スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子育てに不安を感じているお母さん達へ

投稿日:

子育て世代の親御さんたちは、ご自身が成長する過程でも常に人からの評価を意識して育ってきています。学校や先生に評価され、親からも評価され、人の日で見て動くことが多かったことで、「自分は自分のままでいい」という感覚をもたずにきてしまった。

子育てに自信をもてないあなた。自分の直感を信じましょう。百人いれば百通りの育て方があっていいのです。不安が生じるのは、自分を信じることができないからではないかと思います。自分を信じる力=自信がなくて、自己否定のほうが強いのですね。それは絶えず人の目で自分の子育てを見ているからなのでしょう。

育てているのは、誰でもないあなた自身のお子さんです。人がどうであろうと人が何と言おうと、「自分はこうしたい」「こうしてあげたい」と思うことを子どもにやってあげればそれでOKなのです。「私の子育てはこれでいい」と信じて、いいと思ったことを貫いていけばよいのです。「誰が」ではなく「何が」大事なのか、見極めることが大切。

人に負けることは人生に失敗することという価値観も刷り込まれているので、負けや失敗を大変に怖がります。よその子とわが子を比べて落ち込んだり焦ったり、あるいは人の情報やメディアの情報、子育てマニュアルに頼ったりして、足元の固まらない中で子どもを育てている方が圧倒的です。

不安を感じる必要はありません

「子育てには一貫性が大切と本にも書いてあったし、この間はやってあげなかったのに、今回はOKにしてしまうとブレた子育てになってしまうのじゃないかしら」と不安を感じる必要はありません。子どもを育てることは迷いの連続です。

一番に信じるべきは、母親である自分の直感力であり、親としての感性です。周りの声に惑わされないで、親として「これはよくない」と思えばやらない、「これは大切だ」と思えば堂々とやる。やってあげたくてもやれないときは「やれない」でいいのですし、今日はやってあげようと思うならやってあげればよいのです。

アメを買ってあげても迷うし、買わなくても迷うものです。あなたが決定したことは、そうしたかったからそうなさったので、すべて正解なのです。一貫してやってあげることは、ただひとつ、子どもを思い切り甘えさせて、愛情をしっかりと伝えていくことだけです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの強い欲求

赤ちゃんは一体何が起きているのか、あなたに尋ねることさえできない。しかし、赤ちゃんにはそのような能力が何一つないわけではありません。ママの胸に抱かれていれば、ときには乳首をまさぐることもできるでしょう …

no image

三歳以降のしつけで叩くよりも生きてくるのが言葉の力

三歳を過ぎると、歯磨きができる、ひとりでお着替えができる、挨拶や「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるなど、生活習慣や礼儀についても身につけさせていきたい時期です。これは裏返すと、お母さんの「ダメ」「 …

no image

赤ちゃんの記憶力の発達など

あなたの赤ちゃんはすぐれた記憶力をもっていて、呼びかける声や近づいてくる人にすぐ気が付きますし、揺りカゴの上にぶら下げたぬいぐるみなどのオモチャにも興味を示します。それに、赤ちゃんは一日の生活のリズム …

no image

赤ちゃんの感覚の急速な発達

赤ちゃんも生後2ヶ月くらいになると、赤ちゃんの感覚は急速に発達し、周りの世界に対して強い興味を示すようになります。多少とも好奇心が旺盛になりますが、当然赤ちゃんによってそれぞれ好みがあります。視覚の発 …

no image

情操教育で「思いやり」を考える

私は、情操の中心に「思いやり」をおいて考えています。「思いやり」とは、相手の立場に 立って考え、相手の気持に共感する心といえましょう。これを「受容」の能力と呼んでいる人 もあります。そうなると、お母さ …