります。

ずっとガミガミ怒られ続けて、最後に頭を叩かれて、その子がどんな気持ちだったかを考えると、本当に胸が締め付けられる思いです。なんで子どもたちはこんなにいっぽい怒られなくてはいけないのでしょうか?ひどい言葉や体罰まで受けて怒られるのでしょうか。それはおそらく親御さんたちの中に、しつけること=叱ることという思いがあるからではないかと思います。

厳しい言葉で論さなければいけない場面も出てきます。子どもの成長過程の中で、しつけが大切になってくる時期はたしかにあります。けれども、だからといってただ叱ってしつければよいというわけではありません。しつけがきちんと子どもたちの中に入っていくには、その前にしておかなければならない大切なことがあるのです。

子どもが納得できるように

子どもが納得できるように事柄を丁寧に語り伝えるのではなく、説得優先といった調子。やってあげるべきことをしてあげないで、いきなり叱るしつけを始めてしまう。そのような順序の取り違えをしていらっしゃる親御さんが大変に増えていると感じます。

子どもを育てるという行為にも法則や順番があるのです。それを省略したり、飛ばしていきなり叱り始めても、多くの親御さんが考えているような「ちゃんとした聞き分けのいいにはなっていきません。でも、この子どもを育てるうえで最も大切なことをしてあげていない親御さんが、今はとても多いのです。

いつの時代も、お母さん方の子育ての悩みはつきません。悩みが生まれるのは子どもをいい子にしなければという思い、他人の眼を気にして自分の子育ては果たしてその方向に向かっているのかという迷いの表れです。それだけ、どのお母さんもみんな必死に子育てをしている証だと思います。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が必死に物をねだる場合

買ってと言われたモノを買ってあげられないとき、「そうだよね、ほしいよね。お母さんも大好きな〇〇くんのために買ってあげたいんだけれど、今日は買えないの」と言えば、子どもは「わかった」と納得してそれ以上の …

no image

上の子と下の子の間に差別がないようにする

上の子と下の子を育てるときのお母さんの意識のちがいが、それぞれの子どもの人格形成に影響を及ぼしている。ですから、「同じように育てているのに」という言葉は全く当らない。上の子のときには、甘やかしてはなら …

no image

甘えられる人・環境を作ることの重要性

外の世界は平らな道ばかりではありません。険しい頂を抱える大きな山がいくつもあり、その山を越えていかなければ先に進めないということもいっばい出てきます。その山を登り切り乗り越えていくエネルギー、厳しい寒 …

no image

夫婦話し合いをする方法やその時間

話し合う時間は、どのようなときがよいでしょうか。それは、子どもたちが寝しずまってからのひとときです。二人でお茶を飲みながら、家事や育児について話し合うことができれば、最もよい条件を作り出していることに …

no image

パパとママが仲良しじゃないと

お母さんが父親であるご主人への不満をもっている家の子どもたちは、態度は一見普通でもどこかに陰を帯びています。どんなに小さい子でも、目には哀秋が浮かび、視線も下向きがちで、子どもらしいキラキラとしたエネ …