スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子育てでのしつけは叱ることが全てではない

投稿日:

「ちゃんとした子にするには厳しく言って聞かせなくちゃ」「きちんと叱らないと悪いことも悪いとわからない子になってしまう」そのように考えていらっしゃる方が多いのでしょう。子育ての中では叱って教えることが必要なときもあります。

ずっとガミガミ怒られ続けて、最後に頭を叩かれて、その子がどんな気持ちだったかを考えると、本当に胸が締め付けられる思いです。なんで子どもたちはこんなにいっぽい怒られなくてはいけないのでしょうか?ひどい言葉や体罰まで受けて怒られるのでしょうか。それはおそらく親御さんたちの中に、しつけること=叱ることという思いがあるからではないかと思います。

厳しい言葉で論さなければいけない場面も出てきます。子どもの成長過程の中で、しつけが大切になってくる時期はたしかにあります。けれども、だからといってただ叱ってしつければよいというわけではありません。しつけがきちんと子どもたちの中に入っていくには、その前にしておかなければならない大切なことがあるのです。

子どもが納得できるように

子どもが納得できるように事柄を丁寧に語り伝えるのではなく、説得優先といった調子。やってあげるべきことをしてあげないで、いきなり叱るしつけを始めてしまう。そのような順序の取り違えをしていらっしゃる親御さんが大変に増えていると感じます。

子どもを育てるという行為にも法則や順番があるのです。それを省略したり、飛ばしていきなり叱り始めても、多くの親御さんが考えているような「ちゃんとした聞き分けのいいにはなっていきません。でも、この子どもを育てるうえで最も大切なことをしてあげていない親御さんが、今はとても多いのです。

いつの時代も、お母さん方の子育ての悩みはつきません。悩みが生まれるのは子どもをいい子にしなければという思い、他人の眼を気にして自分の子育ては果たしてその方向に向かっているのかという迷いの表れです。それだけ、どのお母さんもみんな必死に子育てをしている証だと思います。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

七歳から九歳にかけての子供

子どもの欲求をきちっと断ることにしましょう。これには、根くらべしかないのです。根くらべに負けると、子どもの欲望はますますエスカレートするでしょう。そして、自己中心的、つまり、わがままいっばいの子どもに …

no image

育児・教育・しつけは二人の間で意見の一致が必要

育児や教育については、二人の間で意見の一致が必要です。お母さんは子どもとの接触が多いので、子どもとの間のやりとりは自然にうまくなっていきますが、とかく接触時間の少ないお父さんの場合には、たまたま子ども …

no image

学校から帰ってきた子どもに「何をしてきたの?」と聞きすぎない

幼稚園や小学校から帰ってきた子どもを、お母さんは、どのように迎えているでしょうか。お腹もすいているでしょうから、子どもの好きなお菓子を与え、楽しいお話を聞かせたり、それが終わったならば、ひざの上にのせ …

no image

伝えたいこと言いたいことがいっぱいあっても

伝えたいこと、言いたいことがいっぱいあっても、言葉を駆使してわかってもらう術を身につけていないのです。だからこそお母さんには、子どもの動作や表情といったボディランゲージまですべて含めて、子どもの全体の …

no image

子どもの気持ちは不安定-あなたが分かってあげよう

世の中はお父さんを元気づけたいという思いのほか、「パパに嫌われたくない」「パパとママがケンカしているのはボクのせいじゃないか」が渦巻ていたのだと思います。そのお父さんには「パパはママのことが大好きだ」 …