スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子育てでのしつけは叱ることが全てではない

投稿日:

「ちゃんとした子にするには厳しく言って聞かせなくちゃ」「きちんと叱らないと悪いことも悪いとわからない子になってしまう」そのように考えていらっしゃる方が多いのでしょう。子育ての中では叱って教えることが必要なときもあります。

ずっとガミガミ怒られ続けて、最後に頭を叩かれて、その子がどんな気持ちだったかを考えると、本当に胸が締め付けられる思いです。なんで子どもたちはこんなにいっぽい怒られなくてはいけないのでしょうか?ひどい言葉や体罰まで受けて怒られるのでしょうか。それはおそらく親御さんたちの中に、しつけること=叱ることという思いがあるからではないかと思います。

厳しい言葉で論さなければいけない場面も出てきます。子どもの成長過程の中で、しつけが大切になってくる時期はたしかにあります。けれども、だからといってただ叱ってしつければよいというわけではありません。しつけがきちんと子どもたちの中に入っていくには、その前にしておかなければならない大切なことがあるのです。

子どもが納得できるように

子どもが納得できるように事柄を丁寧に語り伝えるのではなく、説得優先といった調子。やってあげるべきことをしてあげないで、いきなり叱るしつけを始めてしまう。そのような順序の取り違えをしていらっしゃる親御さんが大変に増えていると感じます。

子どもを育てるという行為にも法則や順番があるのです。それを省略したり、飛ばしていきなり叱り始めても、多くの親御さんが考えているような「ちゃんとした聞き分けのいいにはなっていきません。でも、この子どもを育てるうえで最も大切なことをしてあげていない親御さんが、今はとても多いのです。

いつの時代も、お母さん方の子育ての悩みはつきません。悩みが生まれるのは子どもをいい子にしなければという思い、他人の眼を気にして自分の子育ては果たしてその方向に向かっているのかという迷いの表れです。それだけ、どのお母さんもみんな必死に子育てをしている証だと思います。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いて …

no image

子供が注意を聞かない場合に聞かせる方法

「何が悪い小学生以上の子であれば、いけないことをしたときに、「そんなことをしたらもったいないんじゃない?」「あなたとしたことがもったいないわよ」「それじゃあ、あなたの値打ちを落とすことになるわよ」とい …

no image

子供を叱る親がその前にしなくてはいけないこと

子どもは大好きな人の言うことなら何でも聞き入れます。「〇〇しなさい!」「そんなことしちゃダメでしょー」と叱らなくても、ちゃんと言うことを聞こうと思うものです。ただしそうなるには「いつも自分は親から好か …

no image

ああしろ、こうしろと言葉で気持ちを遮断してしまってはダメ

自ら成長していく力は植物自身がすべてもっている。そこに不備はない。だからそれを信じていけばよい。これは子育てにも通じる根本の原理だと思います。トマトの声を聴き、必要なものを与えてあげることで小さな種が …

no image

思いやりのない親の人たち

「思いやる」ことのできないお母さんは、「もう大きいんでしょ」といいながら、子どもをひざからおろしてしまうでしょう。中には、子どものことを考える暇もなく、「重いね」とか「暑いね」といって、うるさそうに追 …